« 第897回2歳重賞が始まる | トップページ | 第899回中心はハクサンムーン »

2013年7月23日 (火)

第898回真夏のクリスマス

201307210211
201307210711

 2013年、最初の2歳重賞、函館2歳Sの勝ち馬はクリスマスだった。
 クリスマスは新馬戦で、牡馬も含めて2歳世代のトップの指数を示し、少し抜けたレベルにあった牝馬だ。新馬戦では単騎マイペースで逃げたが、函館2歳Sでは好スタートから2番手に控え、直線、抜け出す堂々のレースぶりだった。2番人気に支持されたオールパーパスは3番手から、直線抜け出すクリスマスを必死に追ったが、今の段階では力差が明らかで、離される一方だった。
 2着は9番人気のプラチナティアラが粘り、3着は8番人気のトーセンシルエットが差し脚を伸ばして、ゴール前オールパーパスをとらえた。3連単は13万円を越す高配当になった。
 1、2、3着を牝馬が独占したが、夏はやっぱり牝馬が強い。

 中京記念は5番人気のフラガラッハが勝った。フラガラッハはトップハンデをものともせず、後方待機策から直線大外一気の差し脚で快勝。昨年も後方一気の差し脚でこのレースを勝っており、これで中京の芝コースは2戦2勝になった。フラガラッハは昨年の中京記念を勝った後、6戦して5戦が2桁着順という不振続きだったことを考えると、よほど中京コースが合うのだろうか。
 2着に13番人気のミッキードリーム、3着3番人気のリルダヴァルで、3連単は36万超の高配当になった。

 先週は、他にも波乱の高配当が多かった。指数上位馬も活躍が目立っており、土曜日の福島8レースで3連単133万、函館10レースでも3連単104万馬券と、指数上位のランク馬の組み合わせで3連単100万馬券が2つも出た。
 そういえば、先々週のことだが、函館の13、14日はA馬が23レース中13勝をあげた。夏は牝馬も強いが、指数上位馬も強い。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第897回2歳重賞が始まる | トップページ | 第899回中心はハクサンムーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/57850202

この記事へのトラックバック一覧です: 第898回真夏のクリスマス:

« 第897回2歳重賞が始まる | トップページ | 第899回中心はハクサンムーン »