« 第692回牝馬の夏サマーダッシュ | トップページ | 第694回トップハンデは苦しい函館記念 »

2011年7月19日 (火)

第693回馬券の神様

201107170411

 どの世界にも神様はいる。なでしこジャパンとアメリカの決勝戦の中継を観ていて、そう思った。アメリカの鋭く素晴らしいシュートは、ことごとく枠から外れ、やっとリードして、あと少しという残り時間帯で、信じられないような沢のシュートがゴールに突き刺さる。狙っても決して入らない、神様が導いてくれた奇跡の球道に思えてならない。サッカーの神様は最後まで、なでしこジャパンに微笑み、アメリカチームは最後まで見放されていた。
 競馬の世界では、運不運はいつものこと。馬券の神様にそっぽを向かれると、どうあがいてもうまくいかないが、努力もなしに、神の力や運に頼るのもありえないだろう。ただひたすらの努力の末、無欲の上に、ときどき神様が微笑むのだと信じていよう。

 新潟のアイビスサマーダッシュは、1番人気に推された牝馬のエーシンヴァーゴウが圧勝した。スタートしてすぐに先行集団の後ろに控え、残り400からスパートし、早めに先頭に立ったエーブダッチマンを捕らえると、一気に引き離した。このエーシンヴァーゴウの勝利で、アイビスサマーダッシュは7年連続で牝馬が優勝し、より一層「夏の牝馬」を象徴するレースになった。
 2着は5番人気のエーブダッチマン、3着に人気薄のアポロフェニックスが入って、3連単は4万5750円と好配当。

 私は相変わらず1レースから馬券を買っているが、結果は行ったり来たり。良くもなければ、それほど悪くもなしの状況に、そろそろ馬券の神様にお出ましいただきたいと祈るばかり。今週あたり、よろしくお願いします。

☆PR☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第692回牝馬の夏サマーダッシュ | トップページ | 第694回トップハンデは苦しい函館記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/52251933

この記事へのトラックバック一覧です: 第693回馬券の神様:

« 第692回牝馬の夏サマーダッシュ | トップページ | 第694回トップハンデは苦しい函館記念 »