« 第930回牝馬G1を3勝も | トップページ | 第932回トーセンラーの適性 »

2013年11月14日 (木)

第931回ダノンシャークに期待

 マイルチャンピオンシップは、過去10年で7連対している前走指数上位馬や、過去に高い指数のあるXYZ馬の連対率が比較的高い傾向だ。1番人気馬も過去7年で見ると3勝、2着3回と安定している。

(マイルCS)1着    2着    3着
03年    D     -     C
04年    DYb   B      X
05年    -      X    A
06年    BXa   C c   CZ
07年    DX    -      Yd
08年    -     CZc   CXa
09年    AXa   -     外
10年      c   -     -
11年    -     -     A a
12年    A d   DX    -

 今年は、サダムパテック、カレンブラックヒル、トーセンラー、ダイワマッジョーレ、サクラゴスペルなどの前走指数が高く、過去の指数や平均指数などでダノンシャーク、グランプリボス、ダークシャドウ、サンレイレーザーなどが上がってくる。
 毎日王冠や富士S、府中牝馬Sなど、前走、超スローペースのレースが多く、このマイルチャンピオンシップもペースは上がりそうにない。逃げるのはガルボ、コパノリチャード、クラレントなどだろう。いずれにしてもペースはゆるむ。スローペースで差し脚比べになるのなら、先行して長く良い脚を使える馬たちに有利だ。
 先行力があり、差し脚も鋭く、マイルの距離適性、さらに近走の好調さから、ここはダノンシャークが最有力だろう。この春は読売マイラーズC3着のあと、安田記念で3着。休み明けの京成杯AH2着を経て、前走、富士Sを勝った。富士Sはスローペースのため指数は高く出なかったが、他のマイル戦の指数は高く安定しており、瞬発力も鋭い数値を示している。安田記念で負けたロードカナロア、ショウナンマイティが不在だけに、新マイル王の称号はダノンシャークがもっとも近い。京都は(3422)と得意コース。連軸の中心に推せるだろう。
 逆転候補の筆頭はサダムパテック。昨年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬だ。今年の春は前に行けず、良いところがなかったが、前走のスワンSは中段から長く良い脚を使って3着に好走している。復調していればチャンスもあるはずだ。
 他に長く良い脚を使えるという点からダイワマッジョーレ、トーセンラー、レッドオーヴァル、マイネイサベルなどに注目したい

 東京スポーツ杯2歳Sは芝の1800メートル戦。指数上位はリターンラルク、キーンソード、ワンアンドオンリー、オールステイ、イスラボニータ、ハイアーレートなど。
 距離を考えてもスローペースが基本で、上がりの脚があるラングレー、クラリティシチー、ウインマーレライ、ワンアンドオンリー、リターンラルク、イスラボニータ、アルテなどが中心になりそうだ。スローペースの対応力があり、先行力もあるラングレー、ウインマーレライが有力だろう。

(東スポ杯2歳S)
       1着    2着    3着
03年      d   -      Y
04年    DZ    A a   DXc
05年    B      Xb   -
06年    -     C     DZ
07年    -     C     -
08年    -     C     -
09年    -     B       c
10年    A a   -     -
11年    D     -     -
12年    B b   -     -
(スローペース調整-20/-10)

 ハンデ戦の福島記念は人気薄馬の台頭で波乱のレースが多い。指数上は10年のうち8年で連対する前走指数上位馬が連軸向きといえそう。
 今年は、マイネルラクリマ、セイクリッドバレー、アップルジャック、カワキタフウジン、トランスワープなどが前走指数の上位馬で、過去指数、平均指数などではダイワファルコン、コスモファントム、ラブイズブーシェなども指数上位だ。
 指数の高さと安定感、重賞実績ではマイネルラクリマが断然だが、ハンデは58キロとかなり厳しい。ダイワファルコンも57.5キロを背負っており、春先の好調さと比べると近走はレース内容も低調だし、トランスワープやセイクリッドバレーは休み明けで、手を出しにくい。
 軽ハンデとは言わないまでも、好調さが目につくのはディサイファだ。今年の春以降、6戦して4勝、2着2回。500万条件からオープン馬に出世した。55キロの重量は差し脚を使うのに不利にはならないハンデだろう。

(福島記念) 1着    2着    3着
03年    -     D a   BXc
04年    -     D     -
05年     Zb   -      Z
06年    BZ    AZb     c
07年    -     -     -
08年    -     C      Zc
09年    C     -     D
10年    -     A     BXa
11年(新) A a    Ya   -
12年    B b   -     -

|

« 第930回牝馬G1を3勝も | トップページ | 第932回トーセンラーの適性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58574933

この記事へのトラックバック一覧です: 第931回ダノンシャークに期待:

« 第930回牝馬G1を3勝も | トップページ | 第932回トーセンラーの適性 »