« 第1015回3歳3冠最終戦を目指す | トップページ | 第1017回ダービー馬の登場 »

2014年9月23日 (火)

第1016回力通りの完勝

201409210411
201409210911

 新潟で行われた菊花賞トライアル・セントライト記念は、皐月賞馬でダービー2着のイスラボニータが力通りに完勝した。イスラボニータは好スタートから6番手で先行。直線なかば、2番手から先に抜けだしたトゥザワールドをあっさりととらえると、1馬身以上の差をつけてのゴール。まさに完勝だった。2着はトゥザワールド、3着には中段から差し脚を伸ばしたタガノグランパが上がってきた。

 1、2、10番人気順の入線で、3連単は4490円という堅い決着だったが、あらためてイスラボニータのクレバーな強さが印象に残ったレースだった。

 3歳牝馬のローズSも、オークス馬ヌーヴォレコルトが4番手から直線、長く良い脚を使って完勝した。このレースの1番人気は桜花賞で2着のあとダービーに挑戦したレッドリヴェールで、ヌーヴォレコルトは2番人気だったが、岩田騎手はオークス馬ヌーヴォレコルトを信じて駆け引きなし。先行差しに構える横綱相撲での勝利だった。

 ただ、前走、未勝利戦を勝ったばかりの15番人気馬タガノエトワールが内から伸びてきて2着を確保。3着は逃げ粘った9番人気のリラヴァティ。2、3着は人気薄の台頭で3連単は75万円を超す高配当になった。

 セントライト記念の馬券は、結果的にトリガミ。ローズSの2着馬タガノエトワールは指数上も大きな差がなく、馬券の相性が良い小牧騎手が乗っていたから、最後まで迷っていたが、結局、手が広がるのが嫌で切ってしまった。もったいないことをした。
 セントライト記念もローズSも、G1タイトルホルダーの人気馬が強い勝ち方で順調さを示した。今週はダービー馬ワンアンドオンリーが神戸新聞杯に出走する予定だが、ダービー馬の底力を見せられるだろうか。
 凱旋門賞も気になるし、秋競馬はこれからが面白い。

スタッフ募集のお知らせ

ライトニックス(株)では、スピード指数や競馬ソフトのサポート、ホームページの更新作業、パソコンでの商品作成などを担当するスタッフを募集しています。多少、ITの知識を必要としますが、ご希望の方はメール、もしくは文書で下記宛てに履歴書をお送りください。社保完、男女問わず。正社員だけでなく、パート、アルバイトでも応募を受け付けています。

メールアドレス k-nishida@rightniks.ne.jp

履歴書の宛先 
〒169-0075 新宿区高田馬場1-29-7 スカイパレス405
ライトニックス株式会社 採用係

|

« 第1015回3歳3冠最終戦を目指す | トップページ | 第1017回ダービー馬の登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60362627

この記事へのトラックバック一覧です: 第1016回力通りの完勝:

« 第1015回3歳3冠最終戦を目指す | トップページ | 第1017回ダービー馬の登場 »