« 第932回トーセンラーの適性 | トップページ | 第934回遅すぎJC »

2013年11月21日 (木)

第933回日本馬が強いJC

 今年で33回目のジャパンカップ。国際競走とはいえ最近は圧倒的に日本馬が強い。過去10年、日本馬が9勝をあげ、日本馬の中で最も人気上位だった馬は(4330)と、すべて3着内の好成績だ。外国馬で勝ったのは05年のアルカセットだけ、3着内にひろげても他に1頭いるだけだ。
 スピード指数上は、前走指数最上位のA馬が5年連続で連対中。過去10年、前走指数の上位馬が9年で連軸の中心になっており、ジャパンカップは前走の調子が生きるレースだろう。一方、指数ランク外で上位に食い込んだのはほとんどが3歳馬で、指数ランク外で3着内に入線した古馬は、08年の勝ち馬スクリーンヒーロー、11年の3着馬ジャガーメイルだけだった。古馬の場合は指数上位であることが上位の条件で、連軸の中心は、人気上位の日本馬で、指数でも上位にある馬だ。

(JC)   1着    2着    3着
03年     Yb   -(3歳) AYd
04年    AYa    Z    D
05年    外     DZ    BXa
06年    DXa   -(3歳) A b
07年    CXc   BZb   AXa
08年    -     A c   A
09年    A     C     -(3歳)
10年    -(3歳) A b   -(3歳)
11年    CZ    A c   -
12年    -(3歳) A a   DYb

 今年の前走指数上位馬はジェンティルドンナ、エイシンフラッシュ、アンコイルド、ナカヤマナイトなど。他に過去の指数でゴールドシップ、アドマイヤラクティがピックアップできる。ランク外でも3歳馬デニムアンドルビーの名もあげておこう。
 連軸の中心になる指数上位の人気馬というと、ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、エイシンフラッシュなどだろう。
 以前のジャパンカップは、道中のペースが非常に厳しいのが特徴で、勝ち馬の上がりタイムも35秒台が標準的だった。しかし、最近はペースが落ち着く傾向で、スローペース気味の流れが多くなってきている。その分、鋭い上がりの脚が問われ、昨年の勝ち馬ジェンティルドンナの上がりタイムは32秒8だった。ペースがスローペース気味になることで、負担重量が軽い3歳馬や牝馬が台頭する傾向も強くなっている。最近の5年間で負担重量が軽い3歳馬や牝馬が4勝しているが、それも偶然ではないだろう。
 今年も強力な逃げ馬や先行馬が不在で、ペースが上がらないとしたら、鋭い瞬発力は必須条件だ。鋭い上がりの脚があるのは、デニムアンドルビー、エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナ、ヴィルシーナ、ホッコーブレーヴなどだ。なかでも、前走、天皇賞で2着のジェンティルドンナ、3着のエイシンフラッシュが前走指数も高く、連軸の中心になるのではないか。両者の比較では、前走指数が最上位で負担重量も楽な牝馬のジェンティルドンナが有利のようにみえるが、天皇賞では、直線の勝負所で包まれて仕掛けが遅れたエイシンフラッシュも指数上は2しか差がない。包まれてなかなか外に出せなかった不利を考えれば、巻き返しがあるのではないか。

 芝1200メートルの京阪杯は、指数上位馬の活躍が目立つレースだ。
 今年の指数上位はマヤノリュウジン、スギノエンデバー、サドンストーム、アースソニック、ラトルスネーク、アドマイヤセプター、エピセアロームなど。
 先行力があり、直線の瞬発力も鋭いのはマヤノリュウジンだ。前走G1スプリンターズSでの3着はフロックではないだろう。ここもペースは平均的な流れになりそうで、先行力を生かしたレースができるはず。
 逆転候補は後方一気の切れる差し脚があるラトルスネーク。差し脚だけならプレイズエターナル、オセアニアボスも切れる。

(京阪杯)  1着    2着    3着
06年    -     A c   B
07年    AXb    Ya   A
08年    D     A b   A c
09年     Y    -     D
10年    AZa   BXb   外
11年    B     -     B
12年    -     D       d

|

« 第932回トーセンラーの適性 | トップページ | 第934回遅すぎJC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58618073

この記事へのトラックバック一覧です: 第933回日本馬が強いJC:

« 第932回トーセンラーの適性 | トップページ | 第934回遅すぎJC »