« 第1037回先行馬有利 | トップページ | 第1039回新ヒロイン »

2014年12月11日 (木)

第1038回レッツゴードンキに注目

 阪神の馬場改修があった06年以降、2歳牝馬のG1阪神ジュベナイルFの勝ち馬や上位馬たちは、その後のクラシック戦線でも活躍することが多く、今後を見据える上で、阪神ジュベナイルFは重要なレースに位置づけされる。指数上は前走指数の上位馬が毎年連対しているが、ランク上位馬同士で決着するわけではなく、スローペースで楽勝してきたランク外の馬たちや、上がり指数の高い馬たちにも注意が必要なレースだ。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
06年    -     AX    BYa
07年    BZa   -     CY
08年    D       b   -
09年    -     A b   D b
10年    A a   -     DYd
11年    -     B     -
12年    B a   -     -
13年      d   C     B
(スローペース調整は-20/-10)

 今年はムーンエクスプレス、オーミアリス、クールホタルビ、ココロノアイ、ショウナンアデラ、ダノングラシアス、レッツゴードンキなどが前走指数の上位馬で、過去の指数からはスマートプラネット、トーセンラーク、レオパルディナも上がってくる。

 阪神外回りのマイル戦で、スローペースは必至。上がりの脚比べのレースになりがちだが、1200や1400メートルなどの短距離戦で成績を上げてきた馬たちより、1600以上の距離で、長く良い脚を使ってきた馬たちの方が結果を残しており、余裕のある差し脚だったかどうかが問われる。

 マイル以上の距離での鋭い差し脚なら、レッツゴードンキ、ココロノアイ、トーセンラークなど、前走、アルテミスS組が上位だ。とくにレッツゴードンキとココロノアイの上がりの脚は上々で、連軸の中心になり得る有力馬だろう。アルテミスSでは大外から先に抜けだしたココロノアイが勝利を手にしたが、馬群を割ってココロノアイにハナ差まで迫ったレッツゴードンキの瞬発力が魅力的に思える。1800メートルの札幌2歳Sは惜しい3着だったが、比較的力のいる馬場も苦にしないようで、ここはレッツゴードンキの底力に期待したい。

 08年から始まった中山のダート重賞カペラSは、1番人気馬が1度も勝てず、2着が1回あるだけ。指数上は前走指数の上位馬が毎年連対しているが、中波乱になりやすいレースだ。

 今年はサトノプリンシパル、サウンドガガ、ダッシャーワン、アドマイヤサガス、ノーザンリバー、タールタン、タイセイファントムなどが指数の上位馬。指数上位馬で重賞での実績が高いのは昨年の勝ち馬ノーザンリバー。根岸S2着、フェブラリーSも4着、大井の東京盃1着などがあるが、ただ1頭58キロを背負うのは少し苦しいかもしれない。

 カペラSはダート1200戦だが、意外にも前走1200メートル戦を使ってきた馬は1勝もしていない。中心は指数上位の前走1400メートル組で、サトノプリンシパル、アドマイヤサガス、タイセイファントムなどが連軸の有力候補といえそうだ。

 前走、2番手から直線で抜け出すと、後続馬を大きく突き離して勝ったサトノプリンシパルを中心に取りたい。

(カペラS) 1着    2着    3着
08年    D c   -     -
09年     Zd   D d   -
10年    A a   -     B b
11年    -     B     -
12年     Za   B c   -
13年    D d   D d   D
(公営競馬成績は減戦処理しています)

 チャレンジカップは1昨年から1800メートルのハンデ戦に衣替えして、開催時期も冬に移り、今年で3年目になる。

 注目はデビューから5連勝中の3歳馬エイシンヒカリだろう。前走、掛かり気味に大逃げを打ち、直線では外ラチまで逃避するような大暴れのレースだったが、それでも勝ってしまったのには驚かされた。3歳馬で56キロのハンデは少し見込まれたが、スムースに対応してきた右周りのコースなら圧勝もあるかもしれない。ただ、6連勝はなかなかできない芸当で、ハンデを考えても素直には買いにくい馬なのではないか。

 ハンデ戦になってまだ2年の実績しかないが、トップハンデ馬は2年とも馬券になっていない。恵ハンデ馬で先行力があって、直線も脚が使えるのはバッドボーイ、トーセンスターダムだろう。エイシンヒカリのペース次第だが、積極的に先行するレースができるのであれば、きさらぎ賞を勝った3歳馬トーセンスターダムに期待したいところ。

(チャレンジカップ)
       1着    2着    3着
12年    -     C     -
13年    -     C     -

(お知らせ)12月1日より、新「基準タイム2015年版」(改訂29版)の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントも用意しています。お申し込みはこちらから。お早めにお申し込みください。

|

« 第1037回先行馬有利 | トップページ | 第1039回新ヒロイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60794755

この記事へのトラックバック一覧です: 第1038回レッツゴードンキに注目:

« 第1037回先行馬有利 | トップページ | 第1039回新ヒロイン »