« 第702回今年は波乱も | トップページ | 第704回波乱のハンデ戦 »

2011年8月23日 (火)

第703回秋に向けて

201108210111
201108210411

 直線、後方からレッドディザイアが勢いよく伸びてきて、さすが強い、このまま勝つのだろうと思っていたら、パタッと止まってしまった。今年の札幌記念は、アクシオンを交わした1番人気のトーセンジョーダンが差し切って勝ったが、レッドディザイアは3着に粘った。久々だったことを考えれば上出来の3着といえそうだ。3連単は1万8510円と堅い決着になった。
 勝ったトーセンジョーダンの指数は、80台の半ばで、それほど高くはなかったが、レッドディザイアともども、秋に向けて準備は万端という結果だろう。
 私は札幌で(5004)と、洋芝の適性の高さからマイネルスターリーを中心に考えていたが、8着に負けた前走の函館記念と同じようなレースぶりで、直線に向いてもその脚には全くさえがなく、なんだか走る意欲がないように見えた。

 3歳のダート重賞・レパードSは、後方にいたボレアスが、直線に向くと馬場の真ん中を鮮やかに突き抜けて、堂々1番人気の期待に応えた。2着は2番人気のタカオノボル、3着に人気薄のタナトスが粘り込んで、3連単は6万1470円と好配当になった。ペースはそれほど速くなかったから、2、3着馬は先行した馬たちが占め、後方待機のボレアスにとっては楽な展開ではなかったはずだが、ダート戦とはいえ、父ディープインパクトに似て、切れ味が全く違って見えた。この先、このままダート路線を進むのか、あるいは芝戦線に向かうのだろうか。

 高校野球も終わって、夏も盛りを過ぎ、少しずつ秋の気配が漂ってくる。昨日はカミさんと娘が秋の収穫祭とかいうバスツアーで山梨に出かけ、リュックサックいっぱいに、葡萄、パイナップル、桃、マンゴー、トウモロコシ、トマト、ジャガイモ、ワインなどの土産を持って帰ってきた。
 私は虫たちの声を聞きながら、ひたすら、こつこつと、帆船を作っている。

☆PR☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第702回今年は波乱も | トップページ | 第704回波乱のハンデ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/52548937

この記事へのトラックバック一覧です: 第703回秋に向けて:

« 第702回今年は波乱も | トップページ | 第704回波乱のハンデ戦 »