« 第840回有馬記念はゴールドシップ | トップページ | 第842回逃げ馬に注意 »

2012年12月26日 (水)

第841回ゴールドシップの有馬記念

201212230610
201212240911
201212220911

 2012年の有馬記念は、後方待機から見事な差し脚をみせたゴールドシップの圧勝劇で終わった。ゴールドシップはスタートで大きく立ち後れたルーラーシップと並んで、最後方からレースをすすめていく。「そのままで大丈夫か」と不安が頭をよぎったが、それも全くの杞憂だった。向正面から脚を伸ばし、4コーナーで外に回すと、直線一気に突き抜けてきた。多少ペースが上がって、差し馬有利の流れになったとはいえ、上がりタイムはただ1頭だけ34秒台を記録している。その堂々たる勝ちっぷりに、ゴールドシップの強さが際だって見えた。オルフェーヴルが出走していたら、どうだっただろう。そんなことを想像させる勝利でもあった。春の天皇賞で実現するのかどうか。2頭の対決するレースがますます楽しみになった。今年の年度代表馬はオルフェーヴルで決まりと思っていたが、ここで大きくゴールドシップも浮上してきた。牝馬3冠を達成してジャパンカップも勝ったジェンティルドンナの可能性もあるのかな。

 2着はルメール騎手のオーシャンブル-、大きく立ち後れたウィリアムズ騎手のルーラーシップが底力を見せて3着。3連単は2万4250円。ゴールドシップで勝った内田騎手以外は、やっぱり外国人騎手たちが上位を占めた。

 大混戦で、難解なレースだった阪神カップは、昨年に続いてサンカルロ(3番人気)が連覇した。これで阪神の1400戦は7戦して(3121)と、コース、距離適性ともに高い馬だ。2着に14人気のガルボが残って、3着は2番人気のファイナルフォーム。3連単は28万を超す高配当になった。

 スローペースになったラジオNIKKEI2歳Sは、2戦2勝で人気を集めたエピファネイアが中段待機策から、直線、難なく差し切り勝ち。着差は2分の1馬身差だが、着差以上に強い内容だった。ただ、3戦とも極端なスローペースばかりで、今後ペースが上がったレースで、きちんと対応できるのか。少し気になるところだ。

 今年は開催日程の都合で、有馬記念の当日はスタッフと共に事務所で仕事だった。テレビ観戦の有馬記念では、やっぱり気持ちの盛り上がりに欠ける。翌日、今年最後の中山に出かけたが、そこでもいまひとつ乗り切れず、するっと終わってしまった。何か中途半端な気分が残ったまま、この年の瀬を迎えている。

 今年の有馬記念は馬券の売り上げが対前年比で88パーセントという低調な結果だったが、開催スケジュールの失敗だったとはいえないだろうか。やっぱり有馬記念がその年の最後の開催であってほしい。

 この高田馬場日記も今年は今回が最後。一年間ご愛読ありがとうございました。
 来年は1月8日からスタートします。金杯の原稿はお休みです。あしからず。
 来年も元気に頑張りましょう。良いお年を!

(お知らせ)
 新基準タイム27版のサービス「有馬記念グッズ」プレゼント(抽選で65名様)は、27日の振り込み分で終了します。お早めに。当選者への発送は1月5日を予定しています。
お申し込みはこちら!

|

« 第840回有馬記念はゴールドシップ | トップページ | 第842回逃げ馬に注意 »

コメント

本年もスピード指数にお世話になりました。
ラスト3日間の阪神競馬のA指数馬の安定感はちょっとしたものだと思います。
おかげさまで有馬記念も併せて良い3日間でした。
来年もよろしくお願いします。


ルーラーシップ引退(*_*)。
しょうがないんですかね。

投稿: ユタカ | 2012年12月26日 (水) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/56399046

この記事へのトラックバック一覧です: 第841回ゴールドシップの有馬記念:

« 第840回有馬記念はゴールドシップ | トップページ | 第842回逃げ馬に注意 »