« 第978回ランクで高配当 | トップページ | 第980回厳しい経験 »

2014年5月15日 (木)

第979回好調6歳牝馬

 今年で9回目を迎える牝馬のG1ヴィクトリアマイル。これまでの勝ち馬はウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど、時代を築いてきた名牝が名を連ねる。1番人気は3勝、2着2回だが、そのうちウオッカ、ブエナビスタが各2回づつ、計4度1番人気となって、2勝、2着2回をあげている。2頭以外の1番人気馬が勝ったのは、昨年のヴィルシーナだけで、余程強い別格の牝馬なら別だが、波乱度の高いレースなのではないか。

(ヴィクトリアマイル)
       1着    2着    3着
06年     Xd   B c     d
07年    -     -     -
08年    -     B      Za
09年    CXa   -     -
10年     Xb   -     C c
11年    BYc   DXa   -
12年    A     -       Zc
13年    -     -     A d
(スローペース調整値-10/0)

 今年の前走指数上位馬はホエールキャプチャ、フーラブライド、ケイアイエレガント、キャトルフィーユなど。他に、過去の指数や平均指数でエクセラントカーヴ、スマートレイアー、デニムアンドルビー、ヴィルシーナなども上がってくる。
 実績を考えれば、1昨年のヴィクトリアマイルを勝って、昨年も2着だったホエールキャプチャ。昨年のオークス、秋華賞、エリザベス女王杯と牝馬のG1を3勝したメイショウマンボ。昨年のこのレースの勝ち馬のヴィルシーナなど。そのほかではオークス3着、ジャパンカップで2着だったデニムアンドルビー。高松宮記念で3着のストレイトガールなども実績上位といえるだろう。
 東京のマイル戦はスピードだけでなくスタミナも求められる。とすると、マイル以上の距離でもしっかりとした差し脚を使ってきた、ラキシス、ホエールキャプチャ、メイショウマンボ、デニムアンドルビー、ゴールデンナンバーなどが有力馬として上がってくるだろう。
 なかでも東京コースは(4111)、マイル戦は(4300)、東京のマイル戦に限ると(3100)と、コースと距離の適性が圧倒的に高いホエールキャプチャが最有力に思える。
 ホエールキャプチャの前走は休み明けの2月、マイルの東京新聞杯G3だったが、牡馬を相手に中段からきっちり差し切って圧勝。6歳にして、90という自己ベストの高指数を記録している。今が絶好調だろう。
 牝馬の場合、若さが他の条件よりもウェイトが高くなることも多い。事実このヴィクトリアマイルも過去8年、勝ち馬はすべて4、5歳馬だった。6歳馬ホエールキャプチャがそのジンクス、傾向を打ち破って、3年連続で連対を成し遂げられるかどうか。
 わたしは「できる」方にかけたいと思う。
 距離の問題はあるが、気になるのは高松宮記念で3着だったストレイトガールだ。函館や中京などで培われてきたスタミナや、長く使える差し脚を見る限り、距離が合わないからと無視する気にはらない。むしろマイルでも十分通用するのではないか。

 京王杯スプリングC。
 昨年は十数年ぶりに1番人気馬が勝ったが、元来、波乱の多いレースだ。指数上もランク外の馬たちが目立つ。今年の指数上位馬は、クラレント、コパノリチャード、アフォード、インパルスヒーロー、インプロヴァイズ、メイショウヤタロウ、サンディエゴシチーなど。
  先行力、底力があるのは4歳馬コパノリチャードだ。阪急杯を逃げ切り勝ちのあと、3番人気に推されたG1高松宮記念も2番手から直線抜け出して、ビッグタイトルを手にした。指数の高さと近走の安定感では抜けた存在だろう。ここではただ1頭58キロを背負うことになるが、成長の勢いがある4歳馬だけに、そのまま押し切ってしまうかもしれないが、叩き合いになったら、負担重量の点から少し苦しいかもしれない。
 前走、東京新聞杯で先行して粘って3着のクラレントの前残りも期待できるが、休み明けで、ここは次走へ向けてのたたき台の気配。
 先行馬に狙いが立たないなら、差し馬からの手だろう。上がりの脚が鋭いメイケイペガスター、シャイニープリンス、アミカブルナンバーなどが上がってくるが、1400戦の切れではアミカブルナンバー、メイケイペガスターが上位だろう。

(京王杯スプリングC)
       1着    2着    3着
04年      d    Xb   外
05年      b   -      Xa
06年    C c    Xb   BYa
07年     Zb   -     -
08年    BYb   -     AXa
09年    -     AYa   C
10年    -     BYc   A
11年    -     BYb    Zd
12年      a   -      C
13年    -     -     -

|

« 第978回ランクで高配当 | トップページ | 第980回厳しい経験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59647930

この記事へのトラックバック一覧です: 第979回好調6歳牝馬:

« 第978回ランクで高配当 | トップページ | 第980回厳しい経験 »