« 第941回オルフェーヴル有終の美 | トップページ | 第943回頑張れ »

2013年12月25日 (水)

第942回オルフェーヴルに感激

201312220610
201312210911
201312230911

 締め切りの関係で今年も現場に立ち会えなかったのは残念だったが、文句なしに強いオルフェーヴルの最後の勇姿だった。有馬記念でのスピード指数を計算したら101という指数になった。しかしまだ、余力も十分にあっただろう。ナリタブライアンもディープインパクトも強かったが、オルフェーヴルの方が強いのではないか。

 勝てなかったが、2年連続凱旋門賞2着は世界に誇れる輝かしい実績だし、世界に認められた能力の証だ。ウインバリアシオンとの8馬身の差は、そのまま世界のレベルと国内のレベルの差だったといえるだろう。

 2着は4番人気ウインバリアシオン、3着は2番人気ゴールドシップ。3連単も5240円の配当で堅く収まったが、個人的には配当よりも感動の方がずっと大きかった。競馬はギャンブルでありながら、それ以外にも大きく広がる豊かなバックグラウンドがあり、それだけでも十分魅力的であることを、さらに知らされたレースになった。
 いまは、ディープインパクトの子供たちの活躍がめざましいが、3年後、オルフェーヴルの子供たちもきっと頑張ってくれるだろう。またひとつ、競馬の楽しみが増える。

 次の時代の新しいヒーローを目指すラジオNIKKEI杯2歳Sは、中段から伸びた7番人気のワンアンドオンリーが、直線、早めに先頭に立った8番人気アズマシャトルを交わして勝利を手にした。2着にアズマシャトルが残り、1番人気のサトノアラジンは最後に馬群を割って3着まで追い込んできた。指数上は(AXb-C-AZa)という組み合わせで、3連単は9万7270円と好配当になった。

 今年、最後の重賞になった阪神カップは、8番人気のリアルインパクトがゆるいペースに落として、そのまま逃げ切り勝ち。2年前の安田記念以来久々の勝利を手にした。2着も2番手でレースを進めた10番人気のガルボ、3着は5番手から伸びた7番人気のクラレント。結局、スローペースで前に行った馬たちの前残りで、中段や後方に位置していた馬たちは、追い込む瞬発力も使えないまま、ごちゃついた集団に包まれて出し所がないという馬も多かったようで、レースにならなかったようだ。3連単は32万円を超す高配当になった。

 さてさて、今年最後の競馬が終わると、一気に年の瀬の気分になる。
「年賀状どうしよう」、「大掃除もしないと」、「基準タイム送信してね」、「お正月のお飾りも頼むよ」、「仕事始めは4日からだからね」、あれやこれやと打ち合わせしながら、日々が過ぎていく。

 ありきたりですが、今年1年、いろいろありがとうございました。個人的には元気に暮らせて、まずまずの1年だったかな、と思います。

 来年開催分から、新基準タイムでスピード指数や馬場指数などを計算します。新基準タイムのお申し込みもよろしくお願いしますね。ダウンロード版の発売も本日25日から始まりました。ご購入はこちら
 有馬記念のプレゼントは1月の4日に抽選して、6日には発送する予定です。今しばらくお待ちください。

 「高田馬場日記」は年内の更新はこれが最後になります。年明けは、8日から。従って金杯の予想はありません。あしからず。

 それでは皆さん、お元気で、良いお年を!!
 来年もよろしくお願いいたします。

|

« 第941回オルフェーヴル有終の美 | トップページ | 第943回頑張れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58819280

この記事へのトラックバック一覧です: 第942回オルフェーヴルに感激:

« 第941回オルフェーヴル有終の美 | トップページ | 第943回頑張れ »