« 第879回上がりの脚はフローラ組が上位 | トップページ | 第881回強いロゴタイプ »

2013年5月21日 (火)

第880回距離適性の勝利

201305190511
201305180811

 オークスは武幸四郎騎手が7年振りにG1を勝って、今週も「涙の勝利騎手」インタビューになった。

 苦労を耐えての勝利の涙に、人情もろい庶民は弱い。良かった。良かった。

 これまで武幸四郎騎手はティコティコタック、ウインクリューガー、ソングオブウインドでG1を勝っており、今回のメイショウマンボでG1は4勝目。メイショウマンボは9番人気だったが、他の馬たちもすべて8番人気以下という人気薄の馬たちだった。兄の武豊騎手は1番人気でG1を数多く勝っているが、弟の幸四郎はなぜか、そういう巡り合わせなのだろう。

 メイショウマンボは、前走の桜花賞で4番人気に推されながら11着。直線に向いて追い出しをかけても、素軽さがみえず、もたつく間にレースは終わっていた。その桜花賞に比べると、オークスは見違えるような鮮やかな差し脚だった。内ラチから外に回して追い出しにかかると、すっと反応して、スピード感があふれる鮮やかな差し脚で、一気に先頭に立つ。そのままゴールまで、他をまったく寄せ付けずに圧勝した。

 メイショウマンボは、これまで1600メートルまでの距離しか経験してなかったが、距離が2400に伸びて、本来の持ち味、スタミナや距離適性が生きたのだろう。兄、武豊のクロフネサプライズがペースを上げて逃げて、極端なスローペースにならなかったのも幸いしたはずで、メイショウマンボの好走につながったのではないか。

 結局、なんだかんだといっても、勝ったのは桜花賞組だった。2着に5番人気のエバーブロッサム、1番人気のデニムアンドルビーが3着に追い込んで、3連単は15万を越す高配当になった。

 京都のダート重賞・平安Sは、昨年秋のジャパンカップ・ダートを制したニホンピロアワーズが、直線、3番手から先行馬たちを楽に差し切って、力通りに快勝した。追い込んできた8番人気のナイスミーチューが2着、先行していた5番人気のナムラタイタンが粘って3着。3連単は1万5630円。

 今週は、いよいよダービー。テレビでもスポーツ紙でも、ダービーの話題を多く見かけるようになった。ダービーの予想に、いろいろ想像がふくらんで、楽しい1週間だ。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第879回上がりの脚はフローラ組が上位 | トップページ | 第881回強いロゴタイプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/57431020

この記事へのトラックバック一覧です: 第880回距離適性の勝利:

« 第879回上がりの脚はフローラ組が上位 | トップページ | 第881回強いロゴタイプ »