« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

第834回ローマンレジェンドVS

 ジャパンCダートは阪神で開催されるようになって5年目。国際G1といいながらも、今年も外国馬や公営馬の参戦はなかった。関東馬も2頭だけで、まるで関西ダート王決定戦のようだ。指数上は、圧倒的に指数上位馬が強く、なかでも前走指数の上位馬や平均指数上位馬の連対率が高い傾向が続く。

(JCD)  1着    2着    3着
02年中山  芝     DXb   芝
03年東京  外     A     -
04年東京  BZb   DXa   A
05年東京  A     C a    Y
06年東京  -     AXa   -
07年東京   Z      b   AZa
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
08年阪神   Z    C     AX
09年阪神  B c   C     -
10年阪神  BYc   -      Yc
11年阪神  AZb   D d   AXa
(ランクは公営、海外のレースを減戦して集計)

 今年はエスポワールシチー、ニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、グレープブランデーなどの前走指数が高く、他にトランセンド、ナムラタイタン、ダノンカモンなどが過去の指数や平均指数で上位にピックアップされる。
 注目は目下6連勝中のローマンレジェンドだ。デビュー2戦は芝を使って勝てなかったものの、3戦目でダート未勝利を勝ち、その後はダート路線で9戦して8勝、2着1回。この夏には100を越す高指数で重賞エルムSを勝って、前走もみやこSを勝利。重賞連覇をはたし、一躍ダートのトップホースに浮上してきた。
 中段から差し脚を伸ばすレースが基本だが、決して危なげなく勝ち上がってきた訳ではない。前走は単勝1.4倍の圧倒的人気を集めたが、直線、前が壁になって追い出しが遅れ、無理矢理に内に進路を取ってギリギリ間にあったレースだったし、前々走も59キロを背負っていたエスポワールシチーに直線並びかけ、そのまま楽に交わすだろうと思ったところ、エスポワールシチーの素晴らしい粘りに手こずって、ゴールまで熾烈な叩き合いが続き、クビ差の勝利がやっとだった。このレースではローマンレジェンドより、むしろエスポワールシチーの力強さの方が目立っていた。
 ローマンレジェンドは高指数の裏付けもあり、今後のダート戦線をリードする中心馬であることは間違いないが、断然とは思えない。
 馬券的な妙味で言うなら、エスポワールシチーなのではないか。エルムSでのローマンレジェンドとの叩き合いの後、前走、盛岡のG1南部杯を圧勝している。相手が手薄だったとしても、マイペースで逃げて、後続に4馬身差をつけ強いレースだった。公営を含めG1・7勝の実績はここでは断然だし、7歳馬ながら、まだ衰えをしらない。
 阪神のダート1800メートルは、スタートして1コーナーが近く、内枠の逃げ、先行馬が有利だ。その点からもエスポワールシチーの4枠は絶好枠だろう。佐藤哲三騎手が先週の落馬事故による骨折で乗れないのは、非常に残念だが、ぜひ、武豊騎手に頑張ってほしい。
 他ではワンダーアキュート、トランセンド、ニホンピロアワーズ、イジゲン、ミラクルレジェンド、ナムラタイタンなどが有力だろう。

 中山の名物マラソンレース・ステイヤーズSは、平均指数や前走指数の上位馬が中心になっている。
 今年はネオブラックダイヤ、ネヴァブション、フォゲッタブル、トウカイトリックなどが前走指数の上位馬で、グラスゴッド、ケイアイドウソジン、フミノヤマビコ、ナンデヤネン、メイショウウズシオなどが、過去の指数や平均指数の上位馬だ。
 このメンバーなら極端なスローペースはないだろう。平均ペースに対応できて上がりの脚もしっかりとしているケイアイドウソジン、メイショウウズシオ、ネヴァブションなどが連軸向きだろう。先行してねばるフォゲッタブル、メイショウクオリア、ネオブラックダイヤ、トウカイトリックなどの前残りも要注意。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
02年     Zc   -     DYd
03年    -     -     CYa
04年     Xa    Zc   -
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C
07年      d   CYc   DZa
08年      d   A      Yb
09年    A     -       d
10年    D     BYc   AXa
11年     Ya   A     -

