« 第1027回切れたスピルバーグ | トップページ | 第1029回荒れた2歳重賞 »

2014年11月 6日 (木)

第1028回難解なハンデ戦

 秋競馬真っ盛り。今週はジャンプ重賞を除いても、重賞が4レース組まれて、賑やかな週だ。
 東京のアルゼンチン共和国杯はハンデ戦らしくというか、指数上のランク馬たちが苦戦する傾向がみえる。1番人気馬は過去10年で2勝、2着1回。2番人気馬は3勝、2着3回と、2番人気のほうが成績がよい。トップハンデ馬は2勝、2着3回。

(アルゼンチン共和国杯)
       1着    2着    3着
04年    C     -      Yb
05年    -     -       b
06年      d    Xa   A
07年    -      Xb   C
08年    -     -      Xc
09年    -     B     A
10年      a   C c   A
11年     Yd    Yb   -
12年    -     -     C
13年     Za    Yd     a

 今年の指数上位はアドマイヤケルソ、スーパームーン、ホッコーブレーヴ、デスペラード、クリールカイザー、フェイムゲーム、コスモロビン、セイクリッドバレーなど。
 トップハンデ馬は58キロのデスペラードだ。
 2500という距離を考えると、ホッコーブレーヴ、デスペラード、セイクリッドバレー、フェイムゲームなど、距離適性が高い馬たちに分がありそうだが、距離適性が生きるかどうかはペース次第だろう。しかしながら、逃げ馬不在の今年のメンバー構成では、ペースが上がって、距離適性が問われるような流れにはならないのではないか。スローペースの流れなら、距離が合わないと思われる馬でも、先行して差し脚を使えれば勝負になるだろう。
 先行力の点から考えると、デスペラード、ホッコーブレーヴ、フェイムゲーム、スーパームーン、ラブリーデイなどが有力馬として上がってくる。常識的には春の天皇賞や宝塚記念で好走しているホッコーブレーヴやフェイムゲームなどが連軸向きなのかもしれないが、人気やハンデを考えると素直に飛びつく気になれない。
 先行して差し脚を使える恵ハンデ馬としてなら55キロのスーパームーンが面白い存在だろう。東京の芝は(3522)だが、すべて5着までに入っており、コースの適性は高い。先行できれば、アドマイヤケルソの52キロのハンデも魅力的に映る。

 今年で5年目のダート重賞みやこS。これまでは、平均指数の上位馬が連軸の中心になっており、今年はニホンピロアワーズ、ナムラビクター、インカンテーション、クリノスターオー、ヴォーグトルネードなどが、平均指数上位の有力馬として浮上してくる。
 なかでも、順調にこの夏を使って、好成績をあげてきたクリノスターオー、ナムラビクター、インカンテーションなどが中心だろう。近走、ダート重賞戦線で2勝2着1回と、安定した成績が光るクリノスターオーの充実度に期待したい。

(みやこS) 1着    2着    3着
10年    CYb   -     -
11年    AXa   -     -
12年    AXa   BZb   -
13年    -       c   BXa
(地方競馬成績は減戦して集計)

 京王杯2歳Sは、オープンザウェイ、ニシノラッシュ、アポロノシンザン、マイネルグルマン、ロンバルディア、サフィロス、アクティブミノルなどが指数の上位馬たち。
 上がりの脚はオープンザウェイを筆頭に、ロンバルディア、ニシノフラッシュ、マイネルグルマン、ワキノヒビキなどが上位にあり、連軸の中心になりそう。

(京王杯2歳S)
       1着    2着    3着
04年    D     -     A b
05年    DYb   -     AXc
06年     Y      c     b
07年    -       d   -
08年    -     A a   CY
09年    BXa   C c   -
10年    D b   -     -
11年    CY     Xd   -
12年    -     -     -
13年    -     -     A a
(スローペースは-20/-10)

 このところ波乱の続く2歳牝馬のファンタジーSは、レオパルディナ、ウインソワレ、シゲルチャグチャグ、オールオブユー、ムーンエクスプレス、ペルフィカなどが指数の上位馬たち。2歳戦ながらペースは速くなりそうで、そのペースでも粘りきるスタミナも必要になりそう。ならば、先行して差し脚があるシゲルチャグチャグ、ウインソワレ、シンフォニアが有力だろう。

(ファンタジーS)
       1着    2着    3着
04年    D     -      Xa
05年    CYb   A a   BZ
06年    A a    Yb    Zc
07年    C     AXc   -
08年     Z    B c   A a
09年    -      Y    C
10年    A a   -     -
11年     Zd   -     DXc
12年     Xc   -     -
13年    B b    Z    -
(スローペース調整値-20/-10)

|

« 第1027回切れたスピルバーグ | トップページ | 第1029回荒れた2歳重賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60608454

この記事へのトラックバック一覧です: 第1028回難解なハンデ戦:

« 第1027回切れたスピルバーグ | トップページ | 第1029回荒れた2歳重賞 »