« 第683回もう少しのWIN5 | トップページ | 第685回当たった »

2011年6月16日 (木)

第684回軽ハンデの先行馬から

 阪神の日曜日、マーメイドSは牝馬限定のハンデ戦。調子の上下が大きい牝馬の難しさに加え、ハンデ戦とあって、難解なレースだ。ハンデ戦になったのは06年からだが、それ以降、1番人気馬は3着もない。また、トップハンデ馬も3着が最高順位で、連対馬は全てハンデが54キロまでの馬たちだった。また、ここ3年連続して、軽ハンデで人気薄の逃げ馬が連対しており、逃げ、先行馬には要注意のレースだ。指数上位馬も苦戦を強いられることがあるが、全体としては前走指数上位馬の連対率が高く、連軸向きだろう。

(マーメイドS)
       1着    2着    3着
06年(京都)A     CZb   D
07年    C      Zc     d
08年    -     -     BXa
09年    -     B     -
10年    A     -     -

 今年はアスカトップレディ、ブロードストリート、アースシンボル、ディアアレトゥーサ、プロヴィナージュ、イタリアンレッドなどが前走指数の上位馬たちだ。
 重賞の実績では、愛知杯の勝ち馬・セラフィックロンプ、福島牝馬Sの勝ち馬・フミノイマージンに加え、プロヴィナージュ、ブロードストリートなどが上位だが、当然、ハンデは課せられている。先に述べたように、ハンデは54キロまでの馬が有力で、実績上位とはいっても連軸候補にしにくい。
 また、逃げ馬や先行馬の活躍も目立つレースで、指数上位馬の中でハンデが楽で、先行力もあるアスカトップレディが中心になるのではないか。
 アスカトップレディは1000万、1600万条件戦を連勝。最も勢いのある4歳牝馬だ。ここが初重賞戦になるが、前走指数は最も高く、十分に勝ち負けになるレベルにある。
 軽ハンデを生かして、上がりの脚が使えるアースシンボル、イタリアンレッド、ポルカマズルカ、マイネプリンセス、ロイヤルネックレスなどが連下の相手なら、高配当も必至だろう。

☆PR☆
新潟ダート1700mの基準タイムを追加・更新し、2011年版基準タイムを「改訂25版-2」に更新しました。
更新分についてはこちらをご覧ください。

|

« 第683回もう少しのWIN5 | トップページ | 第685回当たった »

コメント

西田先生こんにちは。
WIN5予想しましたが、予想完了後、見の判断をしました。
予想だけ貼っときます。買いませんが当たりますように。

阪神10R:
2エーシンダックマン
3キョウワマグナム

中山10R:
1ファストワーカー
4トーセンアレス
9グリッターウイング

函館11R:
1コロンバスサークル
4ブリッツェン
5リリエンタール

阪神11R:
1アスカトップレディ
2ポルカマズルカ
3ロイヤルネックレス
6イタリアンレッド
8フミノイマージン
9ラフォルジュルネ

中山11R:
4ダイワマックワン
8ケイアイアストン
9シンボリグラン

投稿: おとねん | 2011年6月19日 (日) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/51960760

この記事へのトラックバック一覧です: 第684回軽ハンデの先行馬から:

« 第683回もう少しのWIN5 | トップページ | 第685回当たった »