 昨年まで5月に行われていた金鯱賞が、12月のこの時期に移ってきた。比較的流れの緩くなる中京の2000メートル戦だけに、上がりの脚が問われるだろう。上がりの脚のあるアスカクリチャン、ダノンバラード、サトノギャラント、アドマイヤラクティが中心になりそうだ。

(お知らせ)
 本日、11月29日から、新基準タイム「2013年版・改訂27版」のお申し込み受付を開始しました。年間サポートのお客様には、昨年同様、ナビグラフを生成するソフト「ナビグラフ君」を無料で提供いたします。「有馬記念グッズ」のプレゼントも用意しておりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
詳細はこちらから
 また、12月1日から「スマホ版・西田式スピード指数オンライン」もスタートいたします。長い間お待たせしましたが、使いやすく快適なツールになりました。こちらも是非、お試しください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

第833回オルフェーヴルの弱点

201211250511
201211240811

 いろいろなものが停滞している。経済も政治も復興も、先が見えない。競馬も例外ではないし、その枠から抜け出すのも容易ではないだろう。しかし、今年のジャパンカップはオルフェーヴル人気のおかげで、東京競馬場は多くの人で賑わった。レースもジェンティルドンナとオルフェーヴルとの熾烈な叩き合いに沸いた。岩田騎手の騎乗に問題があったにしても、それは一瞬一瞬の勝負の世界でのこと。あげつらっても始まらない。

 勝ったジェンティルドンナは32秒8、2着オルフェーヴルも32秒9、3着のルーラーシップは32秒7の上がりタイムが示すとおり、今年のジャパンカップは、馬場状態も良く、道中のペースも少し遅かったため、上がりの速い結果になった。スローペースを見越して3コーナーから早めに仕掛けたオルフェーヴルは、4コーナーを過ぎて直線に向くと早くも3番手。その判断は正しかった。しかし32秒9の上がりタイム(自身は神戸新聞杯で示した32秒8に次ぐ速い上がりタイムだったが)、それでも勝てなかった。もう少し道中のペースが上がっていれば、結果も違ったかもしれないが、そこがオルフェーヴルの上がりタイムの限界だったのかもしれない。速すぎる馬場に遅すぎるペース、絶対的なスピードが求められる上がり。それがオルフェーヴルの弱点であるような気がする。

 この後は有馬記念に向かうようだが、洋芝をオーバーシードした少し力のいる中山の馬場は、オルフェーヴルの絶好の舞台になるだろう。

 芝1200メートルの京阪杯は、10番人気の3歳馬ハクサンムーンが1番枠から好ダッシュ。楽なペースで逃げ、1番人気アドマイヤセプターの追い上げを抑え込んだ。3着のシュプリームギフトは12番人気で、3連単は79万超の高配当になった。

 ジャパンカップ・ダートの今週末は、もう12月。
 スピード指数の基準タイムも11月末から、新しい「2013年版」の申し込み受付が始まります。来年も引き続き、中京競馬場の基準タイムの更新も予定しています。今年もよろしくお願いします。
 また、12月1日からは「スマホ版スピード指数」もスタートします。
 なかなか綺麗で、使い勝手も良い出来になったと思っています。開催1日単位での決済もできます。是非、お試しください。
 選挙に有馬にクリスマス。忙しい年の瀬になりそうですが、不景気を吹き飛ばすような元気で明るい競馬になりますように--。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

第832回オルフェーヴルのJC

 オルフェーヴルが帰ってきた。凱旋門賞では惜しい2着だったが、世界的なレベルから見てもトップクラスにあることは証明できただろう。凱旋門賞でオルフェーヴルを抑え込んで勝ったソレミアも、このジャパンカップに出走して、再度の決戦になった。
 ジャパンカップは今年で32回目になる。外国馬に歯が立たない時代もあったが、最近では日本馬のレベルが上がったことと、東京の高速馬場の適性、加えて地の利がある日本馬が断然の成績を上げるようになった。この10年、外国馬で勝ったのは2頭だけ。この5年間は3着もない状況だ。
 片や日本馬の信頼は厚い。一昨年はブエナビスタが1着から2着に降着になったが、それでも日本馬のなかで最も人気上位だった馬は(4240)と、過去10年、すべて3着内という好成績が続いている。
 スピード指数上は、前走指数の上位馬の連対率が高く、連軸の中心になっている。指数のランク外で上位に食い込んでいるのはほとんどが3歳馬で、指数のランク外で3着内に入線した古馬は、08年の勝ち馬スクリーンヒーロー、昨年の3着馬ジャガーメイルだけだ。古馬の場合は、まず指数上位であることが条件になりそうで、連軸の中心は、人気上位、指数上位の日本馬からというのがセオリーだろう。

