« 第916回切れる脚 | トップページ | 第918回ヒーロー伝説 »

2013年9月26日 (木)

第917回ロードカナロアが中心

 秋のG1シーズンになった。第一弾は中山のスプリンターズS。
 過去10年の傾向を見ると、前走指数の高いA、B、C馬が毎年連対中で、近走で好走している馬たちが中心のレースだ。また、過去10年、1、2、3番人気馬のいずれかが連対しており、人気の面からは、3番人気までの馬が連軸の中心。指数の上位馬で、なおかつ人気からも評価の高い馬を連軸の中心に取るのがセオリーだろう。

(スプリンターズS)
       1着    2着    3着
03年    -     A a     d
04年    A     BXa   外
05年    B b   AYa   -
06年    B b   -     -
07年    -     A     C
08年    A a   CXc   B
09年     X    BXb   C
10年    外     CXa   -
11年    A     A     -
12年    DZd   C d   -

 今年は、マジンプロスパー、ロードカナロア、ハクサンムーン、グランプリボスなどが前走指数の上位馬で、他にドリームバレンチノが平均指数上位馬としてピックアップされる。
 なかでも、海外を含むG1戦を5戦4勝しているロードカナロアの指数の高さと実績が断然だ。休み明けだった前走のセントウルSでは、逃げ込みをはかるハクサンムーンに詰め寄ったものの、クビ差届かなかったが、1頭だけ58キロを背負っていたことを考えれば、指数もレース内容も上々だったといえるだろう。今回は他の有力馬とも負担重量に差はなく、鋭い瞬発力が生きるはず。中心は不動だ。
 地力が強化されてきたのが、前走セントウルSでロードカナロアを抑え込んだハクサンムーン。逃げたい馬だけに、同型のフォーエバーマークとのハナ争いでハイペースに飲み込まれないか、少し気にかかるが、この春から夏にかけて大きく成長しており、ロードカナロアの対抗馬にふさわしい内容のある4歳馬だろう。
 他では、初の1200メートル戦になるが、マイル路線から参戦してきたグランプリボス。サクラバクシンオー産駒だけに、1200メートルは当然、守備範囲だろう。ただ、休み明けは少し割り引き。また、6月のCBC賞を高指数で勝っているマジンプロスパーを連下の筆頭に取りたいところだが、グランプリボス同様、休み明けは割り引き。
 順調さではドリームバレンチノ、サクラゴスペル、フォーエバーマークの前残り、差し脚のあるサンカルロ、サドンストームなどがロードカナロアの連下候補になりそうだ。忘れた頃に追い込んできそうなスギノエンデバーとシルクフォーチュンが浮上してくると高配当もありそう。

 シリウスSは、07年から阪神ダート2000メートルのハンデ戦になったが、過去6年、まだトップハンデ馬が勝ったことがない。今年は58.5キロを背負うグランドシチーがトップハンデ馬だが、今年も苦しいかもしれない。
 先行して差し脚のあるグラッツィア、ナイスミーチュー、マルカプレジオ、ケイアイレオーネ、サトノプリンシパル、ハートビートソングなどが有力だろう。

(シリウスS)1着    2着    3着
07年    -     B     DXc
08年    -      Xa   -
09年    B      Zb   -
10年     Z    B d   -
11年    -     DXa    Yb
12年    -     CXa   C

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第916回切れる脚 | トップページ | 第918回ヒーロー伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58270013

この記事へのトラックバック一覧です: 第917回ロードカナロアが中心:

« 第916回切れる脚 | トップページ | 第918回ヒーロー伝説 »