« 第704回波乱のハンデ戦 | トップページ | 第706回春に向けての2歳S »

2011年8月30日 (火)

第705回絵になるのは

201108280111
201108280411

 日曜日は新潟。競馬場には11時過ぎに着いた。運良く指定席のキャンセル分を手にできて、早起きをした甲斐があった。秋を感じさせる風が心地よく、空も高く青い。馬券もボチボチ、帰りに食べた寿司も旨かった。新潟は良いなあ。

 札幌のキーンランドCは4歳牝馬のカレンチャンが4角で早めに先頭に立つと、ゴール前、迫ってくるビービーガルダン、パドトロワを抑え込んで、そのまま押し切って1番人気に応えた。これで4連勝。近走の指数は安定してレベルも高く、短距離戦線の舞台に躍り出てきたヒロインといえそうだ。この後は中山のスプリンターズSに向かうことになるだろうが、野芝の適性、軽いスピードについて行ければ、十分勝機もあるだろう。
 2着は古豪ビービーガルダン、3着はパドトロワ。ダントツの1番人気カレンチャンが勝って、3連単の1万9290円は好配当だった。

 ハンデ戦の新潟記念は、武豊騎手の5番人気ナリタクリスタルがトップハンデをものともせず、昨年に続いてこのレースを制した。スタートの良かったサンライズベガとナリタクリスタルが他を離して逃げる展開になったが、ペースは遅かった。当然、直線でも2頭の脚色は衰えず、後続馬が追っても2頭には届かなかった。ゴール前ナリタクリスタルがサンライズベガを交わして勝ったが、2着に残ったサンライズベガが9番人気という人気薄。3着は3番人気のセイクリッドバレーで3連単は10万を超す高配当になった。
 このところの武豊騎手の不調が気になっていたが、これで今年は重賞5勝目。先週もボレアスでレパードSを勝っており、2週連続の重賞勝ちは2009年以来、何年か振りのこと。もちろん今年初めてだ。この日の勝利騎手インタビューの受け答えは、すごくうれしそうに聞こえた。勝って絵になるのはやっばり武豊騎手。いくつになっても競馬界のヒーローでいてほしい。

☆PR☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第704回波乱のハンデ戦 | トップページ | 第706回春に向けての2歳S »

コメント

まったく同感です(^-^)/

投稿: 名古屋の伊藤 | 2011年8月30日 (火) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/52605882

この記事へのトラックバック一覧です: 第705回絵になるのは:

« 第704回波乱のハンデ戦 | トップページ | 第706回春に向けての2歳S »