(JC)   1着    2着    3着
02年(中山)外     外     A
03年     Yb   -     AYd
04年    AYa    Z    D
05年    外     DZ    BXa
06年    DXa   -     A b
07年    CXc   BZb   AXa
08年    -     A c   A
09年    A     C     -
10年    -     A b   -
11年    CZ    A c   -

 今年の前走指数上位馬はオルフェーヴル、エイシンフラッシュ、フェノーメノ、ルーラーシップなど。オルフェーヴル以外は、秋の天皇賞の上位馬たちだ。他にダークシャドウ、ビートブラック、トーセンジョーダン、オウケンブルースリなどが過去の指数や平均指数での上位馬たちだが、ランク外でも3歳牝馬のジェンティルドンナを加えておこう。
 日本馬のなかで、人気上位になりそうで、尚かつ指数でも上位にあるのはオルフェーヴルだ。直前の調教でも、あいかわらず気性の悪いところを見せているようだが、そのマイナスがあったとしても、日本馬では最強の称号はオルフェーヴルのものだ。ここでも不動の中心と見ても良いと思うが、もしオルフェーヴルが不覚を取るとしたら、高速馬場で先行馬たちが楽なペースになって、後方から追っても届かない場合だろう。その可能性は全くないわけではない。
 オルフェーヴルに勝てるのは当然、先行馬たちだ。とするとフェノーメノ、ダークシャドウ、ルーラーシップ、トーセンジョーダンなどが浮上してくるが、なかでも指数の高さがあり、堅実な差し脚もある3歳馬フェノーメノが魅力的だ。ダービーは2着。古馬と初対戦だった前走、秋の天皇賞でも2着だったが、最内をすくったエイシンフラッシュに勝利を持って行かれた格好で、最も強いレースをしたのはフェノーメノだっただろう。負担重量でも2キロ減は大きいはず。オルフェーヴルに挑む一番手として評価したい。
 今年は外国馬が5頭出走してきた。無視はできないものの、日本の高速馬場に合うスピードのある馬は見あたらない。

 芝1200メートルの京阪杯は、短距離戦だけに指数の上位馬の活躍が目立つ。
 今年の指数上位はエーシンヴァーゴウ、サドンストーム、スギノエンデバー、テイエムオオタカ、アドマイヤセプター、パドトロワ、エーシンホワイティ、シュプリームギフトなどだ。
 先行力があるのはハクサンムーン、テイエムオオタカ、パドトロワなどだが、極端にペースが上がらなければ前残りもありそうだ。上がりの脚ではビウイッチアス、マコトナワラタナ、アドマイヤセプター、スギノエンデバー、サドンストーム、スプリングサンダーなどが上位で、なかでも注目は3歳馬サドンストームの鋭い瞬発力だろう。

(京阪杯)  1着    2着    3着
06年    -     A c   B
07年    AXb    Ya   A
08年    D     A b   A c
09年     Y    -     D
10年    AZa   BXb   外
11年    B     -     B

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

第831回久々、武豊スマイル

201211180811
201211180311
201211170511

 サダムパテックが勝って、久々、武豊スマイルが印象に残った今年のマイルチャンピオンシップだった。武豊のG1制覇は2010年ローズキングダムでジャパンカップを勝って以来、2年振り。2005年、2006年にはディープインパクトなどでJRAのG1で6勝を積み上げ、2005年はJRAの重賞だけで23勝。2005年までは連続して200勝以上をあげていたから、少し衰えたとしても100勝は当たり前だと思っていたが、2010年から年間100勝を切るようになり、重賞勝ち星も減り、昨年はG1で1勝もできなかった。今年もこれまで重賞は2勝止まりだったわけで、G1勝ちは難しいのかと思っていた。

