« 第1008回恵量牝馬の夏 | トップページ | 第1010回自分の原点 »

2014年8月28日 (木)

第1009回指数上位の先行馬から

 札幌も残り2週になった。
 今週の重賞は、06年に創設された芝短距離のキーンランドCだ。
 指数上は過去8年、毎年連軸の中心になっているXYZ馬や平均指数の上位馬が有力だろう。前走指数の高い馬たちも好走しており、全体として指数上位たちが強い。

(キーンランドC)
       1着    2着    3着
06年    B d   BXb   A
07年    -     AZb   -
08年    -     BYd   AXa
09年     Xa   -     A
10年    A b   CXb   -
11年    B d    X     Yd
12年      c   AXa   BZ
13年(函館)A      Yb   -
(公営競馬の成績は減戦しています)

 今年は、過去の指数でスマートオリオン、サクラゴスペル、スノードラゴン、マジンプロスパーなどが上位。他に平均指数や前走指数で、サンカルロ、ブランダムール、ローブティサージュ、レッドオーヴァル、フクノドリームなどが上がってくる。
  キーンランドCは比較的先行馬が活躍することが多いが、今年の出走メンバーの中で先行力があり差し脚もあるのはスマートオリオンだろう。前走は3、4番手で先行、直線抜けだし、勝ったかと思う場面もあったが、外から一気に伸びてきたマヤノリュウジンにわずかに差し切られてしまった。負けたとはいえ、トップハンデだったことを考えても、上々の内容だったはず。洋芝の函館、札幌は4戦して2勝、2着1回と安定しており、最有力の1頭だろう。
 他の先行馬ではフォーエバーマーク、ブランダムールなどの前残りも有りそう。
 鋭い上がりの脚があるレッドオーヴァル、エイシンブルズアイ、フクノドリーム、ローブティサージュなどの一気差しにも要注意だ。

 新潟2歳Sは指数でランクのない馬たちが強い傾向。直線の長い新潟外回りのマイル戦だけに、前走、スローペースで鋭い脚をつかった馬たちが活躍する舞台となっているのだろう。
 上がりの脚の鋭さではナヴィオン、ミュゼスルタン、アヴニールマルシェ、ギンパリ、ディアコンチェルト、ブリクストなどが上位だ。なかでも新潟マイルの新馬戦で、スローペースで先行馬が叩き合うなか、最後方からただ1頭、全く違う脚色で駆け上がって差し切って勝ったナヴィオンの脚が魅力的だ。

(新潟2歳S)1着    2着    3着
04年    AXb   -     -
05年    -     C b   BYc
06年    -     -     AYb
07年     Zd   CYc   -
08年     Xd   -     A a
09年    -     -     A b
10年    -     CYd   -
11年    -     -     -
12年    -     -     -
13年    -     -     DXa
(スローペース調整-20/-10)

|

« 第1008回恵量牝馬の夏 | トップページ | 第1010回自分の原点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60223318

この記事へのトラックバック一覧です: 第1009回指数上位の先行馬から:

« 第1008回恵量牝馬の夏 | トップページ | 第1010回自分の原点 »