« 第977回逃げ切れるか | トップページ | 第979回好調6歳牝馬 »

2014年5月13日 (火)

第978回ランクで高配当

201405110511
201405100811
201405110411

 今週のNHKマイルカップは、1番人気のミッキーアイル(DYc)が逃げ切って勝った。しかし2、3着は横一線になって大混戦。写真判定は2着にタガノブルグ、3着にキングズオブザサンと上がった。ミッキーアイルがゴールしたところでは大歓声がわき上がったが、写真判定の結果が放送されると、一瞬静かになって、後はため息のまじった嘆き声が響いた。タガノブルグは指数上はB馬ながら18頭建ての17番人気、3着のキングズオブザサンもCZ馬だったが、12番人気と、ともに随分と評価が低くかった。1.9倍という圧倒的な1番人気馬ミッキーアイルが勝ったにもかかわらず、3連単は68万を超す高配当の決着になって、荒れるNHKマイルカップの傾向は今年も変わらなかったようだ。指数上は(DXc-B-CZ)というランク馬決着で比較的取りやすかったせいか「当たった!」という人も多かった。

 ミッキーアイルの逃げは平均ペース。後方から追い込んできたタガノブルグ、キングズオブザサン、ロサギガンティアが33秒台の上がりタイムで2、3、4着に上がってきたが、ミッキーアイルを追って先行したホウライアキコ、ダンツキャンサーも最後は馬群に飲まれたとはいえ、差のない5着、7着に粘っており、いくらかスローペース気味の流れだったのだろう。

 しかし、ペースはどうであれ、東京のマイルG1を逃げ切って勝ったのだから、クビ差とはいえ、ミッキーアイルの強さは、その着差以上の強さと、高く評価しても良いのではないか。強い逃げ馬がいると、競馬全体が盛り上がる。がんばれ、ミッキーアイル。

 京都新聞杯は、中段の後ろから追い込んだ3番人気ハギノハイブリッドが勝った。先行馬たちのペースが少し速かったのだろう、2着のサウンズオブアースも、3着のガリバルディも比較的後方にいた馬たちが差し脚を伸ばして上位を占める結果だった。3、8、5番人気の決着で、3連単は5万5130円の好配当。

 スローにならず、結果的に指数のレベルもまずまずの高さになったが、皐月賞組と比べると一枚落ちる水準のようだ。昨年はキズナがこの京都新聞杯を勝って、ダービー馬になったが、今年はどうだろうか。

 ハンデ戦の新潟大賞典は56キロのユールシンギングが1着、2着に55キロのマジェスティハーツ、3着に56.5キロのレッドレイヴン。3頭とも差し脚の良い4歳馬だった。こちらは3、2、1番人気順の入線で、3連単も7500円と堅い配当になった。

 昨日はワールドカップのメンバーも発表された。6月はサッカー一色だろう。その前に是非、ダービーも盛り上がってほしい。

|

« 第977回逃げ切れるか | トップページ | 第979回好調6歳牝馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59636779

この記事へのトラックバック一覧です: 第978回ランクで高配当:

« 第977回逃げ切れるか | トップページ | 第979回好調6歳牝馬 »