 武豊騎手は、競馬を盛り上げてくれた時代のヒーローであり、数々の思い出の競馬シーンを飾ってきた騎手だ。それだけに昔からのファンのひとりとして、嬉しいG1勝ちだった。これからももっともっと頑張ってほしいと願うばかりだ。それにしてもね、そんなに勝ってなかったんだ。よかったね。

 勝ったサダムパテックも2着のグランプリボスも、もともと短距離戦で鋭い瞬発力を発揮してきた馬たちだ。前日の雨で渋った馬場が、思いのほか早く回復したこと、ペースがスローペース気味に落ち着いたのも良かったのだろう。3着はドナウブルー。逃げたシルポートが4着に粘った。

 ハンデ戦の福島記念は、先行したトップハンデのダイワファルコンが直線で抜け出して1番人気に応えた。2着に後方から伸びたアドマイヤタイシ、3着にダコールの順。私はこれまでトップハンデ馬が苦戦続きだったことを意識して、恵量に思えたデルフォイから買ったが、余り見所もなく6着に負けた。

 東京スポーツ杯2歳Sは断然の人気を集めたコディーノが圧勝した。3番人気のレッドレイヴンが後方から追い上げて2着、3着はインプロヴァイズだった。ナビグラフでみても、ともにスローペースで鋭い上がりの脚を発揮して勝ってきた馬たちだった。

 今週のWIN5は、(BYc-B-Bb-Ac-Ad)で259万超だった。
 うーーん。けど、買ってない。

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

第830回距離適性でストロングリターン

 今週のG1・マイルチャンピオンシップは、過去に高い指数のあるXYZ馬や、前走指数上位のABCD馬の連対率が比較的高い。この3年間は3連単で10万を超す高配当が続いているが、いずれも10番人気以下の馬が1、2着にからんでのもの。ランク外の馬たちにも要注意だ。

(マイルCS)1着    2着    3着
02年    -     DXa   A c
03年    D     -     C
04年    DYb   B      X
05年    -      X     A
06年    BXa   C c   CZ
07年    DX    -      Yd
08年    -     CZc   CXa
09年    AXa   -     外
10年      c   -     -
11年    -     -     A a

 今年はサダムパテック、ストロングリターン、リアルインパクト、グランプリボス、シルポート、コスモセンサー、サンカルロ、ダノンシャークなどが指数の上位馬だ。
 例年、平均ペースが基本で、極端にペースが遅くなることはないレースだが、今年は前哨戦にペースが遅いレースが多い。シルポートが単騎逃げたとしても、全体は少しスローペース気味の流れになるのではないか。とすると、当然、鋭い上がりの脚の戦いになるだろう。上がり指数ではマルセリーナ、ドナウブルー、ストロングリターン、グランプリボス、テイエムアンコールなどが上位にあり、今年の有力な連軸候補だろう。
 なかでも好調に見えるのは、前走、スワンSを勝ったグランプリボスだ。3歳のNHKマイル以来、久々の重賞勝ちだったが、スローペースで前残りのレースを、ただ1頭、後方から差しきって勝った。上がりの脚の切れは好調の証だろう。ただ、サクラバクシンオー産駒だけに、ベストはマイルより1200、1400にありそうな気がする。
 春の安田記念で、グランプリボスを抑えて勝ったのがストロングリターンだ。前走の毎日王冠は7着だったが、休み明けのうえ、負担重量も58キロを背負っていたこと、もともと距離も少し長かったことを思えば、上々だったのではないか。グランプリボスに比べれば、マイルの距離は合うはずだし、他の古馬陣と負担重量で差のないここなら、上がりの叩き合いになっても、勝負になるだろう。
 ナビグラフ上では、ドナウブルーとマルセリーナが良いエリアにあって、大駆けに要注意だ。

