« 第934回遅すぎJC | トップページ | 第936回遅咲きの5歳馬 »

2013年11月28日 (木)

第935回ホッコータルマエ中心

 国際招待競走として14年目を迎えたジャパンCダートは今年が最後になった。来年からはチャンピオンズCと名称を変えて中京競馬場で行われ、国内のダート最高峰のレースを目指すようだ。国際招待競走といっても外国馬がそろわないのでは、カンバン倒れで、やむを得ない流れだろう。最後になった今年は、アメリカからパンツオンファイアが参戦してきたが、余り評価は高くないようだ。
 ダート戦だけに、指数上は圧倒的に指数上位馬が強く、なかでも前走指数の上位馬や平均指数上位馬の連対率が高い傾向が続く。

(JCD)  1着    2着    3着
03年東京  外     A     -
04年東京  BZb   DXa   A
05年東京  A     C a    Y
06年東京  -     AXa   -
07年東京   Z      b   AZa
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
08年阪神   Z    C     AX
09年阪神  B c   C     -
10年阪神  BYc   -      Yc
11年阪神  AZb   D d   AXa
12年阪神  B     -     -
(ランクは公営、海外のレースを減戦して集計)

 今年はホッコータルマエ、ニホンピロアワーズ、エスポワールシチー、ワンダーアキュート、ローマンレジェンド、テスタマッタなどが指数の上位馬だ。
 なかでも注目はホッコータルマエだろう。3歳で挑んだ昨年のJCDは、先行して3着に粘った。その後もダート重賞に参戦して好結果を残し、今年は8戦6勝、G1戦も4戦3勝とダート界の主役に躍り出た。当然、絶好調、勢いもある。唯一2着だったのは、休み明けだった南部杯のマイル戦だけで、ダート1800メートルとそれ以上の距離では、今年2月以降負けがない。1800メートルの距離適性は最も高いだろう。レース内容でも、先行して早め先頭に立ち、そのまま押し切る強いレースぶりで、死角が見えない。
 ワンダーアキュート、エスポワールシチー、ローマンレジェンド、ニホンピロアワーズ、テスタマッタなどの古豪も変わらず元気だが、すでに決着のついた相手のはずで、逆転は考えにくい。
 気になるのは武蔵野Sを勝って連勝中のベルシャザールや、ブライトライン、インカンテーションなどのみやこS組。みやこSが新設された10年以降、毎年みやこS組が連対しており要注意だ。それでもホッコータルマエの勢いに優る馬はここにはいないはず。ホッコータルマエの中心は不動だろう。

 芝3600メートルのマラソンレース・ステイヤーズSは、平均指数や前走指数の上位馬が中心。今年はコスモロビン、デスペラード、エックスマーク、マイネルキッツ、トウカイトリックなどが指数の上位馬だ。
 4コーナーで先行集団につけていなければ、上位に食い込むことは難しいようで、先行力が生きるレースだ。指数上位馬で、長距離の先行力は、デスペラード、マイネルキッツ、トウカイトリック、ユニバーサルバンクなどがよいが、上がりの脚も兼ね備えているのはデスペラードだろう。昨年は3着だったが、阪神大賞典でゴールドシップの2着もあり、この距離はあうはず。
 ただ、近年は波乱の傾向が強く、ここ3年は1番人気が3着にも絡めない。ここは人気になりそうなデスペラードよりも、長く良い脚を使えるエックスマークやサイモントルナーレ、フェデラルホールなどを軸に攻める手もありそうだ。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
03年    -     -     CYa
04年     Xa    Zc   -
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C
07年      d   CYc   DZa
08年      d   A      Yb
09年    A     -       d
10年    D     BYc   AXa
11年     Ya   A     -
12年    D a   -     -

 1昨年まで5月に行われていた金鯱賞が、昨年から12月の開催に変わった。
 新中京の芝コースは差し馬に有利で、上がりの脚は必須条件だ。鋭い上がりの脚があるラブリーデイ、メイショウナルト、シャドウバンガード、トゥザグローリー、ウインバリアシオンなどの瞬発力に懸けたい。

(金鯱賞)  1着    2着    3着
12年    B a   -      Z

(お知らせ)来週12月2日より、「2014年版基準タイム(改訂28版)」の販売を開始いたします。有馬記念グッズの抽選もあります。今年もよろしくお願いいたします。

|

« 第934回遅すぎJC | トップページ | 第936回遅咲きの5歳馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58659970

この記事へのトラックバック一覧です: 第935回ホッコータルマエ中心:

« 第934回遅すぎJC | トップページ | 第936回遅咲きの5歳馬 »