« 第936回遅咲きの5歳馬 | トップページ | 第938回ありがとう、ダイユウサク »

2013年12月 5日 (木)

第937回ホウライアキコに注目

 阪神ジュベナイルFは2歳牝馬のG1戦。前走指数の上位馬が毎年連対しており、圧倒的に有力のようだ。しかし、ランク上位馬同士で決着するわけではなく、スローペースで楽勝しているランク外の馬たちや、上がり指数の高い馬たちにも注意が必要なレースだ。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
06年    -     AX    BYa
07年    BZa   -     CY
08年    D       b   -
09年    -     A b   D b
10年    A a   -     DYd
11年    -     B     -
12年    B a   -     -
(スローペース調整は-20/-10)

 今年はホウライアキコ、フォーエバーモア、ハープスター、モズハツコイなどの前走指数が高く、最有力馬の候補になりそう。他にクリスマス、マーブルカテドラル、レッドリヴェールなども、過去の指数などでピックアップできる。
 成績上では、新馬勝ちの後、小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを勝って、3戦3勝のホウライアキコが最上位だ。スピード指数も世代を代表する高レベルにある。短距離血統といわれているヨハネスブルグ産駒だけに、マイルは疑問視されていたが、前走、デイリー杯2歳Sでは2番手からしっかりとした差し脚を使って圧勝。マイル戦でも能力の高いところを示した。
 阪神外回りのマイル戦で、スローペースは必至だが、ホウライアキコは、上がり指数だけをとってみると、スローペースに対応する上がり指数はないが、前走のマイル戦を見る限り、差し脚にも余力があり、ここでも先行して押し切ってしまうのではないか。
 ホウライアキコの相手は、上がり指数が高いハープスター、マジックタイム、レッドリヴェール、トーセンシルエット、マーブルカテドラル、フォーエバーモアなどが有力だ。
 なかでも断然の切れる脚はハープスターだ。前走の新潟2歳Sでは、最後方から32秒5の上がりの脚をつかって、ゴールは3馬身差をつけて圧勝。スピード指数も水準以上にあり、ゆったりとしたローテーションが良い方に出れば、圧勝劇もあるはず。
 マーブルカテドラルも差し脚に見所がある。比較的前々でレースができ、スローペースを生かして流れに乗れるはずで、展開が向くのではないか。

 中山ダート1200メートルのカペラSは今年で6回目のまだ新しい重賞だ。
 過去5年分とはいえ、前走指数の上位馬が毎年連対しており、ダート短距離戦の特徴が現れている。セイクリムズン、マルカバッケン、スリーボストン、スノードラゴン、シルクフォーチュン、ノーザンリバーなどが、今年の前走指数上位馬たちだ。
 指数上位馬で先行力のあるのはスリーボストン、セイクリムズン、マルカバッケン、スノードラゴンなどが、また、上がりの脚ではノーザンリバー、スイートジュエリー、シルクフォーチュンなどが上がってくる。
 ここは力のいるダートが合うスリーボストンの先行力を上位に評価したい。

(カペラS) 1着    2着    3着
08年    D c   -     -
09年     Zd   D d   -
10年    A a   -     B b
11年    -     B     -
12年     Za   B c   -
(公営競馬成績は減戦処理しています)

 朝日チャレンジカップは、昨年から1800メートルのハンデ戦に衣替えして、この時期の開催になった。
 指数上位はタマモベストプレイ、マイネルラクリマ、カワキタフウジン、ヒストリカル、テイエムイナズマ、フェデラリストなど。
 超スローペースの上がりの脚はハナズゴール、アルキメデスが鋭いが、そこまでの超スローペースはないとすると、ラウンドワールド、マックスドリーム、コアレスドラードに向く流れになるのだろうか。
 先行馬の前残りならマイネルラクリマ、ダノンプログラマー、ゴットフリートが有力だろう。

(朝日チャレンジカップ)
       1着    2着    3着
12年    -     C     -

(お知らせ)12月2日より、「新基準タイム28版」の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントもあります。  お申し込みはこちらから。お早めにお申し込みください。

|

« 第936回遅咲きの5歳馬 | トップページ | 第938回ありがとう、ダイユウサク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/58702969

この記事へのトラックバック一覧です: 第937回ホウライアキコに注目:

« 第936回遅咲きの5歳馬 | トップページ | 第938回ありがとう、ダイユウサク »