« 第691回上がり指数の戦い | トップページ | 第693回馬券の神様 »

2011年7月14日 (木)

第692回牝馬の夏サマーダッシュ

 朝まで、なでしこジャパンとスウェーデンのサッカー中継を観ていた。なでしこジャパンは先制はされたものの、すぐに追いつき、その後もひるまず攻撃し続け、点差を広げていく。攻撃でも守りでも、終始スウェーデンを圧倒していて、最後まで安心して観ていられた。次はアメリカとの決勝。頑張れ。

 競馬は今週から新潟が始まる。早速、アイビスサマーダッシュが今週の重賞だ。指数上は前走指数や、平均指数の上位馬たちの連対率が高い傾向にあるが、新潟の直線1000メートルは圧倒的に外枠が有利で、さらにこのレースは10年で8勝をあげている牝馬が強いのも大きな特徴だ。

(アイビスサマーダッシュ)
       1着    2着    3着
01年    AYa   BXa    Yc
02年     Yb   AXa   C
03年    B d   A b   -3歳
04年     Xa   A     DYb
05年    -3歳   A      Z
06年    B     -3歳   A
07年    ダ     B c   -3歳
08年    -     BZb   -3歳
09年     Ya     c   AZd
10年    -     CXb   -

 今年はエーシンヴァーゴウ、エーブダッチマン、シャウトライン、ヘッドライナー、ジェイケイセラヴィ、スピニングノアールなどが指数の上位馬たちだが、先に述べたとおり、過去の勝ち馬は負担重量で楽な牝馬が圧倒的に多く、軸馬は牝馬から取りたい。今年のランク馬の中で牝馬はエーシンヴァーゴウ1頭だけだ。
 エーシンヴァーゴウは4歳牝馬で、この春に1600万、オープン戦を連勝して、通算の成績を(5313)とした。勝っているのはゴール前の直線に坂がない京都、小倉、新潟で、逃げるか、もしくは先行してのもの。前走は新潟の直線1000メートル戦を早め先頭に立って快勝しており、スピードはかなりのものがありそう。直線1000メートルの適性は高いだろう。今回が初の重賞挑戦になるが、手薄なメンバー構成だけに、ここでも十分に勝負になるはず。不安があるとすると、行きすぎて最後に脚をなくすことで、その場合、浮上するのは、控えてレースが出来、上がりの鋭い牝馬たち、サアドウゾ、アイアムマリリン、セブンシークィーンなどではないか。

☆PR☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第691回上がり指数の戦い | トップページ | 第693回馬券の神様 »

コメント

西田先生こんにちは。
アイビスサマーダッシュ・・・WIN5、見します。
予想だけ エーブダッチマン

今週は良さそうな3連単探してみます。

投稿: おとねん | 2011年7月16日 (土) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/52206434

この記事へのトラックバック一覧です: 第692回牝馬の夏サマーダッシュ:

« 第691回上がり指数の戦い | トップページ | 第693回馬券の神様 »