« 第802回 夏のマイル王への戦い | トップページ | 第804回指数上位馬が中心 »

2012年8月14日 (火)

第803回頑張る夏の女子

201208120411

 熱狂のオリンピックは終わった。すぐにその気になるにわかファンの私も、眠い眠いと言いながら、気持ちをひとつにして、ニッポンを応援できることのすばらしさを感じることができた。この間、オリンピックを話題に、家族との会話も、仲間との会話も増えた気がする。いろいろ批判もあるが、2020年、東京で再びオリンピックが開催できるなら嬉しい。その日を目標に、東北の復興や原発の問題なども、もっともっと前に進められるのではないか。来年の9月にブエノスアイレスで開かれるIOC総会で2020年の開催地が決定するらしい。

 高校野球に、プロ野球。夏はまだ暑い。
 ロンドンオリンピックでは女子の活躍が目立ったが、新潟の関屋記念も4歳牝馬のドナウブルーと5歳牝馬のエーシンリターンズの決着になった。道中2、3番手で先行していたドナウブルーとエーシンリターンズは、直線のなかば過ぎに馬体を合わせて抜け出してきた。2頭の叩き合いはゴール板まで続いたが、最後はドナウブルーがクビ差をつけて勝った。3着は2頭から2馬身差、内をついて伸びたスピリタス。ドナウブルーは1番人気、エーシンリターンズは5番人気、スピリタスは8番人気で、3連単は2万4190円とまずまずの好配当だった。

 新潟の芝は馬場状態も良く、勝ちタイムは1分31秒5のレコードタイムの高速決着になったが、さらにスローペースもあって、上がりタイムは軒並み32秒台を記録。先行馬に有利な流れで、積極的に前々でレースを進めたドナウブルーとエーシンリターンズに展開も向いたのだろう。前が止まらない流れでは、中段以降の馬たちは全くなす術もなく、レースにならなかったようだ。

☆お知らせ☆
7月24日(火)に、中京競馬場の基準タイムを更新しました!
ご購入はこちら

|

« 第802回 夏のマイル王への戦い | トップページ | 第804回指数上位馬が中心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55421971

この記事へのトラックバック一覧です: 第803回頑張る夏の女子:

« 第802回 夏のマイル王への戦い | トップページ | 第804回指数上位馬が中心 »