« 第913回秋の主役を目指して | トップページ | 第915回指数上位馬が圧倒 »

2013年9月19日 (木)

第914回台風一過

201309150911
201309170611

 台風の影響で、中山、阪神ともに月曜日の開催が中止になり、火曜日に順延になった。馬場指数の計算は水曜日にやったが、いつも火曜日に更新してきた「馬場日記」の更新までは手が回らなかった。今日はもう木曜日。

 先週の重賞は3歳牝馬のローズSと菊花賞を目指す3歳のセントライト記念。

 牝馬のローズSは、オークスで1番人気に推されながら3着に負けたデニムアンドルビーが鮮やかな差し脚をみせて雪辱、勝利を手にした。ここも1番人気だったデニムアンドルビーは出負け気味のスタートで、相変わらず最後方からのレースになってしまった。しかし、雨で重まで悪くなった馬場状態を考えると、前半から道中のペースは早く、前が止まる流れも良かったのだろう。展開を味方に、直線は外に回しての差し切り勝ちだった。
 2着に9番人気シャトーブランシュ、3着に10番人気のウリウリ。オークス馬メイショウマンボは、重馬場に脚を取られながらも4着。ペースと馬場状態が勝敗を分けたのだろう。

 台風一過、抜けるような青空の火曜日に行われた中山のセントライト記念。道中のペースが遅く、スローの流れになったが、直線、中段から伸びた3番人気のユールシンギングが5番人気のダービーフィズをハナ差抑え込んで勝った。3着は6番人気のアドマイヤスピカ。
 私は前走、大逃げを打って大勝したバンデから馬券を買った。逃げるだろうと思っていたが、控えて2番手から。直線に入って一瞬、先頭に立つシーンもあったが、スローペースを差し切るだけの鋭さがなく、良く粘ってはいたが6着まで。果敢に先手を取ってペースを上げていった方が良かったかもしれない。先行馬では一番頑張っていたから、力はあるはず。今後に期待しよう。しかし、菊花賞はでられないだろうな。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第913回秋の主役を目指して | トップページ | 第915回指数上位馬が圧倒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58225751

この記事へのトラックバック一覧です: 第914回台風一過:

« 第913回秋の主役を目指して | トップページ | 第915回指数上位馬が圧倒 »