 東京スポーツ杯2歳Sは、スローペースで指数を下げている馬たちばかりだ。1800の距離を考えてもペースが上がるわけもなく、長く良い脚を使えるかどうかが問われるだろう。上がりの脚はダービーフィズ、バッドボーイ、レッドレイヴン、ポップアップハート、マイネルホウオウ、コディーノなどが鋭い。順当なら1800の距離で連勝している札幌2歳Sを勝ったコディーノと、指数は低くても、新馬、500万特別戦を連勝しているレッドレイヴンなどが有力だろう。

(東スポ杯2歳S)
       1着    2着    3着
03年      d   -      Y
04年    DZ    A a   DXc
05年    B      Xb   -
06年    -     C     DZ
07年    -     C     -
08年    -     C     -
09年    -     B       c
10年    A a   -     -
11年    D     -     -
(スローペース調整-20/-10)

 福島記念は難解なハンデ戦。最近は高配当のレースが続く。指数上では前走指数の上位馬が10年中8年で連対しており連軸向きといえそう。
 今年の前走指数上位馬はアスカクリチャン、ダイワファルコン、ケイアイドウソジン、デルフォイなど。過去の指数などでヒットザターゲット、マイネルスターリー、ダンツホウテイなども上がってくる。
 1番人気馬は10年で2勝だけ。またトップハンデ馬も苦戦続きで、最近の6年間、勝ち馬、連対馬どころか、3着もない。今年はアスカクリチャン、ダイワファルコン、ヒットザターゲット、マイネルスターリーたちが、57キロのトップハンデを背負うが、指数は上位でも連軸には向かないかもしれない。
 恵ハンデの馬たちで、上がりの脚が良いのはデルフォイとダコールだ。

(福島記念) 1着    2着    3着
02年    -     B c   -
03年    -     D a   BXc
04年    -     D     -
05年     Zb   -      Z
06年    BZ    AZb     c
07年    -     -     -
08年    -     C      Zc
09年    C     -     D
10年    -     A     BXa
11年(新) A a    Ya   -

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

第829回納得の3着

201211110811
201211110511
201211100511
201211100811

 1番人気のヴィルシーナか、格下とはいえ気になるピクシープリンセスか。スポニチの予想原稿の締め切りのぎりぎりまで悩んでいた。「迷ったら人気薄ですよ」というスタッフの声にも推されて、ピクシープリンセスを軸に選んで原稿を書いた。
 ピクシープリンセスは「先行力もあるし」と思っていたが、スタートから行き脚がつかず最後方におかれた。その時点で馬券はあきらめた。圧倒的な人気を背負うヴィルシーナは4、5番手の好位置でレースをすすめる。4角の手前からエリンコートがまくるように上がっていって、全体のペースが上がる。直線に向くとヴィルシーナは馬場の真ん中から脚を伸ばすラシンティランテに馬体を合わせていく。しかしその外からグンと伸びてきたのがレインボーダリアだ。直線の半ばからはレインボーダリア、ヴィルシーナの2頭の熾烈な叩き合いが続いた。そのまま押し切るのだろうと思っていたら、ゴール前、突然テレビの画面に飛び込んできたのが、最後方にいたはずのピクシープリンセスだった。他の馬とは断然勢いが違う。そのままヴィルシーナをとらえるかとさえ思ったが、しかしレインボーダリア、ヴィルシーナには及ばず、3着だった。
 朝から降り続いた雨で、京都の芝コースは力のいる渋った重馬場になっていた。そのため先行馬たちが脚をなくしたこともあったのだろう。先行馬で残ったのはヴィルシーナだけで、他の上位馬はすべて後方にいた馬たちだった。
 勝ったレインボーダリアは7番人気だったが、2着のヴィルシーナとともに、ナビグラフ上では上がり指数で最上位のエリアにあった馬だった。
 個人的にはピクシープリンセスの3着付けの馬券は持ってなかったから、残念な結果に終わったが、内容には十分に納得できるレースだった。デムーロ騎手の腕もあったとは思うが、それにしても、よく3着まで上がってこれたものだ。ちょっと嬉しかった。

