« 第890回やっぱり強かった | トップページ | 第892回作戦勝ち »

2013年6月27日 (木)

第891回トップハンデは苦しい

 今週から関東は福島に開催が移る。7、8月は新潟の開催があって、9月まで首都圏での開催はないが、夏は夏で旅の楽しみもあるだろう。
 福島開幕週の重賞は3歳限定のハンデ戦・ラジオNIKKEI賞。500万条件を勝ったばかりの馬から、クラシック戦線で戦ってきた馬、重賞で好結果を残してきた馬たちが入り交じって、まさに玉石混淆。重賞で上位の馬たちが重ハンデを課される傾向で、人気にもなるが、例年トップハンデ馬も1番人気馬も苦戦続きだ。指数上もランク外の馬たちの活躍が目立つ。

(ラジオNIKKEI賞)
       1着    2着    3着
06年      c   -     -
07年    -      Z     Z
08年    -      Xb   -
09年    -     -     B d
10年    C     -     AYb
11年(中山)A b    Yc    Xa
12年    -      Yc   -

 今年はフラムドグロワール、ガイヤースヴェルト、シャイニープリンス、カシノピカチュウ、ダービーフィズなどが指数の上位馬だ。
 ハンデは指数上位の3頭、フラムドグロワール、ガイヤースヴェルト、シャイニープリンスが横並びで、56キロのトップハンデを課せられている。ともにNHKマイルCに出走して、3、5、6着の馬たちだが、トップハンデ馬は、ハンデ戦になってから過去7年で2着が1回あるだけ。重賞実績も過信はできない。
 しかし、これまでトップハンデ馬たちは重賞に出走していたとはいえ、2桁着順や7着以下に負けている馬たちがほとんどだった。今年のNHKマイルCで、果敢に先行して勝ち馬と差のない3着に粘ったフラムドグロワールは、これまでのトップハンデ馬たちとは違う別格として高く評価して良いのではないか。NHKマイルCのあとは、ダービーに出走して10着に負けたが、指数上は勝ち馬とも大きな差はなかった。その先行力からすると小回りの福島は合うだろうし、距離が短くなるのも好材料ではないか。
 過去の傾向からは、クラスにかかわらず、前走勝っている馬が過去7年で4勝、2着にも2頭いる。春の序列より、今の勢いがモノをいうレースを意識するなら、前走500万条件を勝ち上がってきた、瞬発力の鋭いインプロヴァイズ、ダイワストリームからの手もあるかもしれない。

 中京競馬場は芝1200のハンデ戦、CBC賞がメイン。
 今年の指数上位は、ハクサンムーン、アイラブリリ、マジンプロスパー、ザッハトルテ、ザラストロ、ヤマカツハクリュウ、エーシンダックマン、サドンストームなど。昨年の勝ち馬マジンプロスパーが、58キロのトップハンデを背負う。
 中京の芝コースは差し馬に向く。上がりの脚があるザッハトルテ、ザラストロ、ウインドジャズ、バーバラなどが有利だろう。なかでも距離が短くなって、鋭い瞬発力が生かせそうなザッハトルテを軸馬に推したい。マイペースの逃げなら、ハクサンムーンの逃げ切りも想定しておきたいところ。

(CBC賞) 1着    2着    3着
06年    -      Z      b
07年    -     D c   -
08年    -     A       a
09年    -     A     B
10年(京都) Yb   -     -
11年(阪神)CYa   B       c
12年    A c   C     A b

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第890回やっぱり強かった | トップページ | 第892回作戦勝ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/57677419

この記事へのトラックバック一覧です: 第891回トップハンデは苦しい:

« 第890回やっぱり強かった | トップページ | 第892回作戦勝ち »