« 第807回久々感動のレース | トップページ | 第809回感謝の20年 »

2012年8月30日 (木)

第808回夏の最終戦

 今年の夏も残り少なくなった。新潟、小倉、札幌は今週で夏の開催が終わる。
 ハンデ戦の新潟記念は波乱含みのレースだ。06年からサマー2000シリーズに組み込まれたが、それ以降の6年間、1番人気は連対どころか、3着もない。2番人気も1勝2着1回だけ、3番人気は3着が1度あるだけで、総じて人気馬たちは不振だ。トップハンデ馬も昨年ナリタクリスタルが1勝しただけで信頼は薄いだろう。ここは人気薄馬の好走に要注意のレースだ。指数上では、勝ち馬については前走指数の上位馬が頑張っているが、2、3着はランク外の馬が多い。要注意だ。

(新潟記念) 1着    2着    3着
02年    C     -     -
03年     Xa   D b    Xc
04年    DZb     d   B d
05年    -     BZd   D d
06年    A     C     BYb
07年    CYc   -     -
08年    -     DZc   -
09年    AYc   -     -
10年    C     -     -
11年      b   -      Zb

 今年はトウカイパラダイス、セイクリッドバレー、トランスワープ、マイネイサベル、メイショウカンパク、トーセンラーなどが、指数の上位馬だ。
 トップハンデは、昨年に続いて新潟記念を10年、11年と連勝しているナリタクリスタルの58キロだが、今年はどうだろうか。連勝したときのように、先行力が生きる展開ならと思うが、前走は先行できずに追い込んで3着。トップハンデを考えると、ここでは追い込んで届くとは思えないのだが。
 予想されるペースはスローだが、古馬の重賞戦では、ハンデ戦であっても上がりの脚だけでは通用しないだろう。実際、過去の連対馬たちはスローペースで先行して差し脚を使える馬が中心になっている。
 スローペースをベースにして、先行力と差し脚がある馬が中心という視点から有力馬を絞り込むなら、トウカイパラダイス、トランスワープ、ステラロッサ、サトノパンサー、ムスカテール、アースシンボルなどではないか。
 ここは新潟の高速馬場が合うかどうかだが、先行して流れに乗れれば、粘れそうなトウカイパラダイス、トランスワープからの狙いもあるだろう。

  小倉2歳Sは、例年、前走指数上位馬たちの活躍が目立つレースだ。芝1200戦でスローペースはあり得ず、指数の高さと能力は比較的結びつきやすい。
 今年はエーシンセノーテ、クロフネサプライズ、マイネヴァイザー、トルークマクトなどの前走指数が高く、他に過去の指数などで、テイエムシングン、ジェネクラージュ、ラヴァーズポイントなどが指数上位のランク馬だ。
 1200メートル戦に必要な先行力では、トルークマクト、クロフネサプライズ、エーシンセノーテ、マイネヴァイザー、ジェネクラージュなどが上位だが、確かな上がりの脚でも評価が高いのはエーシンセノーテ、トルークマクト、ジェネクラージュなどだ。
 なかでも前走フェニックス賞をスピードの違いでハナを奪うと、そのまま逃げ切って圧勝したエーシンセノーテが最有力だろう。

(小倉2歳S)1着    2着    3着
02年    -     C     BX
03年    AYa   BZb   DXd
04年    -     -     AZa
05年    C b   AY      c
06年     Xb   A     D c
07年    BZd   D b   A c
08年    -     -     BXa
09年    BZd   -     DXc
10年     Xb   A a   -
11年    -     A a   -
(スローペース調整-20/-10)

 札幌2歳Sは、北海道シリーズが全体として短くなった関係で、昨年と比べると1か月も開催が早くなった。この時期はペースが遅いレースも多いが、過去10年間をみると、前走指数の上位馬が毎年連対しており、上がりの脚だけでは勝ちにはつながらないようだ。今年の前走指数上位馬は。コスモシルバード、ラウンドワールド、マイネルホウオウ、ジェネラルグラントなど。ロゴタイプ、ブリリアントアスクは過去の指数で上位にある馬だ。
 スローペースで差し脚が鋭いのはラウンドワールド、コディーノ、トーセンパワフル、マイネルホウオウなどだが、唯一の2勝馬ラウンドワールドが指数の高さも兼ね備えており、一歩抜けた存在のように見える。前走1800メートルの距離を経験しているのも大きいし、そのレースで先行して最速の上がりを脚で差し切り勝ち。直線で追い出すと鋭い反応を見せ、脚色では他を圧倒していた。2着のマイネルホウオウとは4分の3馬身差ではあったが、着差以上の強さだ。ここは順当にラウンドワールドが中心だろう。

(札幌2歳S)1着    2着    3着
02年    D     AYa   C d
03年      d   C a   BZ
04年    A d   -     -
05年    B a    X    AYb
06年    AYc   -     B a
07年    D     -      Xa
08年    -     BXa   A
09年    AYa   -     -
10年    BX    C     A a
11年    A a    Z    -
(スローペース調整は-20/-10)

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第807回久々感動のレース | トップページ | 第809回感謝の20年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55541870

この記事へのトラックバック一覧です: 第808回夏の最終戦:

« 第807回久々感動のレース | トップページ | 第809回感謝の20年 »