« 第1035回強かったエピファネイア | トップページ | 第1037回先行馬有利 »

2014年12月 4日 (木)

第1036回新ダート王を目指すコパノリッキー

 14年間開催されてきたジャパンCダートに代わって、今年から新たにチャンピオンズCが中京競馬場で行われることになった。距離は阪神開催時と同じダート1800メートル。一応、ジャパンCダートの過去10年のデータを掲載しておいたが、連対馬の傾向に変化がでてくるだろうか。

(JCD)  1着    2着    3着
04年東京  BZb   DXa   A
05年東京  A     C a    Y
06年東京  -     AXa   -
07年東京   Z      b   AZa
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
08年阪神   Z    C     AX
09年阪神  B c   C     -
10年阪神  BYc   -      Yc
11年阪神  AZb   D d   AXa
12年阪神  B     -     -
13年阪神  -     BZd   A
(ランクは公営、海外のレースを減戦して集計)

 今年はコパノリッキー、ローマンレジェンド、ホッコータルマエ、ワイドバッハ、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、ベストウォーリア、インカンテーション、ナムラビクターなどが指数上位馬だ。
 中京のダート戦は先行馬が活躍する傾向が強い。指数上位馬で先行力があるのはコパノリッキー、ローマンレジェンド、ホッコータルマエ、ワンダーアキュートなどだ。
 なかでも最有力馬はコパノリッキーだろう。今年のフェブラリーSは16頭立ての16番人気だったが、2番手から押し切って勝った。フロックと見るむきもあったが、次走のかしわ記念でも4、5番手で先行して差し切り勝ち。続く帝王賞は圧倒的1番人気に推され、早々に先頭に立ったが、直線、ワンダーアキュートの差し脚に屈して2着。休み明けの前走、JBCでは鮮やかな逃げ切り勝ちを収めてきた。今年、ダートG1は4戦して3勝2着1回とほぼパーフェクトの成績で、今もっとも強いダート馬といえそう。先行して差し切るレースが常道で、先行馬有利の中京のダートコースなら展開も向くはずだし、左周りのコースも得意とくれば、開運グッズに頼らなくとも、勝利に最も近く、連軸の中心に推せるのではないか。
 コパノリチャードの相手は、先行力のあるホッコータルマエ、ワンダーアキュートを中心に、3連勝と勢いのあるインカンテーション、後方から一気の差し脚で逆転を狙うアメリカのインペラティヴなども怖い存在。他にクリソライト、サンビスタ、ローマンレジェンド、ナムラビクターなどにも要注意だ。

 中山芝3600メートルのステイヤーズSは、平均指数や前走指数の上位馬が中心になっている。今年はクリールカイザー、ファタモルガーナ、スノードン、デスペラードなどの前走指数が高く、他にホッコーブレーヴ、セイクリッドバレーなどの平均指数が高い。
 例年、前走アルゼンチン共和国杯組の成績が良い。必ずしも最先着馬が中心というわけではないが、アルゼンチン共和国杯組は過去10年で8勝をあげており、軸馬はそこから取るのがセオリーだ。今年は8頭が該当するが、そのアルゼンチン共和国杯で差し脚の良かったのはセイクリッドバレーとネオブラックダイヤ。距離が合うのはセイクリッドバレーの方だろう。
 先行力が生きる展開なら、クリールカイザーにもチャンスがありそう。他ではホッコーブレーヴ、スカイディグニティの巻き返しが気になるところ。

(ステイヤーズS)
       1着    2着    3着
04年     Xa    Zc   -
05年    BXa   CZc   A
06年    A b   BXc   C
07年      d   CYc   DZa
08年      d   A      Yb
09年    A     -       d
10年    D     BYc   AXa
11年     Ya   A     -
12年    D a   -     -
13年    BYa   -      Z

 2012年から12月の開催に変わった金鯱賞。
 今年の指数上位はエアソミュール、ラブリーデイ、レッドデイヴィス、オーシャンブルー、ウインバリアシオン、パッションダンス、サトノノブレス、ダークシャドウなど。
 近走、好調が続くのは、毎日王冠を勝ったエアソミュールと、京都大賞典を勝ったラストインパクトだろう。エアソミュールは今年になって5戦3勝と絶好調。前走の毎日王冠は直線、前が壁になったが、狭い馬群を割って鋭く伸びた。指数も安定して高く、スタミナも十分に感じさせるレースぶりで、力のいる中京コースも合うのではないか。
 また、鋭い差し脚が魅力のラストインパクトは距離短縮でさらに上がりの脚の鋭さが生かせそうだ。

(金鯱賞)  1着    2着    3着
12年    B a   -      Z
13年     Yd   C     AYb


(お知らせ)12月1日より、「新基準タイム29版」の販売を開始しました。今年も抽選で有馬記念グッズのプレゼントもあります。お申し込みはこちらから。

|

« 第1035回強かったエピファネイア | トップページ | 第1037回先行馬有利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/60759688

この記事へのトラックバック一覧です: 第1036回新ダート王を目指すコパノリッキー:

« 第1035回強かったエピファネイア | トップページ | 第1037回先行馬有利 »