« 第823回強い3歳世代 | トップページ | 第825回デムーロ騎手の勝利 »

2012年10月25日 (木)

第824回強い3歳馬に期待

 秋の天皇賞は、過去14年分のデータを取ったが、前走指数や平均指数の上位馬を中心に、毎年ランク馬が活躍している。勝ち馬に限ると、指数上位馬が14年で12勝を上げて、圧倒しており、ここは指数上位馬を中心に考えるのがセオリーだろう。1番人気馬も過去10年で5勝をあげており、まずまずの結果を残している。

(天皇賞・秋)1着    2着    3着
98年    C      Yb   BZ
99年     Xc   -     B
00年      b   AXa   -
01年     Xc    Xa   BXb
02年中山  -     DYa   -
03年    C     AYb   -
04年     Zd   -     -
05年    B     DXa   -
06年    A d   -     -
07年    AXa   -     -
08年    B b   C     -
09年    C     CZ    C
10年    BYb   -     C
11年    -      Zb   -

 今年はルーラーシップ、フェノーメノ、カレンブラックヒル、トーセンジョーダン、ダークシャドウ、トゥザグローリー、シルポート、エイシンフラッシュ、ジャガーメイルなどが指数の上位馬たちだ。
 決め手になりそうな上がりの脚は、ルーラーシップ、フェノーメノ、トランスワープ、ジャスタウェイ、ダークシャドウ、アーネストリーなどが鋭い。
 今年の特徴は現3歳世代が強いことだろう。先にあげた指数の上位馬の中にもフェノーメノとカレンブラックヒルが、その名を連ねている。フェノーメノはダービー2着馬。カレンブラックヒルはデビューから負け知らずの5連勝中で、前走は古馬相手に毎日王冠を制した。ともに勢いだけでなく、指数の裏付けもある有力馬だ。もちろん古馬と比べて負担重量で2キロ減はまちがいなく有利だろう。ただ、天皇賞の距離を考えると、1800メートルまでの経験しかないカレンブラックヒルより、2000メートル以上の距離で結果を残してきたフェノーメノのほうに分があるのではないか。上がり指数からも長く良い脚を使えるフェノーメノが有利に見える。
 古馬陣では、宝塚記念でオルフェーヴルに次いで2着だったルーラーシップが最有力だろう。他ではトーセンジョーダン、トランスワープ、ナカヤマナイトなども連対圏だ。

 京都のスワンSの指数上位馬は、レオアクティブ、サンカルロ、ダノンシャーク、グランプリボス、エーシンホワイティなど。
 先行馬に力のある馬が不在で、中段以降の差し馬に展開は向くだろう。上がりの脚があるアドマイヤセプター、アプリコットフィズ、カネトシディオス、グランプリボス、ダノンシャーク、レオアクティブ、レッドデイヴィスなどが有力になりそうだ。強い3歳世代からは連勝中のレオアクティブに期待が集まる。

(スワンS) 1着    2着    3着
02年    AXa   -     B a
03年    -     A b   -
04年    -     -     -
05年    -     A d   D 
06年    -      Xb   D
07年    -       c   -
08年    BY    A d   -
09年      b   -      Zd
10年     X      c   -
11年      d    Y    -

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第823回強い3歳世代 | トップページ | 第825回デムーロ騎手の勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55969387

この記事へのトラックバック一覧です: 第824回強い3歳馬に期待:

« 第823回強い3歳世代 | トップページ | 第825回デムーロ騎手の勝利 »