« 第990回人気馬大敗 | トップページ | 第992回馬場適性 »

2014年6月26日 (木)

第991回波乱含み

 宝塚記念は、過去10年のうち8年で連対している平均指数上位馬と、同じく8年で連対している前走指数の上位馬たちが中心になっている。ただ、指数ランク馬同士での1、2着決着は、過去10年で2度だけ。指数が低くても要注意の馬が多いということだ。前走、春の天皇賞組は4勝、2着5回。天皇賞組が連対もできなかったのは10年の内2回だけで、連軸候補は春の天皇賞組から取るのがセオリーだろうか。1番人気馬は3勝、2着3回。牝馬は1勝、2着2回。

(宝塚記念) 1着    2着    3着
04年    AXb    Za   -
05年    B     -     AXa
06年(京都)A a   -      Z
07年    -     A a   -
08年    -     A a   -
09年    C a     d    X
10年    -      Yb   -
11年    -     A      Xa
12年     Zb   -     -
13年    CXa   -     -

 今年は、ジェンティルドンナ、ウインバリアシオン、ホッコーブレーヴ、ゴールドシップの平均指数が上位で、他に前走指数上位馬としてヴィルシーナ、フェイムゲームの名前も上がってくる。
 ファン投票ではゴールドシップがトップに推された。ゴールドシップは昨年の宝塚記念を2番人気で勝った後、京都大賞典、ジャパンカップ、有馬記念で、5、15、3着と、乗り切れないレースが続いたが、2走前の阪神大賞典を2番手で先行するレースで大勝。前走の天皇賞ではスタート時のいらだちが影響して、最後方から追い込んだものの7着に負けたが、陣営のコメントを読む限り、状態に不安はないようだ。ゴールドシップは阪神コースで(4100)と、抜群の適性の高さを誇っている。前走の敗因も京都の高速馬場に対する適性不足と見ることもでき、逆に、週末の雨が恵みになるかもしれない。スタミナだけでなく上がりの脚もしっかりとしており、ゴールドシップ本来の能力が出せれば、ここでも最有力馬に違いないだろう。もちろん、気分屋の悪癖が出なければのことだが、少し気に掛かる。
 近走の安定感ではウインバリアシオンの方が上位だろう。1年半の長期休養明けから4戦して1勝、2着2回。有馬記念はオルフェーヴルの2着、前走の春の天皇賞では勝ったフェノーメノと差のない2着と、相変わらず運に恵まれず2着が多いが、指数上では最上位の1頭だ。念願のG1初制覇にも手が届くところにあるはずで、心情的にはオルフェーヴルの2着続きだったウインバリアシオンに、悲願を達成してほしいと願っているが、「運」はどうだろうか。
 牝馬ではジェンティルドンナだ。秋の天皇賞2着後、ジャパンカップを連覇。2走前の京都記念の6着はふがいないレースだったが、前走はドバイシーマクラシックで、前が壁になりながらも、外に持ち出して勝利をもぎ取った。ここはハイペースはないはずで、先行してレースができる分、不利も少なく、もちまえの勝負強さが生きるのではないか。
 上記3頭が連軸の有力候補だが、どの馬も何か足りないものがありそうで、つけ込む余地もある気がしてならない。少なくとも3頭が1、2、3着独占ということはないだろう。
 先行して粘る脚があるのはカレンミロティック。鋭い上がりの脚では、デニムアンドルビー、メイショウマンボ、ホッコーブレーヴ、ヴェルデグリーンなどが上位。ホッコーブレーヴ以外は指数上はランク外の馬たちだが、あえて思い切った狙いでも良いかもしれない。

|

« 第990回人気馬大敗 | トップページ | 第992回馬場適性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/59880859

この記事へのトラックバック一覧です: 第991回波乱含み:

« 第990回人気馬大敗 | トップページ | 第992回馬場適性 »