« 第661回連軸馬のエリア | トップページ | 第663回強い4歳馬が上位を独占 »

2011年3月31日 (木)

第662回底力を問う

 大阪杯は過去10年、1番人気馬が5勝7連対と安定している。スピード指数のランク馬もXYZ馬や平均指数の上位馬などが高率で連対し、比較的堅いレースに見える。
 今年はダノンシャンティ、ドリームジャーニー、オペラブラーボなどが過去の指数が高いXYZ馬で、前走指数ではキャプテントゥーレ、ダイワファルコン、トーホーアラン、ヒルノダムールが、他にヒカルカザブエが平均指数の上位馬だ。
 別定戦で、実績上位の馬は59キロ、58キロを背負うことが多いが、それでもその重量を克服して連対している馬が多い。特に3歳時にクラシック戦線で活躍してきた4歳馬の好走が目立つ。負担重量に負けない底力が問われるようで、軽い上がりの脚だけの馬ではなく、先行力があり差し脚も使える馬が中心といえるだろう。
 その点からはダノンシャンティ、ヒルノダムール、キャプテントゥーレ、ダイワファルコンなどが中心になりそうだ。
 阪神向きのスピードなら、3歳時にNHKマイルをレコード勝ちしているダノンシャンティが最上位ではないか。近走は距離が合わなかったのか、折り合いに苦労していたようだが、距離短縮は好材料。極端なスローペースにはならない内回りの2000なら十分にこなせるだろう。

(大阪杯)  1着    2着    3着
01年    -       d     d
02年    -      Xb    Za
03年    -     AYa   BXa
04年    -      Z    A c
05年    BYd   A       b
06年     Ya   A d    Xa
07年    -     DY      c
08年    A     BYb   -
09年     Yb     a   C
10年    A     B      Xa

 中山で行われていた日経賞は、前走指数の高いABCD馬が10年連続で連対中。今年は阪神での開催だが、距離も2500から2400に変更されて、傾向にも変化が出るかもしれない。一応、今年の前走指数上位は、ローズキングダム、トップカミング、トーセンクラウン、トゥザグローリーなど。他にペルーサやマイネルキッツ、ミヤビランベリなども過去指数や平均指数の上位馬だ。
 外回りの2400戦は、長い直線でしっかりとした上がりの脚を使えることが上位進出の条件だろう。その点からは、ペルーサ、トゥザグローリー、トーセンクラウンなどの上がりの脚が条件に合いそうだ。

(日経賞)  1着    2着    3着
01年    AXa   -     C
02年    CZb   AZa   B
03年    -     A c    Z
04年    -     B      Ya
05年    DYa   C     -
06年    BXa   D     -
07年    AYd    Xd   C c
08年    A a   B d    Yb
09年     Yc   D     -
10年    DYc   AXa   B d

 波乱と高配当が続くハンデ戦のダービー卿CTは、ハンデ戦になった02年以降、過去9年、1番人気馬が勝ったのは1度だけで、トップハンデ馬も1勝しかしていない。ともに3着が1回ずつあるものの、2着は1度もない。それはそれ、中山開催でのことで、阪神は別かもしれないが--。
 今年のトップハンデは59キロのショウワモダン、次いで57.5キロのキングストリート、ライブコンサートに続く。後は56キロ止まりのハンデに設定されている。
 59キロのショウワモダンはさすがに苦しいだろう。ここは先行力と差し脚のバランスがよいキングストリート、キョウエイストーム、スピリタス、ダンツホウテイ、スズジュピター、ブリッツェンなどに期待したい。

(ダービー卿CT)
       1着    2着    3着
02年    B b   -      Xb
03年    D     -      Ya
04年    -     -       d
05年     Z      b   -
06年      d   -      Y
07年    C d   -     -
08年      c   -     -
09年    C     C     -
10年    CZc   CZb   -

 中山牝馬Sもハンデ戦。ここでもトップハンデ馬が苦戦することが多い。外回りの1800戦で、スローペースは必至。上がりに懸ける軽量馬の大駆けもありそうで、レディアルバローザ、クーデグレイス、アドマイヤテンバ、フミノイマージンなどでも上位に浮上できるのではないか。

(中山牝馬S)
       1着    2着    3着
01年    -     -     C d
02年    -      Xa   AZa
03年     Xa   -     -
04年     Zb   CXb   A
05年      d   -     A
06年     Xb   -     -
07年    -     C d   -
08年    -     -     -
09年     Xc   -     -
10年     Yb   -     -

|

« 第661回連軸馬のエリア | トップページ | 第663回強い4歳馬が上位を独占 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/51264293

この記事へのトラックバック一覧です: 第662回底力を問う:

« 第661回連軸馬のエリア | トップページ | 第663回強い4歳馬が上位を独占 »