« 第917回ロードカナロアが中心 | トップページ | 第919回秋競馬に有力馬も続々 »

2013年10月 1日 (火)

第918回ヒーロー伝説

201309290611
201309280911

 4コーナーから直線に向くところ、馬群に包まれていたロードカナロアの前がすっと開いた。「どうぞ、ここを通ってください」と示されたコースのようで、岩田騎手がすかさず追い出しにかかかる。逃げるハクサンムーンが、まだ先頭で頑張っている。しかし、直線の急坂を上がるとロートカナロアの勢いがまさり、ゴール版の前では1馬身近く抜け出していた。「世界のロードカナロア!!、世界のロードカナロア!!」の大絶叫放送が、秋の空に吸い込まれていく。
 もし、直線に向く所で、サクラゴスペルが内に進路を変えず、また、外にいたマイネルエテルネルが馬体を合わせてきたらどうだっただろう。直線で包まれたまま、ロードカナロアの追い出すタイミングも少しは遅れただろう。とすると、ハクサンムーンにもチャンスがあったかもしれない。
 しかし結果は、ロードカナロアが、着差以上に、断然に、強かった。
 これから後々まで、「ロードカナロアは強かったんだ」と語れる楽しみをもたらしてくれたヒーローの誕生だ。運も味方にできなければ、ヒーローにはなれない。
 2着は2番人気のハクサンムーン、3着に15番人気のマヤノリュウジンが入って3連単は2万8020円。少し取りにくい馬券になってしまった。

 阪神のシリウスSは、07年からダート2000メートルのハンデ戦になったが、過去6年、まだトップハンデ馬が勝ったことがない。今年も勝ったのは53キロの軽ハンデ馬ケイアイレオーネで、軽量を生かし、後方から一気の追い込みを決めた。2着は57.5キロのナイスミーチュー。トップハンデ58.5キロを背負ったグランドシチーは3着までだった。

 今週からいよいよ、東京と京都の開催が始まって、秋競馬も本番。
 日曜日の夜にはフランスの凱旋門賞もある。オルフェーヴル、キズナが凱旋門賞のタイトルを取ったら、日本の秋競馬も一層、盛り上がるだろう。

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第917回ロードカナロアが中心 | トップページ | 第919回秋競馬に有力馬も続々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58301629

この記事へのトラックバック一覧です: 第918回ヒーロー伝説:

« 第917回ロードカナロアが中心 | トップページ | 第919回秋競馬に有力馬も続々 »