 東京の武蔵野Sは、強い3歳世代のイジゲンとガンジスが1、2着になったが、このレースも、イジゲンとガンジス共に、また3着馬のダノンカモンも含めて、上がり指数で上位のエリアにある馬たちだった。
 勝ったイジゲンはスタートで出遅れて最後方にいたが、3コーナーからポジションを上げていって、直線に入ると早々に先頭に立った。少し追い出しが遅れた格好のガンジスがゴール前、きわどく迫ってきたが、そのまま押し切る強さを見せた。やはり今年の3歳は強い。

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

第828回悩み続ける女王杯

 今週はジャンプ重賞を除いて、4つの重賞が組まれている。土曜日に2歳重賞が2つ、日曜日は東京でダートの武蔵野S、京都はG1エリサベス女王杯が注目のレースだ。
 牝馬のG1エリザベス女王杯は、圧倒的に指数の上位馬が強い傾向にある。なかでも前走指数の上位馬たちが最有力で、前走指数の上位馬は過去10年で7勝、9年間で連軸の中心になっている。1番人気は10年で3勝。期待ほどには走っていないが、1、2番人気馬がそろって連を外したのは10年で1度だけだから、堅実な組み立ての方が良いだろう。負担重量で2キロ軽い3歳馬が6勝をあげており、こちらは狙いを立てやすい。過去10年、勝ち馬はすべて5歳まで。牝馬は若い方が良い。

(エリザベス女王杯)
       1着    2着    3着
02年    A b   AZb    Xa
03年    B     A     外国馬
04年    AXa   -     -
05年     Ya   C       c
06年    C     D a    Zc
07年    A      Y    AXa
08年    B b    Xa   -
09年    -     -     B
10年    外国馬   CXb   A a
11年    D外    A      Xa
(スローペースは-10/0)

 今年はフミノイマージン、マイネジャンヌ、マイネイサベル、ピクシープリンセスなどの前走指数が高く、他に平均指数や過去の指数でホエールキャプチャ、スマートシルエット、オールザットジャズ、アカンサス、マイネオーチャードなどが上がってくる。
 今年の1番人気は3歳馬のヴィルシーナだろう。桜花賞、オークス、秋華賞で、3冠牝馬となったジェンティルドンナの2着続きだったが、近走はスローペースのために指数上はランク馬にならなかった。過去10年、指数のランク外で勝った馬は2頭いるが、1頭は外国馬のスノーフェアリー、もう1頭は09年、3連単150万馬券の立役者になったクィーンスプマンテだけだ。3歳馬なら、指数の高さだけにこだわる必要はないかもしれないが、人気でも取りこぼしがあるかもしれない。
 ここは素直に指数の上位馬から軸馬を選びたい。とすると、フミノイマージン、ホエールキャプチャ、マイネイサベル、ピクシープリンセス、スマートシルエットなどが、連軸の有力候補になるのだろう。
 今年のメンバーでどうしても逃げたいという馬は見あたらず、押し出されてレジェンドブルーがペースを握りそうだ。想定されるペースは平均的な流れで、超スローペースはないだろう。ある程度前に位置して、直線でも十分に脚を使えるスタミナが求められることになりそうで、ホエールキャプチャ、マイネイサベル、ピクシープリンセスなどの先行力と差し脚が生きる展開が見えてくる。
 底力では、牡馬相手の重賞戦線で実績を残してきたフミノイマージンが最右翼だが、後方一気の脚に懸ける馬だけに、少し展開が向かないかもしれない。
 一方、3歳馬ヴィルシーナの先行力は評価できる。指数が少し足らないとはいえ、展開上はプラスに働くだろう。
 ホエールキャプチャは1600から1800あたりに適性があるように見え、2200メートルの距離は少し微妙ではないか。
 そう考えていくと、どの馬も一長一短。なかなか中心に納まりそうな馬がいない。
 こんな時はあえて1番人気に乗るか、デムーロが騎乗する人気薄のピクシープリンセスに懸けてみる手もあるだろうか。もうしばらく、悩みそうだ。

