« 第757回新・中京競馬場 | トップページ | 第759回春本番を目指して »

2012年3月 8日 (木)

第758回荒れる牝馬

 今週日曜日は東日本大震災からちょうど1年。繰り返し、繰り返し流される災害のテレビ映像に接するたびに、あの日の寒気がするほどの体の震えがよみがえってくる。たいした被害もなかった東京にいてさえも、怖い思いが抜けないのに、被災のただ中の人たちの思いはいかばかりか。いっこうに進まない様子の被災地の状況に、胸がふさぐ。
 がんばれニッポン。
 競馬は平和、平穏のたまもの。だれもが、競馬が楽しめる世界でありますように。

 フィリーズレビューは桜花賞のトライアルレース。春を飾る桜花賞はすぐそこだ。3歳の重賞だけに全体的に前走指数が強いものの、先週の桜花賞のトライアル・チューリップ賞と比べると、フィリーズレビューは波乱になりやすいし、ランク外の馬が多く活躍しているのが特徴だ。

(フィリーズレビュー)
       1着    2着    3着
02年    -     -      Za
03年    C     BXa   A b
04年    A a   BXb    Zc
05年    BXa   -     -
06年    -     BYb   -
07年    AYb   -     C d
08年    -     -     -
09年     X    -      Z
10年    -     DZb   AXc
11年    -     B a   -
(スローペース調整は-20/-10)

 今年はアイムユアーズ、アンチュラス、アイラブリリ、ビウイッチアス、ラシンティランテ、ファインチョイスなどが指数の上位馬たちだ。
 フィリーズレビューは内回りコースで行われる。阪神外回りコースと比べると前半のぺースは少し厳しくなるのが普通だ。実際、過去の連対馬の多くは、近走1600メートル戦で好走してきた馬が連軸の中心になっている。スローペースの上がりの脚より、平均ペースで差し脚を繰り出せる馬たちが有力のようで、スタミナも問われるレースになるだろう。
 平均ペースでも上がりの脚がしっかりしているのは、イチオクノホシ、プレノタート、アンチュラス、アイムユアーズ、ビウイッチアスなどだ。
 なかでも上がりの脚が鋭いのはイチオクノホシだ。3走前、スローペースとはいえ1400メートル戦で+21という高レベルの上がり指数を示している。2走前の阪神JF、前走のデイリー杯はともにスローペースのマイル戦だったが、そこでも+11、+18と鋭い切れを見せている。阪神JFは4着、前走のデイリー杯2着と、勝てなかったが、相手とペースを考えれば、内容は上出来だっただろう。マイル戦に比べればペースが上がる1400で、持ち味の差し脚が生きるのではないか。

 中山牝馬Sは波乱続きの牝馬のハンデ戦。指数上は平均指数の高いabcd馬や、過去の指数が高いXYZ馬などが目につく。一応、指数上位馬から軸馬を捕るのがセオリーだが、相手はランク外の馬が中心で、連下は手広く抑えたい。
 上がりの脚で評価が高いのはカルマート、エオリアンハープ、レディアルバローザ、ブロードストリート、ホエールキャプチャなどだ。
 ただ牝馬限定戦といっても、それほどスローペースにはならないだろう。となれば、指数上位馬からはアカンサス、アプリコットフィズ、アニメイトバイオ、ホエールキャプチャなどの先行馬に展開が向く。ランク外の馬たちでは、オールザットジャズ、ドナウブルー、ダンスファンタジアなども魅力的な先行力と差し脚がある。
 トップハンデ馬は苦戦続きで、恵ハンデ馬が中心だとすると、53キロのアカンサス、オールザットジャズ、ドナウブルーなどの4歳馬が狙いか。

(中山牝馬S)
       1着    2着    3着
02年    -      Xa   AZa
03年     Xa   -     -
04年     Zb   CXb   A
05年      d   -     A
06年     Xb   -     -
07年    -     C d   -
08年    -     -     -
09年     Xc   -     -
10年     Yb   -     -
11年(阪神)  b   -     -

☆お知らせ☆
中京競馬場の馬場改造に伴い、基準タイムを更新しました。基準タイムのお申し込みはこちら、更新日程など、くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第757回新・中京競馬場 | トップページ | 第759回春本番を目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/54171692

この記事へのトラックバック一覧です: 第758回荒れる牝馬:

« 第757回新・中京競馬場 | トップページ | 第759回春本番を目指して »