« 第822回ゴールドシップ中心 | トップページ | 第824回強い3歳馬に期待 »

2012年10月23日 (火)

第823回強い3歳世代

201210210811
201210200511

 ダービー馬ディープブリランテの出走回避もあって、今年の菊花賞は皐月賞馬ゴールドシップが、単勝1.4倍という圧倒的な1番人気に推された。
 ゴールドシップはいつもの通り最後方に控えていたが、2周目の向正面から徐々に上がっていって、4コーナーでは先頭に並びかけ、直線に向くと早々と先頭に立った。内田騎手は後ろを振りかえる余裕の騎乗で、そのまま押し切ってしまった。まさに人馬共に余裕の圧勝劇だった。2着は5番人気のスカイディグニティ、3着は7番人気ユウキソルジャーが上がってきて、3連単は1万2450円の好配当になった。
 ゴールドシップが長く良い脚を使えるといっても、向正面から上がっていって、ゴールまで保つのかと、少し気になったが、心配は無用のようだった。まだ限界までは追ってない様子で、追えばもっと伸びたのではないか。
 菊花賞は3000メートルの距離だけに、例年、スローペースで上がりだけの勝負になりがちで、スピード指数も低くなるものだが、昨年のオルフェーヴルに続き、今年のゴールドシップもなかなかの高指数を示した。3歳世代はこれから、本格的に古馬たちと戦うことになるが、この世代の上位陣なら十分に太刀打ちできるだろう。

 それを証明したのが、東京の富士Sだった。レースは1番人気のコスモセンサーがマイペースで逃げる形になったが、直線で失速。中段から早めに抜けだした5番人気の3歳馬クラレントが勝利を手にした。NHKマイルC3着の実績は伊達ではないことを示した。2着にも3歳馬ファイナルフォームが入って、3歳世代のワンツー。3着に差し脚を伸ばした14番人気のヒットジャポットが入って、3連単は46万を超す高配当になった。
 ちなみに、今年はNHKマイルC組が大活躍中だ。NHKマイルCで1着だったカレンブラックヒルは毎日王冠を勝ち、3着のクラレントは先に述べたとおり富士Sを勝った。4着オリービンはポートアイランドSを勝ち、5着ジャスタウェイは毎日王冠2着、8着レオアクティブは朱鷺S、京成杯オータムハンデを連勝した。ともに古馬陣を相手に堂々と勝利を手にしており、この世代が、これからの競馬の主役になっていくのだろう。

 われらが中日ドラゴンズは3連勝の後、痛い3連敗。悔しい思いを残してCSの戦いを終えた。初戦3対1でドラゴンズが勝ったゲームを東京ドームに観に行ったが、シーズンとは違う雰囲気があって、それはそれで、すごく楽しかった。
 大島、大野、伊藤、堂上兄弟、武藤、平田、田島など、若い選手が活躍してくれて、来季に期待がふくらむ。

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

|

« 第822回ゴールドシップ中心 | トップページ | 第824回強い3歳馬に期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/55955278

この記事へのトラックバック一覧です: 第823回強い3歳世代:

« 第822回ゴールドシップ中心 | トップページ | 第824回強い3歳馬に期待 »