« 第1010回自分の原点 | トップページ | 第1012回波乱は2歳戦だった »

2014年9月 4日 (木)

第1011回波乱のハンデ戦

 今週の新潟記念は、過去10年、1番人気は10年前に2着が1回あるだけで、2番人気も1勝、2着1回のみ。上位人気馬の不振が目立つ。トップハンデ馬も1勝だけだ。3連単は06年から昨年まで、8年連続で10万円以上の高配当が続く波乱のハンデ戦だ。指数上は前走指数の上位馬が6勝を上げているが、2、3着はランク外の馬が多い。

(新潟記念) 1着    2着    3着
04年    DZb     d   B d
05年    -     BZd   D d
06年    A     C     BYb
07年    CYc   -     -
08年    -     DZc   -
09年    AYc   -     -
10年    C     -     -
11年      b   -      Zb
12年    B     -     -
13年    -      Zd   D d

 今年はマーティンボロ、メイショウナルト、ニューダイナスティ、コアレスドラードなどが前走指数の上位馬で、過去の指数ではラストインパクト、エックスマーク、レインスティック、ダコールが上位。他に、平均指数上位馬としてクランモンタナ、アドマイヤタイシも名前が上がってくる。
 ハンデは57.5キロのアスカクリチャン、メイショウナルト、ユールシンギングの3頭がトップハンデを背負う。
 過去の連対馬の傾向を見ると、軽いスピード上位で差し脚が決まりやすい新潟コースとはいえ、意外と先行馬が頑張っているのが分かる。その点からはメイショウナルトの逃げ粘りも想定しておく必要はあるが、やはりトップハンデ馬は苦しいのではないか。
 新潟記念はサマー2000シリーズ5戦目の最終戦。このシリーズが始まった06年以降、前走、シリーズを構成する七夕賞、小倉記念、函館記念に出走していた馬たちが連軸の中心になっている。苦戦続きのトップハンデ馬を除いて考えると、小倉記念2着のマーティンボロ、同4着のニューダイナスティ、函館記念3着のステラウインドなどが好調馬として上がってくる。
 3頭のなかで先行力があるのはステラウインドだろう。ステラウインドは新潟コース初参戦。前走は洋芝の函館記念で3着だったが、もともと東京コースに実績があり、同じ左回りでスピードの生かせる新潟コースは合うはず。2000メートルは(3112)と最適の距離だし、ハンデも54キロに恵まれて、重賞初制覇のチャンスは大きい。
 差し脚で良さそうなのはマーティンボロ。1600万条件、G3を連勝して、休み明けの前走は小倉記念で2着だった。指数も自己ベストを更新。重賞級のレベルに到達して、完全に軌道に乗った。スタミナも豊富で、ペースの対応力もありそうだ。ハンデも56キロなら苦にならないだろう。ステラウインドが人気になるようなら、マーティンボロから買いたくなる。

 小倉2歳Sは芝の1200メートル戦だけに、指数の高さと能力は比較的結びつきやすい。今年はゼンノイザナギ、レオパルディナ、クールホタルビ、タガノヴェルリー、クリノヤクマン、ダンツメガヒットなどが指数の上位馬だ。
 新馬、オープンと連勝しているのはレオパルディナだけ。前走は先行して直線抜け出す安定したレースぶりで、指数も高く、確かに連軸向きといえそう。そのレオパルディナを逆転できそうなのはゼンノイザナギだ。3戦目でやっと勝ち上がったが、前走の指数、上がりの脚の鋭さは見所十分だった。レオパルディナとの激しい叩き合いになっても、追い負けしないであろう差し脚は魅力的だ。

(小倉2歳S)1着    2着    3着
04年    -     -     AZa
05年    C b   AY      c
06年     Xb   A     D c
07年    BZd   D b   A c
08年    -     -     BXa
09年    BZd   -     DXc
10年     Xb   A a   -
11年    -     A a   -
12年    -     -       c
13年    A a   D d   -
(スローペース調整-20/-10)

 札幌2歳Sは芝の1800メートル戦。
 今年の指数上位馬は、ミッキーユニバース、キッズライトオン、アルマワイオリ、マイネルサクセサー、シゲルケンカヤマなど。
 逃げるのがミッキーユニバースなら、スローペースはないだろう。マイペースで逃げれば押し切ってしまう力もあるはず。相手も先行力のあるマイネルサクセサー、アルマワイオリなどだろう。しかし、他の馬にハナを譲ってしまうとペースは上がらない。スローペース必至で差し脚比べになるだろう。とするとスローペースで長く良い脚を使えるレッツゴードンキ、ミュゼエイリアン、ブライトエンブレムなどの台頭があるかもしれない。

(札幌2歳S)1着    2着    3着
04年    A d   -     -
05年    B a    X    AYb
06年    AYc   -     B a
07年    D     -      Xa
08年    -     BXa   A
09年    AYa   -     -
10年    BX    C     A a
11年    A a    Z    -
12年    -     B     -
13年(函館)-     AX    -
(スローペース調整は-20/-10)

|

« 第1010回自分の原点 | トップページ | 第1012回波乱は2歳戦だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60259903

この記事へのトラックバック一覧です: 第1011回波乱のハンデ戦:

« 第1010回自分の原点 | トップページ | 第1012回波乱は2歳戦だった »