« 第1050回ゴールドシップ大敗 | トップページ | 第1052回節分 »

2015年1月29日 (木)

第1051回軸馬は平均指数上位馬から

 今週から、雪に泣かされることも多い冬の東京開催。週末の雪予報が気に掛かる。
 G1フェブラリーSを目指す根岸Sがメイン。指数上は、過去10年のうち9年で連対している平均指数の上位馬が連軸の中心だろう。勝ち馬は指数の上位馬が占めているものの、2、3着馬はランク外の馬たちが多く、連下は要注意だ。

(根岸S)  1着    2着    3着
05年    A a   DZd   CZ
06年      c   C     B
07年    -     DXc   BZ
08年    AZa   D     C
09年    BYa   A b   D
10年    -     AYa   -
11年    BXa   -     -
12年      a   -     -
13年      d   -     -
14年    C     -     -
(地方競馬の成績は減戦して集計)

 今年の指数上位馬はエアハリファ、ワイドバッハ、ジョーメテオ、レーザーバレット、ポアゾンブラック、マルカフリート、グレープブランデー、キョウワダッフィーなど。
 根岸Sはダート1400メートル戦。ペースは厳しくなりがちだが、多少ペースが厳しくても、先行して押し切るスタミナがなければ重賞戦での勝機はない。ここは先行できて直線も粘る差し脚がある馬を中心に取りたい。
 有力馬は武蔵野Sの勝ち馬ワイドバッハ、同2着のエアハリファ、初ダートになるがG1を2勝しているロゴタイプ、先行力のあるグレープブランデー、レーザーバレット、ダート1400が得意なマルカフリートなど。
 なかでも、先行して差し脚もよいのはエアハリファだろう。前走、武蔵野Sを3、4番手で先行して、直線、大きく抜けだし勝利が見えたところ、最後方からワイドバッハに差し切られてしまったが、後続には大きな差をつけて2着。東京ダートは(2200)と適性も高い。1600や1800の距離で実績を積んできたが、ダート1400でも1戦1勝。鋭い瞬発力があり、むしろこの距離が合うのではないか。
 気になるのは初ダートのロゴタイプだが、1400の距離が合うかどうか。スタミナはありそうで、ダートは問題なくこなせるだろう。 

 京都のシルクロードSはハンデ戦。
 ハンデ戦の割には指数の上位馬がよく健闘しており、10年のうち9年で連対する平均指数の上位馬や、前走指数の上位馬たちが連軸の中心だろう。
 今年はメイショウツガル、セイコーライコウ、プリンセスメモリー、ワキノブレイブ、カオスモス、へニーハウンド、ベステゲシェンクなどが指数の上位馬たちだ。
 先行して差し切る力があるのは、トップハンデ58キロのマジンプロスパーと、57キロのセイコーライコウ。ともに8歳になったが、まだ健在。とはいえ、高齢馬は連対もなく、軸にはとりにくいだろう。
 1200の瞬発力が鋭い馬たちが揃って、へニーハウンド、ルナフォンターナ、スギノエンデバー、メイショウツガルなどにもチャンスはありそう。ただスタミナの点では少し物足りない気がする。
 スタミナがあり、瞬発力もあるのは、カオスモス、ベステゲシェンク、バクシンテイオー、サドンストームなど。ともに5、6歳馬で馬齢も若く、連軸にとるならこの馬たちからだろう。ここは指数上位のカオスモスに期待。

(シルクロードS)
       1着    2着    3着
05年      b    Y    A
06年    -     D c    Xb
07年    AZd    Ya   B
08年    C d   -       c
09年    -     -     A c
10年     Yd   DZb   A
11年    DXa   -     B
12年    -     AXc   -
13年    B a    Xb   D
14年    BYd   A c   -

|

« 第1050回ゴールドシップ大敗 | トップページ | 第1052回節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/61054320

この記事へのトラックバック一覧です: 第1051回軸馬は平均指数上位馬から:

« 第1050回ゴールドシップ大敗 | トップページ | 第1052回節分 »