« 第1022回不動の中心馬 | トップページ | 第1024回ワンアンドオンリーを信じる »

2014年10月21日 (火)

第1023回3歳牝馬は高レベル

201410190811
201410180511

 今年の秋華賞は思いの外ペースが速くなった。逃げたのはペイシャフェリスだったが、ペイシャフェリスを追って先行した馬たちは、直線、ことごとく脚が止まって、早々と馬群に沈んだ。浮上してきたのは中段より後ろにいた上がりの脚に自信のある馬たち。中段の先頭に構えていたショウナンパンドラが4コーナーで果敢に内をつき、直線なかばで先頭に立つ。すかさず、馬場の中央からタガノエトワールが迫って、さらにその外に回したヌーヴォレコルトが前の2頭を必死に追う。3頭の叩き合いはゴール前まで続いたが、最内から伸びたショウナンパンドラが圧倒的1番人気のヌーヴォレコルトをクビ差抑えて、栄冠を手にした。ヌーヴォレコルトから1馬身遅れたタガノエトワールが3着。ナビグラフで見ても、上がり指数の高い馬たちが上位を占めたレースだった。

 3、1、4番人気の決着で、3連単は1万2790円。配当は堅かった。

 秋華賞は1996年に新設されたが、3歳牝馬の2000メートル戦だけに、例年、スローペースになりがちで、指数上は良くても80台の後半の決着が多かった。それが今年は、前半からペースが速かったこともあって、1、2着馬のスピード指数は90という高レベルで、初めて90台の指数になった。
 ハープスターを含めて、今年の3歳牝馬のレベルは明らかに高いようだ。

 古馬の牝馬重賞、府中牝馬Sは、後方から長く良い脚を使った4番人気のディアデラマドレがスマートレイアーとの叩き合いを制した。やっぱり、ディアデラマドレは軽い馬場が得意のようで、スピードが問われる東京や京都の芝は合う。マイルCSかエリザベス女王杯か、次走は未定ながら、この秋、注目できる牝馬だろう。
 2着に1番人気のスマートレイアー、3着に2番人気のホエールキャプチャ。3連単は1万2400円。順当な結果だった。

 昨日、来年の開催スケジュールが発表されたが、新年の金杯は1月4日の開催。例年より1日早くなっただけだが、この1日が意外ときつい。今年の有馬が28日。翌日、馬場指数を計算して、年末の仕事終わりは早くて30日だろう。休む間もなく、3日には出社して原稿を書いてと、すぐそこに慌ただしい年末、新年が待ち構えている。

スタッフ募集のお知らせ

ライトニックス(株)では、スピード指数や競馬ソフトのサポート、ホームページの更新作業、パソコンでの商品作成などを担当するスタッフを募集しています。多少、ITの知識を必要としますが、ご希望の方はメール、もしくは文書で下記宛てに履歴書をお送りください。社保完、男女問わず。正社員だけでなく、パート、アルバイトでも応募を受け付けています。

|

« 第1022回不動の中心馬 | トップページ | 第1024回ワンアンドオンリーを信じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60522228

この記事へのトラックバック一覧です: 第1023回3歳牝馬は高レベル:

« 第1022回不動の中心馬 | トップページ | 第1024回ワンアンドオンリーを信じる »