« 第976回距離適性 | トップページ | 第978回ランクで高配当 »

2014年5月 8日 (木)

第977回逃げ切れるか

 今週のNHKマイルカップは荒れる傾向が強い。3連単が発売された過去9年で、3連単の配当が10万円以下だったのは3度だけ。他の年は973万、238万、123万と超高配当も目白押しだ。
 3歳のG1戦だけに、指数上は前走指数の高いABCD馬や、過去の指数の上位馬XYZ馬などが有力だが、他の3歳G1と比べると、ランク外の馬が上位を占める割合が高いようにみえる。1番人気馬は過去10年で5勝、2着1回。10番人気以下の人気薄馬が高配当をもたらしており、要注意だ。

(NHKマイルC)
       1着    2着    3着
04年     Xa   BY    AYd
05年    AXa   B b   CXb
06年    -     D a   -
07年    -     AXc   -
08年    A a   B     -
09年    -     -     -
10年    -     C     A a
11年     X    -     -
12年    D      Zc   -
13年     Y    -     -
(スローペース調整-10/0)

 今年は、過去の指数で上位のロサギガンティア、ミッキーアイル、キングズオブザサンに加え、他に前走指数などでタガノブルグ、サトノルパン、エイシンブルズアイなどが上位にある。
 今年の注目は、逃げ切りでマイル戦を4勝しているミッキーアイルだ。スピードの違いでハナに立ち、後は押し切るレースが持ち味で、近走、シンザン記念、アーリントンCと重賞を連覇して、このNHKマイルCに臨む。
 しかし、2000年以降、NHKマイルCを逃げ切って勝ったのは一昨年のカレンブラックヒル1頭だけで、2着まで広げても01年にグラスエイコウオーがいるだけだ。東京のマイルはなかなか逃げ切るのが難しいようで、ミッキーアイルには厳しいデータにみえる。ただ、ミッキーアイルはスピードに任せてむやみに飛ばしているわけではなく、直線でも脚が残るようなペース配分は守っている。結果的に、上がり指数も高いというデータにつながっており、もし直線の叩き合いになったとしても、十分に持ちこたえられるのではないか。逆転があるとすると、鋭い上がりの脚があるロサギガンティア、サトノルパン、ショウナンワダチ、タガノブルグなどだろう。

 ダービーを目指す京都新聞杯は、A、B馬を中心に、前走指数の上位馬たちが強い傾向にある。
 今年の指数上位馬は、スズカデヴィアス、モーリス、アズマシャトル、オールステイ、リーゼントロック、ミヤビジャスパー、サウンズオブアースなど。重賞を勝っている馬は不在で、1、2勝馬ばかり。若干低調なメンバー構成といえそうだ。
 想定されるペースもスローペース必至で、先行して長く良い脚が使えるかどうかが問われるだろう。先行力と差し脚の点からは、スズカデヴィアス、シャドウダンサー、サウンズオブアース、ストロベリーキング、ブラックカイトなどが浮上してくる。
 皐月賞は力のいる中山の馬場が合わない上、先行できずレースにならなかったスズカデヴィアスの巻き返し、あるいはサウンズオブアースの鋭い瞬発力に期待できるのではないか。後方一気の脚ならモーリス、ミヤビジャスパーの差し脚も鋭い。

(京都新聞杯)1着    2着    3着
04年     Z    CYa   -
05年    -       d   AXa
06年     Yd    Xa   A c
07年    BYb   B c   -
08年    -     A b   -
09年    AXa   D       d
10年    AYc   CZb   B a
11年    -     AYa   B
12年    D     AXa     c
13年    BXa   -     -
(スローペース調整-15/-5)

 新潟はハンデ戦の新潟大賞典がメイン。指数上は前走指数の上位馬の連対率が高い。今年はマジェスティハーツ、レッドレイヴン、レインスティック、ケイアイチョウサンなどが前走指数の上位馬たちだ。
 トップハンデは57.5キロのナリタクリスタル、次いで57キロのエクスペディション、トランスワープと続く。トップハンデ馬が勝ったのは過去10年で1度だけ。それも56キロのハンデだった。トップハンデ以外でも、57キロを背負って勝った馬は1頭だけで、ここは57キロ以下の恵ハンデ馬が狙い目だろう。
 恵ハンデで差し脚の鋭いのは、ユールシンギング、レッドレイヴン、ケイアイチョウサン、レインスティックなどだが、先行力もある4歳馬レッドレイヴンが連軸の中心になりそうだ。

(新潟大賞典)1着    2着    3着
04年    A b   B     -
05年    A c    Xa   B
06年    -     CYb   -
07年      c   -     -
08年    -     C     -
09年    D     -     B c
10年    A b    Zd     a
11年    -     -     CXb
12年    B     -       b
13年    C     A     -

|

« 第976回距離適性 | トップページ | 第978回ランクで高配当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59607765

この記事へのトラックバック一覧です: 第977回逃げ切れるか:

« 第976回距離適性 | トップページ | 第978回ランクで高配当 »