« 第970回切れたハープスター | トップページ | 第972回完璧だったイスラボニータ »

2014年4月17日 (木)

第971回混戦の皐月賞

 今年の皐月賞は差のないメンバーが揃って混戦模様だ。
 過去10年の連対馬は、前走指数の上位ABC馬、過去に高指数があるXYZ馬などが連軸の中心になっているが、ランク外の馬も上位に食い込んでおり、スローペースで指数を下げている人気上位馬は押さえておく必要がある。

(皐月賞)  1着    2着    3着
04年    B c   -     -
05年    -     D c   -
06年     Zc   -     -
07年    -      Z    -
08年     Za    Zd   -
09年     Z    A     -
10年     Z    A     -
11年(東京)C b   -     -
12年    -      Y    B
13年    AYa     c   BY
(スローペース調整-15/-5)

 今年の前走指数上位はロサギガンティア、アジアエクスプレス、クラリティシチー、トゥザワールド、ワンアンドオンリーなど。過去の指数などでウインフルブルーム、タガノグランパ、キングズオブザサン、ステファノスなどが上がってくる。指数ランク外ではイスラボニータ、トーセンスターダム、ベルキャニオンも差のない有力馬だろう。
 指数上も差がないメンバー構成の上、重賞の勝ち馬も8頭がそろって、どの馬にもチャンスがある混戦の皐月賞といえそうだ。
 今年の前哨戦のペースはおおむね平均的だったが、それでも上がりの脚がしっかりとした馬が多いのが特徴。ある程度先行力があり、差し脚でも上位の馬を中心にとるべきだろう。
 上がり指数で上位はイスラボニータ、ベルキャニオン、スズカデヴィアスなど。スタミナのある先行力にウェイトを置くとロサギガンティア、アジアエクスプレス、クラリティシチー、トゥザワールドなども有力馬として上がってくる。
 注目したいのは、先行力があり、上がりの脚でも最上位のイスラボニータだ。イスラボニータはここまで5戦4勝。唯一負けたのが新潟2歳Sで、先週の桜花賞を勝ったハープスターだけだ。近走は3、4番手で先行、長く良い脚を使って、東スポ杯2歳S、共同通信杯と重賞を連勝してきた。中山は初コースで、距離の2000メートルも初。前走はスローペースだったこともあり、ペースが上がった時に対応できるかどうかも少し気になるが、長く使える上がりの脚はもっとも魅力的だ。
 スタミナのいる馬場が続いていた中山の芝コースは、先週、例年並みの馬場に戻ったようだが、それでも中山コースではスタミナは重要な要素だ。今年の皐月賞もスタミナのある先行馬に向くとすると、ロサギガンティア、アジアエクスプレス、クラリティシチー、トゥザワールドなどが有力馬として上がってくる。
 なかでも、5戦4勝のトゥザワールドが実績と距離適性などで最上位だろう。前走は中山2000メートルの弥生賞を中段から差し切って勝った。向正面から動き出し、直線は大外から早めに先頭に立って押し切りを計るところ、2着馬ワンアンドオンリーにハナ差まで迫られたが、メンバー中、もっとも苦しいレースだったはずで、着差以上の価値がある。2000メートル戦の上がりの脚は最上位で、スタミナもあり、馬場と距離適性ではイスラボニータをしのぐだろう。
 先行馬の前残りで浮上してきそうなのが、ロサギガンティア、アジアエクスプレス、クラリティシチーなどのスプリングS組。2着だったアジアエクスプレスの巻き返しがあるかもしれない。

 ダートの重賞アンタレスSは、2年前から阪神での開催になった。
 今年はナムラビクター、トウショウフリーク、ゴールスキー、ニホンピロアワーズ、グランドシチー、ソロルなどが指数の上位馬。
 スタミナのある馬が多く、先行して粘り込む馬が中心になりそうだ。有力な連軸候補はナムラビクター、ニホンピロアワーズ、ソロル、トウショウフリークなどだろう。なかでも、安定した指数の高さと重賞の実績からニホンピロアワーズが上位。また、前走、重賞を勝った4歳馬のソロルからの組み立てが常識的だろうか。
 個人的な期待でいうと、前走、オープン戦ながら、4馬身差の圧勝劇を見せたナムラビクターが面白い存在に見える。

(アンタレスS)
       1着    2着    3着
04年(京) DXb   B     -
05年(京)  CZd   -     -
06年(京) -     AZb   BXa
07年(京)   c   D      Xc
08年(京) B a    Y    AZc
09年(京)  X    B d     b
10年(京) -     -     B a
11年(京) -     BZc   CYc
12年    AX    -     CYa
13年     Xc   AYa   -
(地方競馬のレースは減戦して集計)

|

« 第970回切れたハープスター | トップページ | 第972回完璧だったイスラボニータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59485048

この記事へのトラックバック一覧です: 第971回混戦の皐月賞:

« 第970回切れたハープスター | トップページ | 第972回完璧だったイスラボニータ »