 波乱の多い武蔵野S。連軸の中心は、過去の指数上位馬たち。
 今年はナムラタイタン、シルクフォーチュン、ダノンカモンが過去の指数が高いXYZ馬で、他にバーディバーディ、ナムラビクター、ガンジスなどの前走指数が高い。
 力のいるダートをこなす先行力とスタミナでは、ナムラタイタン、ナムラビクター、ダノンカモン、ガンジス、バーディバーディなどが上位だろう。
 ここは負担重量で2キロ減が有利な3歳馬ナムラビクター、ガンジスが中心になりそうだ。

(武蔵野S) 1着    2着    3着
03年    -     B     -
04年    A     DZc   -
05年    -     -     BYb 
06年    C d   DXa     d
07年    -     BXa   A c
08年    D      Xa   -
09年    -      Z    BXa
10年     Y    D c   -
11年     Y    AZb   -

 京王杯2歳Sは、ヴァンフレーシュ、ノウレッジ、マイネルエテルネル、コスモシルバード、アットウィル、タイセイドリーム、ナカナカ、モグモグパクパクなどが指数の上位馬だ。ただ、スローペースのレースが多く、指数が低くても要注意の馬も多い。
 逃げるのはエーシントップ、ヴァンフレーシュ、テイエムイナズマなどだが、芝1400メートル戦とはいえ、ペースはスローだろう。直線での上がりの脚の戦いになれば、スローペースのレースで鋭く切れる脚を発揮してきたレッドヴィーヴォ、タイセイドリーム、コスモシルバード、ガチバトル、ツクバリンカーン、テイエムイナズマなどに流れが向くのではないか。

(京王杯2歳S)
       1着    2着    3着
02年(中山)DYd    Zc   -
03年    DXd   C b   B a
04年    D     -     A b
05年    DYb   -     AXc
06年     Y      c     b
07年    -       d   -
08年    -     A a   CY
09年    BXa   C c   -
10年    D b   -     -
11年    CY     Xd   -
(スローペースは-20/-10)

 2歳馬の重賞ファンタジーSの指数の上位馬は、ディアマイベイビー、タガノミューチャン、ストークアンドレイ、エーシンセノーテ、サウンドリアーナなど。今年も指数上位馬の能力が高そうで、ディアマイベイビー、タガノミューチャン、ストークアンドレイが有力だろう。

(ファンタジーS)
       1着    2着    3着
02年    A a   -     A a
03年    -      X    -
04年    D     -      Xa
05年    CYb   A a   BZ
06年    A a    Yb    Zc
07年    C     AXc   -
08年     Z    B c   A a
09年    -      Y    C
10年    A a   -     -
11年     Zd   -     DXc
(スローペース調整値-20/-10)

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

第827回風邪にご注意

201211040511
201211040811
201211030511

 ちいさな事務所なので、風邪はすぐに蔓延する。H君も、わたしも、先週から風邪をひいて、ふたりで咳き込んでいる。今日ものどが苦しい。のど飴もいろいろ試してみたが、いまのところ、薬屋さんですすめられた南天のど飴が一番効くような気がする。

 アルゼンチン共和国杯は、2番手で先行して、直線一気に脚を伸ばしたルルーシュが初の重賞制覇を果たした。3歳時に長く休んでいて出世が遅れたルルーシュだが、今年の春に戦線に復帰すると、8戦で4勝をあげて、一気に重賞ウィナーになった。これで東京コースは5戦4勝、2着1回と、パーフェクトの連対率を示している。横山典騎手とも相性がよいようで、5戦4勝だ。どんなペースでも、先行して差しきるレースができるのが強みで、レースぶりは安定感がある。スタミナも豊富で、今後、中長距離路線での活躍が期待できる1頭だろう。
 勝ったルルーシュは2番人気、2着は3番人気のムスカテール、3着は6番人気のマイネルマーク。今年は比較的平穏な結果で、3連単は1万2740円だった。

 ダートの重賞・みやこSは単勝1.4倍と、断然の1番人気に支持されたローマンレジェンドが勝った。直線で前が壁になって、抜け出すのに手間取ったぶん、勝ったとはいえわずかクビ差の勝利で、正直、苦しい戦いに見えたが、その実力は他を圧倒していたといえそうだ。先行した3番人気ニホンピロアワーズ、5番人気ホッコータルマエが2、3着を占め、3連単は6610円。
 ローマンレジェンドはこれで6連勝になったが、ダートは9戦8勝、2着1回。直線の不利がなければ、もっともっと圧勝していただろうし、指数ももっと高くなっただろう。次走はジャパンカップダートのようだが、そこでも主役を演ずることになるだろう。

