« 第974回競馬の季節 | トップページ | 第976回距離適性 »

2014年5月 1日 (木)

第975回人気馬集結

 今年の春の天皇賞は人気馬が揃って、豪華なメンバー構成になった。
 2000年以降、過去14年の連対馬を見ると、平均指数上位のabcd馬が12年で連対しているのが目につく。また、前走指数上位馬は過去14年のうち10年で連対、過去の指数上位馬も10年で連対している。世代別では4歳馬が8勝、2着5回と好走しており、指数上位の4歳馬が連軸向きといえるだろうか。

(天皇賞)  1着    2着    3着
00年    AXa     d   BZ
01年    DYb   D c   AYc
02年    -     DYb   CXa
03年    D      Yd   -
04年     Xb   -     CXa
05年    -     -     -
06年    AZ    BXa   -
07年    -     -      Yb
08年    -     BXb   A
09年    C     B b   AYb
10年    -     AYb   -
11年    B b   A a   C
12年    -      Xa    Zd
13年    DYc   D     -

 今年の前走指数上位馬は、レッドカドー、ゴールドシップ、タニノエポレット、キズナなどだ。他に、過去の指数や平均指数で、フェノーメノ、ウインバリアシオン、ジャガーメイル、サトノノブレスなども有力馬として上がってくる。
 注目は皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念を勝ち、G1を4勝しているゴールドシップ。昨年のダービーを勝って凱旋門賞でも4着だったキズナ。昨年の春の天皇賞を勝っているフェノーメノ。あのオルフェーヴルに次いで、ダービー2着、菊花賞2着、有馬記念2着のウインバリアシオンなどだろう。ともに指数上位で、さらに人気もある実績上位馬といえそう。4強の取捨こそが今年の天皇賞のテーマだろう。
 最近の春の天皇賞は、上がりの脚で上位の馬たちが連軸の中心になっており、上がり指数で+15、悪くても10以上の水準はクリアしていなければならないようだ。この点からはキズナ、ヒットザターゲット、ゴールドシップ、ウインバリアシオン、デスペラードなどが上がってくるが、なかでも、上がり指数で少し抜けているのはキズナだ。
 キズナは昨年のダービー馬。その後、渡仏して、前哨戦のニエル賞を勝ち、凱旋門賞は4着だった。帰国後は有馬記念を自重して、前走、大阪杯を快勝した。常に、後方から大外一気の脚で追い込む戦法で、その直線のスピードで国内に優る馬はいないように思える。京都コースは馬場状態が良く、先週はまさに高速馬場といえる馬場状態だった。その馬場にあう絶対的なスピードという点でもキズナが中心になるのではないか。2400メートルまでの距離しか経験がないが、スタミナが問われるフランスの芝での戦いぶりを見る限り、スタミナや距離に不安はないだろう。
 キズナの相手筆頭に上がってくるのは先行力で優るゴールドシップだ。宝塚記念を勝った後、少し精彩を欠くレースが続いたが、前走は先行して圧勝。スタミナと距離適性では最上位だろう。逃げ馬不在だけに、ここはスローペースになりそうで、後方一気に徹するキズナに死角がないとはいえない。とすると、先行して差し脚も使えるゴールドシップの方に展開が向くかもしれない。また、先行力が生かせるという点からは、昨年の春天の勝ち馬フェノーメノにも流れが向くし、差し脚のあるウインバリアシオンにもチャンスはあるだろう。
 他に要注意馬は、先行して粘れそうなデスペラード、鋭い差し脚がある外国馬レッドカドー、距離の合いそうな菊花賞2着馬サトノノブレスなどだろう。

 青葉賞はダービーの優先出走権を争う。3歳重賞としては、意外と指数上位馬が苦戦しているように見える。
 今年の指数上位はマイネルフロスト、ナスノアオバ、ラングレー、ウインマーレライ、エイシンエルヴィン、ピオネロ、シャンパーニュなど。
  東京の2400戦だけに、スローペースは必至。スローペースの対応力があり、長く良い脚を使えるのは、マイネルフロスト、ワールドインパクト、ショウナンラグーン、ピオネロ、ラングレー、ファーガソン、ゴールドアクターなどだろう。なかでも軽いスピードのあるマイネルフロスト、ラングレーが中心になりそう。ともに前走、毎日杯を戦って1着、4着だったが指数差はわずかだった。スタミナもありそうで、2400の距離適性に期待したい。先行力のあるシャンパーニュやナスノアオバの前残り、休み明けの1勝馬アドミラルシップにも要注意だ。

(青葉賞)  1着    2着    3着
04年    B     B     DXa
05年     Ya   -     -
06年    AXa   B b   CZc
07年    C     -      Z
08年    A a   -      Xb
09年    -      Y     Z
10年    B a   -     -
11年    -     -     -
12年     Z    -     -
13年    -     -     -
(スローペース調整-15/-5)

|

« 第974回競馬の季節 | トップページ | 第976回距離適性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59565118

この記事へのトラックバック一覧です: 第975回人気馬集結:

« 第974回競馬の季節 | トップページ | 第976回距離適性 »