« 第1025回トーホウジャッカルがレコード勝ち | トップページ | 第1027回切れたスピルバーグ »

2014年10月30日 (木)

第1026回波乱もありそうな天皇賞

 秋の天皇賞は、前走指数の上位馬や平均指数の上位馬が活躍している。過去10年、ランク外の馬も2頭が勝っているが、ともに前走、重賞での1、2着馬だ。ここは素直に指数上位馬を中心に考えるのがセオリーだろう。

(天皇賞・秋)1着        2着        3着
04年     Zd   -     -
05年    B     DXa   -
06年    A d   -     -
07年    AXa   -     -
08年    B b   C     -
09年    C     CZ    C
10年    BYb   -     C
11年    -      Zb   -
12年      d   B     A c
13年    -     B      Zb

 今年の前走指数上位馬は、フェノーメノ、イスラボニータ、ラブイズブーシェ、スピルバーグ、ディサイファなど。他に、過去の指数や平均指数で、エピファネイア、ジェンティルドンナ、ダークシャドウ、サトノノブレスなどが上位にあがってくる。
 例年、前走、毎日王冠や宝塚記念を使った馬たちが好成績をあげているが、今年は毎日王冠の1、2着馬が不在。また、宝塚記念組もヒットザターゲットの4着が最上位で、出走メンバーは全体的に少し小粒な印象がする。
 既存の勢力が小粒なら、狙いは成長過程の馬たち。もっとも成長を感じさせるのは、皐月賞を勝ってダービーでも2着だった3歳馬イスラボニータだ。前走のセントライト記念も圧勝して、ここまでの成績は(6200)。負けたのは桜花賞馬ハープスターとダービー馬ワンアンドオンリーだけだ。先行して差し切るレースが得意だが、先行馬ながら鋭い瞬発力があり、極端なハイペースでなければ持ちこたえられるだろう。3歳馬は天皇賞で2キロ減の56キロで乗れる。切れる脚を使う同馬にとって大きなアドバンテージになるのではないか。距離も2000メートル前後に適性があるだろう。
 他では春の天皇賞を勝ったフェノーメノ、菊花賞馬エピファネイア、昨年のジャパンカップ馬ジェンティルドンナなどが有力馬として上がってくる。3頭のなかで距離が合うのはジェンティルドンナだが、ともに休み明けの一戦だけに、仕上がり具合は気になるところだ。それなら札幌記念4着のラブイズブーシュや、京都大賞典4着のヒットザターゲット、新潟記念を勝ったマーティンボロなどの順調さを上位に評価した方が良いかもしれない。また、指数上位の毎日王冠組も小粒とはいえ力はあるはずで、今年は波乱もある天皇賞だろう。

 京都のスワンSは、過去10年で1番人気馬は1勝のみ。2着、3着も各1回あるだけで、波乱になりやすいレースだ。
 今年の指数上位馬は、アフォード、フィエロ、ベルカント、ウイングザムーン、サダムパテック、タガノブルグ、サクラアドニス、サンライズメジャーなど。
 NHKマイルCを逃げ切って勝った3歳馬ミッキーアイルが、ここでも逃げる形になるだろう。前走、古馬との初対戦になった安田記念も果敢に逃げたが、直線の坂下で脚が止まってしまった。不良馬場が応えたのかもしれないが、いきなり古馬相手のG1では荷が重かったのだろう。ここは負担重量も57キロと重く、気楽に逃げるのは難しいかもしれない。
 ハイペースで前が止まるなら、直線一気に浮上するのは、後方から切れる脚が使える馬たちだ。差し脚上位のウイングザムーン、サンライズメジャー、サダムパテック、オリービン、アフォード、フィエロなどが連軸の有力候補だが、例年、安田記念組が好走しており、サダムパテック、フィエロが中心になるのだろうか。

(スワンS) 1着    2着    3着
03年    -     A b   -
04年    -     -     -
05年    -     A d   D 
06年    -      Xb   D
07年    -       c   -
08年    BY    A d   -
09年      b   -      Zd
10年     X      c   -
11年      d    Y    -
12年    DXa   -     -
13年    -     B      Zb

 今年で3年目のアルテミスSは2歳牝馬の重賞。
 ペースは逃げるスマートプラネットが作ることになるはずだが、どの馬が逃げたとしてもスローペースは必至で、直線、長く良い脚を使える馬たちのレースだろう。
 ここはシングウィズジョイ、ココロノアイ、テンダリーヴォイス、ハナモモ、ステラスターライト、レッツゴードンキなどの差し脚に注目したい。

(アルテミスS)
       1着    2着    3着
12年    -     -     -
13年    BZb   -     B

|

« 第1025回トーホウジャッカルがレコード勝ち | トップページ | 第1027回切れたスピルバーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60568494

この記事へのトラックバック一覧です: 第1026回波乱もありそうな天皇賞:

« 第1025回トーホウジャッカルがレコード勝ち | トップページ | 第1027回切れたスピルバーグ »