« 第671回残念賞を | トップページ | 第673回騎手の力 »

2011年5月 5日 (木)

第672回波乱もありそうなNHKマイルC

 昨年は堅く納まったものの、NHKマイルカップは例年、高配当が多いレースだ。本来なら3歳のG1戦だけに、指数上位馬が中心になるはずだが、波乱の多いせいか、他の3歳重賞に比べると、ランク外の馬たちが上位を占める割合が高い傾向が続く。

(NHKマイルC)
       1着    2着    3着
01年    AYa   -     D
02年    DZ     Zd   BXa
03年    -     -     Cd
04年     Xa   BY    AYd
05年    AXa   B b   CXb
06年    -     D a   -
07年    -     AXc   -
08年    A a   B     -
09年    -     -     -
10年    -     C     A a
(スローペース調整-10/0)

 今年の前走指数はエイシンオスマン、プレイ、フォーエバーマーク、クリアンサスなどで、過去の指数や平均指数で、グランプリボス、リキサンマックス、へニーハウンド、オメガブレイン、キョウエイバサラなどが上がってくる。ただ指数を見てもほとんど差のないメンバーのようで、今年も荒れるのかもしれない。
 NHKマイルカップは、前哨戦ともいえる毎日杯やニュージーランドTを使った馬たちの好走が多いが、今年は大震災の影響で、スローペースで上がりの脚比べになりやすい阪神コースで行われてきた。そのためか、全体して上がりの脚に見所のある馬たちが多く、長い直線の東京コースで行われるNHKマイルカップも、同じようにスローペースで差し脚比べの傾向が続くのではないか。
 上がりの脚では毎日杯の2着馬コティリオン、ニュージーランドTの2着馬エーシンジャッカル、朝日杯2着馬リアルインパクト、朝日杯1着馬グランプリボスに、ロビンフット、アイヴィーリーグ、プレイも上位の範囲にあるだろう。連軸の中心は、一応上記の馬たちから取るのが常道かもしれない。
 ただ、上がりが鋭い馬たちといっても、スローペースで必然的に上がり指数が良くなったということであって、直線の長い東京コースといえども、後方一気の脚が生きるとは思えない。ここは想定されるペースがスローペースだけに、先行できてなお、上がりの脚があるかどうかが問われるわけで、先行力のあるエイシンオスマン、クリアンサス、グランプリボス、プレイ、リアルインパクト、ロビンフットなどの前残りもある。
 あれこれ迷うと、きりがないが、上がりの脚でコティリオン、エーシンジャッカル、先行差しで騎手強化のグランプリボス、前走大敗も巻き返すリアルインパクトなどが常識的な選択なのかもしれない。伏兵ではアイヴィーリーグ、クリアンサスがおもしろいが。

 京都の3歳重賞・京都新聞杯の前走指数は、ユニバーサルバンク、レッドデイヴィス、サウンドバスター、レッドセインツなどが上位で、平均指数でサンビームもピックアップされる。ただ、スローペースで指数を下げている馬が多く、指数は低くても上がりの脚があるパッションダンス、ルイーザシアター、クレスコグランド、ダノンフェニックス、マーベラスバロンなどには要注意だ。先行力があり、水準以上の差し脚を使ってきたユニバーサルバンク、レッドデイヴィス、サウンドバスターが中心になりそう。

(京都新聞杯)1着    2着    3着
03年    A c   -     -
04年     Z    CYa   -
05年    -       d   AXa
06年     Yd    Xa   A c
07年    BYb   B c   -
08年    -     A b   -
09年    AXa   D       d
10年    AYc   CZb   B a
(スローペース調整-15/-5)

 新潟大賞典も例年、波乱になりやすいハンデ戦。直線の長い新潟外回りコースで、後方からの追い込み馬や、差し馬が活躍することが多い。今年はタッチミーノット、アルコセニョーラ、マッハヴェロシティ、セイクリッドバレー、ダンスインザモア、ヤングアットハートなどの上がりの脚が鋭い。ここは中段から脚を伸ばすタッチミーノットに期待したい。前走は強豪相手の大阪杯で、直線前が詰まる不利もありながら、上位と差のない6着なら上々だろう。

(新潟大賞典)1着    2着    3着
02年    D c    Ya    Xb
03年     Xb   -       d
04年    A b   B     -
05年    A c    Xa   B
06年    -     CYb   -
07年      c   -     -
08年    -     C     -
09年    D     -     B c
10年    A b    Zd     a

|

« 第671回残念賞を | トップページ | 第673回騎手の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/51587071

この記事へのトラックバック一覧です: 第672回波乱もありそうなNHKマイルC:

« 第671回残念賞を | トップページ | 第673回騎手の力 »