 今年、新設された重賞アルテミスSは2歳牝馬限定のマイル戦だけに、ペースが落ち着き、上がりの脚比べになることが多い。このレースも平均ペースだったとはいえ、最後は直線の脚が勝負を分けることになった。ナビグラフで見ると、グラフの左端に位置する、スローペースで上がり指数の高かった馬たちが上位を占めた。勝ったのはマイルの距離適性もあったコレクターアイテムで、2着はアユサン、3着はウインプリメーラだった。3連単は1万8980円。

 今日は早く寝て、まずは風邪を治そう。 

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

第826回重ハンデは苦しい

 アルゼンチン共和国杯は波乱含みの長距離のハンデ戦。最近の3年こそトップハンデ馬が2勝、2着1回と健闘しているが、それ以前は2着が1回あるだけ。過去10年、1番人気馬も2勝、2着3回とあまり期待はできない。勝ち馬はランク外の馬が10年で4勝しており、指数の上位馬たちも苦戦を強いられることが多い。

(アルゼンチン共和国杯)
       1着    2着    3着
02年中山  C     A b   -
03年      d   -     -
04年    C     -      Yb
05年    -     -       b
06年      d    Xa   A
07年    -      Xb   C
08年    -     -      Xc
09年    -     B     A
10年      a   C c   A
11年     Yd    Yb   -

 今年のトップハンデは59キロのビートブラック、次いで58キロのオウケンブルースリ、ギュスターヴクライ、マイネルキッツなどが重ハンデ馬だが、過去10年、58キロ以上のハンデを背負って勝った馬はいないことからすると、指数上位といっても少し苦しいかもしれない。
 58キロ未満のハンデ馬での指数上位は、オーシャンブルー、トウカイトリック、トウカイパラダイス、フォゲッタブル、マイネルマークなどだ。
 芝の2500メートル戦を考えると、超スローペースの上がりではなく、平均ペースでの確かな差し脚が問われることになるだろう。その点から、トウカイパラダイス、アースシンボル、イケドラゴン、マイネルマーク、ルルーシュなどが、連軸の有力馬として浮上してくる。なかでも、2500の距離適性があるのはルルーシュ。2500以上の距離ではまだ1勝しかしていないが、この夏、スタミナのいる洋芝コースを先行して好結果を残しており、スタミナは十分で距離も合うだろう。加えて、東京コースとも相性が良く、ここまで(3100)とパーフェクトの連対率だ。
 他に、軽ハンデ馬で気になるのはマイネルマーク。前走、連勝して1000万条件を勝ったばかりで、指数上は少し物足りないが、上がりの脚を考えたら、52キロのハンデは十分に期待を持たせる恵量に思える。

 ダートの重賞・みやこSは今年で3回目。今年の指数上位はローマンレジェンド、ニホンピロアワーズ、グラッツィア、フサイチセブン、タガノロックオン、ヒラボクキングなど。指数は少し低いが、3歳馬で4連勝中のハタノヴァンクールも要注意の1頭だ。
 とはいえ、目下ダート5連勝中のローマンレジェンドが100を越す断然の高指数を連続して示しており、中心は不動だろう。

(みやこS) 1着    2着    3着
10年    CYb   -     -
11年    AXa   -     -

 今年、新設された2歳牝馬限定の重賞アルテミスSは、芝1600メートル戦。2歳牝馬限定戦だけに、ペースはスローペース必至。マイルの距離が合って、上がりの脚も鋭いコレクターアイテムが最有力だろう。距離が伸びて良さそうなエターナルムーン、ネロディアマンテ、ナンシーシャインなど、前走サフラン賞組が相手の中心になりそう。

☆お知らせ☆
スピード指数出馬表は1レース50円からご利用いただけます。すぐわかるナビグラフも是非。
また、WIN5セットも提供しております。どうぞご利用ください!
くわしくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »