« 第796回サマーダッシュ | トップページ | 第798回3歳馬に注目 »

2012年7月24日 (火)

第797回熱い夏

201207220711
201207220411

 イチローがヤンキースにトレードになった。ホント、朝からビックリニュースだった。すぐに行われた「ヤンキース対マリナーズ」のゲームも少し見たが、新しいヤンキースのユニフォーム姿にも、全く違和感がなかった。いきなりヒットを打って、いきなり盗塁を決めて、やっぱりイチローだ。頑張れイチロー。ひとりぼっちになってしまったムネリンも頑張れ。そういえば松井に元気がない。松井も頑張れ。
 先週は全英オープンで眠れず、今週からオリンピックでまた、眠れない。高校野球もあるし、しばらくは熱い戦いの夏が続く。頑張れニッポン。かんばろうニッポン。

 蒸し暑い名古屋の中京記念は、最後方にいた5番人気のフラガラッハが直線の坂下から一気に駆け上がって他馬を圧倒。初の重賞タイトルを手にした。前走の米子Sと全く同じ戦法だったが、重賞でもその直線の差し脚は断然に鋭かった。ナビグラフで見ても、3着に入ったトライアンフマーチと並んで、上がり指数では上位にあった。
 2着に6番人気のショウリュウムーン、3着に10番人気のトライアンフマーチが入って3連単は23万を超す高配当だったが、私はフラガラッハから流していながら、休み明けが嫌でトライアンフマーチが抜けた。うーーん。熱いなあ。

 アイビスサマーダッシュはテンに速いエーシンダックマンが逃げて、2番手にハクサンムーンだろうと想定していたが、実際、ハナを切って逃げたのはハクサンムーンの方だった。内枠からコースの外に向けて斜めに切れ込みながら、しかもペースが速い。結局、ハクサンムーンは脚が持たず、ゴールの100メートルほどの手前でバタッと止まってしまった。止まったハクサンムーンをするっと交わして勝ったのは3番手から抜け出してきたパドトロワ。2着は2番手で粘りきったエーシンダックマン。この1、2着馬はともに外枠の馬たちだった。3着は4番手から脚を伸ばしたエーシンヴァーゴウ。
 私の期待したハクサンムーンは4着。単複の頑張れ馬券も外れたが、前走、1000万条件を勝ったばかりの3歳馬だったし、飛ばしすぎて失速気味のレースを、よく頑張ったと言うべきだろう。

 熱い戦いはレースの中だけのこと。馬券にまで熱くなりすぎるのは禁物。
 冷静に、冷静に。

☆お知らせ☆
7月24日(火)に、中京競馬場の基準タイムを更新しました!
ご購入はこちら

|

« 第796回サマーダッシュ | トップページ | 第798回3歳馬に注目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55270133

この記事へのトラックバック一覧です: 第797回熱い夏:

« 第796回サマーダッシュ | トップページ | 第798回3歳馬に注目 »