« 第695回夏は牝馬と | トップページ | 第697回荒れた小倉記念 »

2011年7月28日 (木)

第696回指数上位馬が強い小倉記念

 今週の小倉記念は、夏の「サマー2000シリーズ」に組み込まれて、開催時期も繰り上がった06年以降、出走馬のレベルは上がったが、馬券の波乱度は逆に高くなった。この間、1番人気馬は2着が2度あるものの、優勝は1度もない。人気のない馬たちの台頭が目立ち、結果、3連単は101万、22万、6万、97万、12万と、毎年、高配当が続く。ただ06年以降も、指数の上位馬が比較的強い傾向に変わりはなく、平均指数の上位abc馬は過去10年すべての年で連対し、XY馬も9年で連対している。

(小倉記念) 1着   2着    3着
01年    Xa   -     A
02年   A     BXa     b
03年    Xa    Zb   A
04年   AXa   AZd   -
05年    Xa   A      Zc
---------------------
06年   B      Yc   D
07年   -     C c   -
08年   C c   AYb   -
09年     b    Yd   B
10年   A a    Yc   BYb

 今年の平均指数上位馬はサンライズベガ、ナリタクリスタル、ホッコーソレソレー、サンライズマックス、ホクトスルタンなど。他に過去の指数上位としてヤマニンキングリーが上がってくる。
 以前はトップハンデ馬や1番人気馬も活躍できるレースだったが、06年以降、トップハンデ馬は57キロのドリームジャーニーが勝っただけで、苦戦する傾向に変わった。今年はコスモファントムとナリタクリスタルが57.5キロを背負うトップハンデ馬だが、ここは少し苦しいと思った方がよいかもしれない。
 出走馬のレベルが上がった06年以降、中心を占めてきたのが上がり指数の上位馬たちで、小回りコースの小倉とはいえ、上がりの脚の鋭さは必須条件になっている。今年、上がり指数ではリクエストソング、ワルキューレ、イタリアンレッド、ホッコーソレソレー、ホワイトピルグリムなどが上位だ。
 しかし少し気になるのは、例年、夏の小倉の3週目に組まれていた小倉記念が、今年は開幕週に変更になった点。馬場状態の良さを生かせるのは先行馬であり、単純に上がりの脚が生きるとは思いにくい。
 とすると、リクエストソング、キタサンアミーゴ、トーホウアランなど、先行馬で上がりの脚がある馬を中心に取るべきだろうか。あるいは、ホクトスルタンの逃げ切りまでも考えておく必要もあるだろうか。

☆PR☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第695回夏は牝馬と | トップページ | 第697回荒れた小倉記念 »

コメント

ウウム…

いずれにしても難しいレースですな

投稿: 名古屋の伊藤 | 2011年7月29日 (金) 00時05分

先生、結論めいた文章が見当たりません!w

投稿: りんどほし | 2011年7月31日 (日) 02時12分

西田先生こんにちは。
今週もWIN5、見します。休み明けが多すぎる。
予想だけ 小倉11R ホクトスルタン

投稿: おとねん | 2011年7月31日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/52331284

この記事へのトラックバック一覧です: 第696回指数上位馬が強い小倉記念:

« 第695回夏は牝馬と | トップページ | 第697回荒れた小倉記念 »