« 第733回ナビグラフと上がり指数 | トップページ | 第735回新ヒロイン »

2011年12月 8日 (木)

第734回新ヒロイン誕生の舞台

 ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネ、レーヴディソール。馬場改造があった06年以降、阪神ジュベナイルFの勝ち馬は、その後の活躍もめざましく、競馬の人気を支えるヒロインに成長していった。阪神ジュベナイルFは2歳牝馬の将来性を見極める上で、もっとも重要なレースだといえる。2歳戦だけに、指数上は前走指数上位馬が有力だが、スローペースで楽勝している馬も多く、ランク外の馬たちにも注意を払う必要がある。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
06年    -     AX    BYa
07年    BZa   -     CY
08年    D       b   -
09年    -     A b   D b
10年    A a   -     DYd
(スローペース調整は-20/-10)

 今年は、ラシンティランテ、アイムユアーズ、エピセアローム、アラフネ、イチオクノホシ、ファインチョイス、アンチュラス、エンシンキンチェムなどが指数の上位馬。
 スローペースになりがちな阪神外回りのマイル戦だけに、スローペースであっても、鋭く切れる上がりの脚は必須条件だ。今年、上がり指数で水準以上のレベルにあるのはイチオクノホシ、トーセンベニザクラ、サウンドオブハート、ガーネットチャーム、ジョワドヴィーヴル、マイネボヌールなどだ。
 しかし、そうそうたる過去の勝ち馬たちに習えば、スローペースでの上がりが鋭いということだけでなく、スローペースでないレースでも、しっかりとした上がりの脚を示していることが求められる。
 この点からは、ラシンティランテ、アイムユアーズ、エイシンキンチェム、ファインチョイスなどがピックアップできるが、将来の名牝として器、底力ではラシンティランテ、アイムユアーズの2頭が有力といえるのではないか。ここにサウンドオブハートも加えたいが、2戦ともスローペースで、中心馬としての条件にはない。
 ここは距離の経験がある、ラシンティランテに期待したいと思っている。

 中日新聞杯は中京競馬場の馬場改修のため、昨年に続いて小倉での開催。今年はゲシュタルト、エーシンジーライン、マイネルスターリー、シャドウゲイト、サンライズマックス、ユニバーサルバンクなどが指数の上位馬たちだが、ハンデ戦だけに、指数上位馬も苦戦を強いられる傾向が強く、今年も混戦模様だろう。
 皐月賞で3着に好走した3歳馬ダノンバラードが出走してきたが、ハンデは56キロと少し見込まれた印象だ。それなら古馬で57キロ前後のハンデで、指数の高いサンライズマックスの方が安定感もあって連軸向きかもしれない。

(中日新聞杯)1着    2着    3着
06年中京   d    Xa   -
07年中京  B     -     -
08年中京  -     -     B
09年中京   Xd   -     C
10年小倉  A     -     -

 08年から始まったカペラSは、中山ダート1200メートル戦。ダートの短距離戦だけに、指数上位馬が強いと思うが、意外と波乱の傾向が強いレースで、3連単は3年のうち2年で高配当がでている。今年の指数上位はセイクリムズン、セレスハント、フェラーリピサ、アースサウンド、ティアップワイルドなどだが、ここは先行して差し脚もあるセイクリムズン、ティアップワイルドが中心だろう。

(カペラS)1着    2着    3着
08年   D c   -     -
09年    Zd   D d   -
10年   A a   -     B b

(お知らせ)
 12月1日から、新基準タイムの受付、販売を開始しました。
 新基準タイム2012年版(改訂26版)は、2012年1月5日以降の馬場指数、スピード指数の計算に使用するもので、昨年同様、ご入金確認後、お待たせすることなく新基準タイムをお送りいたします。来年は、いよいよスタンド、馬場改造が終わった中京競馬も始まります。中京競馬場の基準タイムは、その開催に合わせて、順次、更新していく予定です。
 年間サポートのお客様には、この高田馬場日記でも紹介しているナビグラフを生成するソフト「ナビグラフ君」を無料で提供いたします。また有馬記念グッズのプレゼントも用意しておりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
詳細はこちらから

|

« 第733回ナビグラフと上がり指数 | トップページ | 第735回新ヒロイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/53434771

この記事へのトラックバック一覧です: 第734回新ヒロイン誕生の舞台:

« 第733回ナビグラフと上がり指数 | トップページ | 第735回新ヒロイン »