« 第789回オルフェーヴルの適性 | トップページ | 第791回レコードタイム »

2012年6月28日 (木)

第790回難解なハンデ戦2鞍

 ラジオNIKKEI賞は3歳限定のハンデ戦。クラシック戦線で戦ってきた馬や、重賞で好結果を残してきた馬たちが人気を集めるが、当然重ハンデを課される傾向が強い。例年トップハンデ馬も1番人気馬も苦戦続きで難解なレース。指数上もランク外の馬たちの活躍が目立つ。

(ラジオNIKKEI賞)
       1着    2着    3着
06年      c   -     -
07年    -      Z     Z
08年    -      Xb   -
09年    -     -     B d
10年    C     -     AYb
11年(中山)A b    Yc    Xa

 今年はアーデントとサンレイレーザーが56キロのトップハンデで、最軽量は51キロの牝馬ウイングドウィールだ。指数上はショウナンカンムリ、メイショウカドマツ、アーデント、ロードアクレイム、ヤマニンファラオなどがランク上位馬だ。
 クラシック戦線や重賞戦線で好走していたのは弥生賞3着のアーデント、京都新聞杯5着のメイショウカドマツ、同6着のショウナンカンムリ、青葉賞4着ヤマニンファラオなどだが、実績断然というわけでもない。例年、トップハンデ馬や1番人気馬は苦戦続きで、波乱になりがちなことを考えると、むしろ買いにくい馬たちだ。
 想定ペースはスロー。先行して長く良い脚を使える馬たちに有利な流れで、ヤマニンファラオ、ハイクラウン、アーデント、ウイングドウィール、ダイワマッジョーレ、クリールカイザー、ファイナルフォームなどに展開が向くだろう。加えて、上がりの脚が鋭いのはファイナルフォーム、ハイクラウン、ヤマニンファラオ、ウイングドウィールなど。ここは素直に、青葉賞で4着に好走しているヤマニンファラオを上位に評価すべきだろう。安定した先行力があり、スローペースでも長く良い脚を使える。小回りの福島コースも合うのではないか。他に、ハンデの恵量は牝馬のウイングドウィールの51キロ、ファイナルフォームの54キロあたり。波乱を意識するなら、唯一頭の牝馬ウイングドウィールからの組み立てもありそうだ。

 CBC賞が2年振りに中京競馬場に戻ってきた。この春に新しくなった中京競馬場での開催で、過去の傾向は参考にならないだろうが、参考までに。
 今年の指数上位は、ダッシャーゴーゴー、マジンプロスパー、オールブランニュー、スプリングサンダー、エーシンダックマン、サンダルフォン、ドラゴンファングなど。トップハンデは59キロのダッシャーゴーゴーだ。前走はG1高松宮記念で4着に好走、昨年のこのレースも制しており、実績を考えれば59キロも当然なのだろう。しかし、他の馬たちにハンデの軽い馬が多い分、59キロはいかにも苦しい気がする。(それでも力の違いを見せてしまうかもしれないが。)
 ダッシャーゴーゴーの他に、前々でレースができて粘れるのはドラゴンファング、マジンプロスパー、エーシンダックマンなど。ハンデを考えれば、ここは55キロのドラゴンファングが有利に見える。
 新しくなった中京コースは直線に坂ができて、坂を上がってからも長い直線が続き、スタミナのある差し馬に向くコースに変わった。ペースがハイペースになって前がつぶれる展開になれば、軽量ハンデのアキノパンチ、オールブランニュー、コパノオーシャンズ、スプリングサンダーなどの浮上もありそうだ。

(CBC賞) 1着    2着    3着
06年    -      Z      b
07年    -     D c   -
08年    -     A       a
09年    -     A     B
10年(京都) Yb   -     -
11年(阪神)CYa   B       c

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第789回オルフェーヴルの適性 | トップページ | 第791回レコードタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55072035

この記事へのトラックバック一覧です: 第790回難解なハンデ戦2鞍:

« 第789回オルフェーヴルの適性 | トップページ | 第791回レコードタイム »