« 第918回ヒーロー伝説 | トップページ | 第920回どうしたゴールドシップ »

2013年10月 3日 (木)

第919回秋競馬に有力馬も続々

 今週から東京、京都、新潟に開催が移る。
 毎日王冠は、前走指数の上位馬が強い傾向だが、近年は3歳馬の活躍が目立ち、ランク外でも3歳馬には要注意だ。

(毎日王冠) 1着    2着    3着
03年     Xb   D c    Ya
04年    BXa   A a   C d
05年     Z    C d   -
06年      b   C d   C
07年    -     B      Yc
08年     Zc   A      Xa
09年    B       d   -
10年      d   D     CXc
11年     Xc   C     D
12年    -     -     D

 今年の指数上位はショウナンマイティ、ダークシャドウ、コディーノ、ミッキードリーム、エイシンフラッシュ、タッチミーノットなど。
 毎日王冠の過去10年の勝ち馬は、前走で安田記念や宝塚記念、ダービーなど、G1戦に出走していた馬か、条件戦であっても、勝ってきた馬たちだった。今年のG1出走組は安田記念2着のショウナンマイティ、同6着のダークシャドウ、ダービー9着のコディーノ、香港のクイーンエリザベスⅡ世Cで3着のエイシンフラッシュの4頭だ。さらに前走で勝っているのはレッドスパーダ、クラレント、エキストラエンドの3頭。勝ち馬の条件を備えているのは上記の7頭だろう。
 常識的に考えるなら、安田記念で2着のショウナンマイティが中心になるのだろう。安田記念ではロードカナロアと差のないレースをしており、上がりタイムでは出走メンバー中最速の32秒8を記録している。当然、上がり指数の高さは、今回のメンバーでは1頭だけ抜きんでており、差し脚比べなら負けないだろう。
 ただ、毎日王冠は比較的先行馬が活躍するレースで、ペースも落ち着く傾向だ。今年も後方一気の脚が生きる展開にはなりにくいのではないか。陣営の目標も、次走の天皇賞にあるはずで、「ここは叩き台」と考えるのが妥当だろう。
 また、先行力のあるエイシンフラッシュも1800メートルでは距離が短いはずで、58キロの負担重量も気になる。
 とすると、近年は負担重量で楽な3歳馬が3年連続で連対しており、唯一の3歳馬コディーノにもチャンスがあるだろう。なにより、54キロの負担重量は軽量だし、東京の1800メートルは東スポ杯2歳Sでレコード勝ちした舞台で、距離も合うはず。切れる脚はないだけに、先行力を生かした積極的なレース運びになるはずで、展開も味方するのではないか。

 京都大賞典も、指数の上位馬たちが強い傾向。特に平均指数上位馬が10年連続で連対しており、連軸の中心に推せそうだ。
 今年の平均指数上位馬はゴールドシップ、ヒットザターゲット、トーセンラー、アドマイヤラクティなど。他にエクスペディション、ヴィルシーナなどが、前走指数の上位馬たちだ。
 実績では、皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念と、4つのG1を勝っているゴールドシップが圧倒的だ。休み明けも苦にしないし、調教も万全の様子だ。
 オルフェーヴル、キズナがフランス凱旋門賞に向かって不在なだけに、ここで味噌をつけるわけにはいかない。
 相手の筆頭に取りたいのは、鋭い瞬発力のあるエクスペディション、ヒットザターゲットなど。

(京都大賞典)1着    2着    3着
03年    AXa   AYa   -
04年     Xb   AZb   D
05年    B a    Xa   A
06年    D d    Ya   C
07年     Z    B b   -
08年    -     B b   DYa
09年    -     A c   -
10年    B     AXa   -
11年    AXa   C      Zb
12年      a    Z    B a

  デイリー杯2歳Sは、ホウライアキコ、ネロ、ピークトラム、ジャックトマメノキ、モズハツコイなどが指数の上位馬だ。
 マイルの距離が合えば、高指数で1200メートル戦を連勝しているホウライアキコが中心になりそう。前走は渋った馬場の小倉2歳Sを圧勝して、スタミナのあるところも見せた。マイルまでならこなせるのではないか。
 差し脚が鋭いライザン、モズハツコイ、プライマリーコード、ピークトラムなどが逆転候補だろう。

(デイリー杯2歳S)
       1着    2着    3着
03年    AXa     d   -
04年    -     A a   -
05年    -     -     A a
06年    -     AXa    Yd
07年      b   B a     d
08年    B a   CXc   -
09年    A a    Yb   -
10年    -     -      Xb
11年      d   DX    -
12年    -     A c   A b
(スローペース調整値-20/-10)

 2月5日、中京競馬場の基準タイムを「27版-2」に更新いたしました。この基準タイム更新に伴い、本年1月開催分の中京競馬の馬場指数も変更していますので、ご注意ください。基準タイム更新分のご購入はこちら

|

« 第918回ヒーロー伝説 | トップページ | 第920回どうしたゴールドシップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58313913

この記事へのトラックバック一覧です: 第919回秋競馬に有力馬も続々:

« 第918回ヒーロー伝説 | トップページ | 第920回どうしたゴールドシップ »