« 第907回夏の好調馬 | トップページ | 第909回夏のローカル競馬も最終戦 »

2013年8月27日 (火)

第908回新星誕生の夏

201308250411
201308250211
201308240211

 スローペースだったとはいえ、あるいは、スローぺースだったからこそ、というべきだろうか。新潟2歳Sで、直線、最後方から1頭だけ全く違う脚色で追い込み、3馬身差をつけてゴールしたのは1番人気に推されたハープスターだった。他馬を圧倒したその上がりタイムは驚異の32秒5。スローペースだったから、他の上位馬たちも33秒台で上がってきているが、それでもハープスターだけが鮮やかに際立ってみえた。
 2歳戦はまだ始まったばかり。これからデビューを目指している強い馬も多く控えているから、牝馬のハープスターが今後、大成するかどうかは別だが、他馬の陣営から目標にされる水準の馬だといえるだろう。
 2着は4番人気イスラボニータ、3着は6番人気ピークトラム。3連単は3万1910円だった。

 このところの集中豪雨のせいか、函館の芝コースは2週ほど前から一気に悪くなっており、パワーがいる状態が続いている。それだけに後方からは追い込みにくく、特にスローぺースになると逃げ馬や先行馬に有利な馬場状態になっている。その馬場を味方にというわけでもないが、キーンランドCは4番人気のフォーエバーマークが逃げ切り勝ちをおさめた。中段から外に回して差し脚を伸ばした1番人気ストレイトガールは、わずかに届かず2着まで。3着は内から伸びた6番人気シュプリームギフトだった。人気を集めた4連勝中のストレイトガールは、スタートで好位置が取れず、いつもより位置取りが後ろになってしまったのが敗因だったのだろうか。牝馬が上位を独占。3連単は1万9030円。

 土曜日の函館。ダート重賞エルムSは、先行した3頭が1、2、3着を占めた。岩田騎手騎乗のエーシンモアオバーが58キロを背負いながら、ペースを落とさず果敢に逃げたものの、直線なかばで2番手に控えていた3番人気フリートストリートに差し切られてしまった。2着は逃げ粘った5番人気エーシンモアオバー、3着は3番手にいた1番人気のブライトライン。3連単は1万5740円。
 締まったダートで時計も出やすい馬場状態だったとはいえ、力のある先行馬が叩き合ったレースで、指数も上々のレベルの好レースになった。他の後続馬たちは追走に手一杯だった。

 新潟も小倉も、函館も、残すところあと1週の開催だけになった。今日は朝から空気が涼しく感じられる。事務所のベランダから見えるスカイツリーは、いつもよりくっきりと輝いている。あんなに暑かった夏も、終わりかけているのだろうか。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第907回夏の好調馬 | トップページ | 第909回夏のローカル競馬も最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58075924

この記事へのトラックバック一覧です: 第908回新星誕生の夏:

« 第907回夏の好調馬 | トップページ | 第909回夏のローカル競馬も最終戦 »