« 第725回騎手や監督の能力 | トップページ | 第727回スノーフェアリーは強かった »

2011年11月10日 (木)

第726回スノーフェアリーの連覇も

 99年、国際レースに指定されたエリザベス女王杯で、外国馬が勝ったのは昨年のスノーフェアリーが初めてだった。直線、内に刺さりながらも、飛ぶように走り抜けた脚は、他の日本馬たちとは全くレベルが違う様に見えた。そのスノーフェアリーが今年も参戦してきた。さらに今年、イギリスとドイツのオークスを制した3歳馬ダンシングレインも加わって、迎え撃つ日本馬も、地の利だけでは苦しい戦いになりそうな気がしてしまう。
 過去の連対馬を指数ランクでみると、圧倒的に指数の上位馬が強い傾向にある。なかでも前走指数の上位ABC馬が連軸の中心になっている。一方、1番人気は10年で2勝、2着2回とあまり期待に応えていない。2番人気は3勝、2着4回で、2番人気の連対率の方が高い。負担重量で2キロ軽い恵量3歳馬が6勝をあげ、活躍が目につく。

(エリザベス女王杯)
       1着    2着    3着
01年     Xa   B     DXb
02年    A b   AZb    Xa
03年    B     A     外国馬
04年    AXa   -     -
05年     Ya   C       c
06年    C     D a    Zc
07年    A      Y    AXa
08年    B b    Xa   -
09年    -     -     B
10年    外国馬   CXb   A a
(スローペースは-10/0)

 今年はアヴェンチュラ、ホエールキャプチャ、ワルキューレ、スノーフェアリーなどの前走指数が高く、過去の指数、平均指数でアパパネ、レディアルバローザ、アニメイトバイオ、ブロードストリート、イタリアンレッド、レインボーダリアがあがってくる。
 今年は2200メートル以上の距離経験がある馬が少なく、スローペースになりそうなメンバー構成になった。その分というか、上がりに懸ける馬たちの直線の攻防が見所になりそうだ。
 上がりの脚はアニメイトバイオやイタリアンレッド、レーヴディソールなどが鋭いが、距離が2000メートル以下のレースでのことで、そのままは信じがたい。近走、2000メートル以上の距離は、ホエールキャプチャ、レディアルバローザ、フミノイマージン、エリンコート、ワルキューレ、スノーフェアリーなどの上がりの脚の方が上位だ。
 日本馬の中ではホエールキャプチャ、アヴェンチュラ、レーヴディソールなどの3歳馬に期待したいところだが、地の利や、ひいき目を抜きに考えれば、外国馬スノーフェアリーが能力上位だし、最有力に思える。
 今年の凱旋門賞3着時の走破タイムから計算すると、絶対的なスピード能力に優れており、京都の芝コースの適性も十分にあることがわかる。昨年の勝利も展開に恵まれたわけでなく、持ち味のスピードが生きたレースだったのだろう。今年はまだ勝ち星がないというが、60キロ、59キロ、58キロという負担重量で、牡馬の1線級と戦ってきた結果のこと。ここは56キロで、持ち味のスピードが生きるのではないか。

 ダートの重賞・武蔵野Sは、XYZなど過去の指数上位馬の連対率が高い。今年はシルクフォーチュン、ナムラタイタン、ダノンカモン、テスタマッタなどが上がってくる。他にダイショウジェット、タイセイレジェンドの前走指数も高い。
 ダートの1600メートル戦だけに、ペースがゆるむことはないだろう。ペースの対応力があり、最後の直線でも粘れるのはダノンカモンだろう。前走の南部杯でも先行して2着に食い込んでおり、ハイペースに強い。ダノンカモンは当然、人気の中心になるはずだが、最近は波乱になりがちなレースだけに、過信は禁物か。前が止まるようなハイペースなら、中段からの差し脚があるシルクフォーチュン、タイセイレジェンドにもチャンスがあるだろう。

(武蔵野S) 1着    2着    3着
03年    -     B     -
04年    A     DZc   -
05年    -     -     BYb 
06年    C d   DXa     d
07年    -     BXa    A c
08年    D      Xa   -
09年    -      Z    BXa
10年     Y    D c   -

 京王杯2歳Sは、モンストール、ダイワインスパイア、ネオヴァンクル、レオアクティブ、コスモアンドロメダなどの前走指数が高い。過去の指数ではサドンストームも最上位だ。新馬、重賞を好指数で連勝しているモンストールが中心になりそう。前走の上がりの脚はここでも最上位だ。

(京王杯2歳S)
       1着    2着    3着
01年    -      Xc   -
02年(中山)DYd    Zc   -
03年    DXd   C b   B a
04年    D     -     A b
05年    DYb   -     AXc
06年     Y      c     b
07年    -       d   -
08年    -     A a   CY
09年    BXa   C c   -
10年    D b   -     -
(スローペースは-20/-10)

☆PR☆
新潟ダート2500mの基準タイムを追加・更新し、2011年版基準タイムを「改訂25版-3」に更新しました。
更新分についてはこちらをご覧ください。

|

« 第725回騎手や監督の能力 | トップページ | 第727回スノーフェアリーは強かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/53211124

この記事へのトラックバック一覧です: 第726回スノーフェアリーの連覇も:

« 第725回騎手や監督の能力 | トップページ | 第727回スノーフェアリーは強かった »