« 第898回真夏のクリスマス | トップページ | 第900回短距離界の新星 »

2013年7月25日 (木)

第899回中心はハクサンムーン

 今週から関東は新潟に開催が移る。直線1000メートルのアイビスサマーダッシュがメインレースだが、過去10年の傾向からは、前走指数や平均指数の上位馬が中心。さらに10年で8勝をあげている牝馬も強い傾向だ。

(アイビスサマーダッシュ)
       1着    2着    3着
03年    B d   A b   -3歳
04年     Xa   A     DYb
05年    -3歳   A      Z
06年    B     -3歳   A
07年    ダ     B c   -3歳
08年    -     BZb   -3歳
09年     Ya     c   AZd
10年    -     CXb   -
11年    A     B a   -
12年     Xa     b   DZc

 今年はハクサンムーン、リトルゲルダ、プリンセスメモリー、インプレスウィナーの前走指数が高く、他に、スギノエンデバー、パドトロワ、アウトクラトールなどが過去の指数や平均指数での上位馬だ。
 注目は4歳になって大きく成長してきたハクサンムーンだろう。昨年3歳時にこのレースに出走して4着だったが、指数は72と低調で、まだ力をつけきっていなかったのだろう。4歳を迎えた今年の春は、G1高松宮記念で3着、続くG3のCBC賞も2着に好走してきた。先手を取って逃げる戦法に変わりはないが、2走とも90を楽に超える高い指数の裏付が何よりも心強い。中心は不動だろう。
 連覇を目指すパドトロワも好調。前走、58キロを背負って函館SSを勝った。ただ、今年のアイビスサマーダッシュでは59キロを背負わされており、負担重量からは少し厳しいだろう。
 ハクサンムーンの逃げで、ハイペース必至だとすると、後方一気の脚が鋭いスギノエンデバーの浮上もあるかもしれない。また、牝馬が強いという点からは、1000万条件を勝ったばかりだが、リトルゲルダに注意したい。

 牝馬の重賞・クイーンS。連軸の中心は過去10年のうち9年で連対している前走指数上位馬たちだ。

(クイーンS)1着    2着    3着
03年    -     CZc   BXb
04年    D     B d   -
05年      d   -     D
06年    A     CX      c
07年    C d   B     -
08年     Xb   CZ     Z
09年    -     A a   D
10年    -     B b   -
11年    B     D      Yb
12年    A     -     -

 今年はアイムユアーズ、マルセリーナ、オールザットジャズ、キャトルフィーユ、クィーンズバーン、スピードリッパーなどが指数の上位馬だ。ただ、8頭立てと少し寂しいメンバー構成になった。
 重賞実績からはマルセリーナ、オールザットジャズ、アイムユアーズなどが中心になりそうだ。平均ペースの差し脚で上位はオールザットジャズ、マルセリーナ、キャトルフィーユなどで、差し脚の点からはオールザットジャズ、マルセリーナが連軸向きといえるだろう。ただ、人気薄の台頭で波乱も多いレースだ。ここは1000万条件を勝ったばかりでもキャトルフィーユにもチャンスがあるかもしれない。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第898回真夏のクリスマス | トップページ | 第900回短距離界の新星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/57862239

この記事へのトラックバック一覧です: 第899回中心はハクサンムーン:

« 第898回真夏のクリスマス | トップページ | 第900回短距離界の新星 »