« 第1040回差し脚上位のクラリティスカイ | トップページ | 第1042回エピファネイア中心 »

2014年12月23日 (火)

第1041回馬場状態とペース

201412210911
201412200711

 抽選馬ながら1番人気に推された蛯名騎手騎乗のダノンプラチナ(Da)が、3連勝で朝日杯フューチュリティSを制した。道中は中段の後方でじっと脚をため、直線は馬場状態の良い大外に持ち出すと、一気に脚を伸ばしての快勝劇だった。3番人気のクラリティスカイ(CY)も中段から脚を使って早め先頭に立ったが、直線伸びてきたダノンプラチナに並ぶ間もなく差し切られ、ゴール前では内をついて伸びたアルマワイオリにも交わされて3着に終わった。2着に14番人気の人気薄アルマワイオリが上がり、3連単は13万円を超す高配当。蛯名騎手とディープインパクト産駒は、先週の阪神ジュベナイルFのショウナンアデラに続いて2週連続G1の勝利を手にした。

 土曜日の冷たい雨が不良にまで馬場を悪化させ、翌日の朝日杯の馬場状態も気になったが、晴れ上がった日曜日の午後には稍重まで回復した。馬場状態を考えれば、逃げたアクティブミノルのペースは少し速かったようで、上位を占めたのは中段以降に位置していた馬たちが多かった。全体のスピード指数もそれほど高くなく、上位馬といえ、このレースに限れば、展開に恵まれた部分があったのかもしれない。

 愛知杯は牝馬限定のハンデ戦で、過去2年は波乱続きだったが、今年はトップハンデの1、2番人気馬が、1、2着に上がって、人気の上ではほぼ順当な結果になった。

 直線の急坂を上がると、横一線の馬群から真っ先に抜けだしたのが1番人気ディアデラマドレ(Zc)だった。トップハンデをものともせず、そのまま1馬身の差をつけてのゴール。2着は2番人気のキャトルフィーユ(Xa)。3着は大外から伸びた10番人気のスイートサルサ(Bc)だった。3連単は4万420円。

 もともとスローペース必至のメンバー構成のうえ、中京の芝コースは内側が荒れ気味で馬場状態も重馬場。個人的には、トップハンデ馬が後方からの追い込みを決められるレースとは想像できなかった。スローぺース気味の流れとはいえ、馬場が重かった分、結果的にスタミナや底力が問われる厳しさを伴ったレースになったのかもしれない。

 今年も残り少なくなった。28日の有馬記念には豪華なメンバーが集まることになり、きっと盛り上がるだろう。

 残り1週。心置きなく競馬を楽しみたいですね。頑張りましょう。

(お知らせ)12月1日より、新「基準タイム2015年版」(改訂29版)の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントも用意しています。お申し込みはこちらから。お早めにお申し込みください。

|

« 第1040回差し脚上位のクラリティスカイ | トップページ | 第1042回エピファネイア中心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60854127

この記事へのトラックバック一覧です: 第1041回馬場状態とペース:

« 第1040回差し脚上位のクラリティスカイ | トップページ | 第1042回エピファネイア中心 »