« 第1039回新ヒロイン | トップページ | 第1041回馬場状態とペース »

2014年12月18日 (木)

第1040回差し脚上位のクラリティスカイ

 今年から朝日杯フューチュリティSは阪神競馬場で開催されることになった。これまで行われてきた中山1600メートルがトリッキーなコース形態のため、内枠と外枠に有利不利があると指摘されてきたが、その問題を解消することにもなるだろう。中山で行われてきた過去の連対馬の傾向は役に立たないと思うが、参考までにあげておいた。

(朝日杯)  1着    2着    3着
04年(中山)-     AX     Za
05年(中山)AXa    Yc   -
06年(中山)-      Xb   D a
07年(中山)  b   -     -
08年(中山)  d    Za   -
09年(中山)-     AYa     b
10年(中山)D     -     AYb
11年(中山)-      Xa   C
12年(中山)-     AXa   -
13年(中山)-     -     B
(スローペース調整-20/-10)

 今年はペイシャオブロー、セカンドテーブル、クラリティスカイ、ダノンプラチナ、ナヴィオン、タガノエスプレッソ、アクティブミノルなどが指数の上位馬たちだ。

 阪神の外回りを使うマイル戦だけに、差し脚は必須条件になるだろう。

 差し脚で上位はジャストドゥイング、ナヴィオン、ネオルミエール、ワキノヒビキ、タガノエスプレッソ、クラリティスカイ、セカンドテーブルなどだ。

 スローペースになりやすい外回りのマイル戦とはいえ、このメンバー構成なら極端なスローペースはない。ある程度のペースの対応力、スタミナが求められるだろう。とすると、前走いちょうSを快勝してきたクラリティスカイ、同2着のネオルミエール、京王杯2歳Sを勝ったセカンドテーブルなどが連軸の有力馬に上がってきそうだ。ここは距離適性が高く、鋭い差し脚が魅力のクラリティスカイを中心に取りたい。

 中京の愛知杯は難解な牝馬限定のハンデ戦。昨年は3連単で471万を超す高配当、その前の年も21万超と波乱続きだ。指数上位馬も苦戦が続く。

 トップハンデは56キロのキャトルフィーユ、ディアデラマドレ、フーラブライド。前走、条件戦を使ってきた馬が多い中、重賞実績では上位にあるといえるが、指数上は抜けた力があるようには見えない。

 波乱だった過去2年は、前走1000万条件を勝ってきた軽ハンデ馬が勝利を手にしており、格より勢いの方がポイントになるだろう。前走、条件戦を勝っているのはスイートサルサ、サトノジュピター、アイスフォーリス、パワースポット、マイネオーラムなどだが、なかでも差し脚が鋭いのはパワースポット、マイネオーラム、スイートサルサ、アイスフォーリスなど。

 前走、後方から差し脚を伸ばし、ゴール前でケイティバローズに迫られながらも、よく持ちこたえたスイートサルサに期待したいが、若く、成長余力がありそうな3歳馬マイネオーラムからの手もあるかもしれない。

(愛知杯)  1着    2着    3着
12年    -     -       a
13年    -     -      Z

(お知らせ)12月1日より、新「基準タイム2015年版」(改訂29版)の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントも用意しています。お申し込みはこちらから。お早めにお申し込みください。

|

« 第1039回新ヒロイン | トップページ | 第1041回馬場状態とペース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60829510

この記事へのトラックバック一覧です: 第1040回差し脚上位のクラリティスカイ:

« 第1039回新ヒロイン | トップページ | 第1041回馬場状態とペース »